ホーム>概況>経済>交通 T   T   T
交通
2015/07/17     出所:
交通

  吉林省の交通は省都の長春市を中心にし、道路、鉄道を通じて省内の各主要な都市及び全国内陸の各大中型都市に接続し、四方八方に通じていて、便利且つ近代的立体交通網を構成した。

道路 

  吉林省の道路の総延長は9.42km。内に等級道路の総延長は8.67km、道路の総延長の92%を占め、高速道路の総延長は2326km8州の間に高速道路を開通し、40市内の25市の間に高速道路を開通した。

鉄道 

  吉林省の鉄道は長春を中心にし、長春~大連、長春~ハルビン、長春~図們、長春~白山などが主要な幹線として四方八方に通じていてる。2013年末時点で、鉄道営業キロ総延長4222kmになった。

  長春~吉林城際鉄道は東北における第1本目の高速鉄道とし、20101230日に本格的運行開始し、総延長96km、総投資86億元。長吉城際鉄道の開通に伴い、吉林省の高速鉄道ゼロの歴史に終止符を付け、高速鉄道の建設が新たな時代に入りつつあることを示す。

  哈大高(哈尔滨至大——世界上第一条投入运的高寒地区高速路于2012121日正式开通 。哈大高是中国「四四横」快速路网京哈高的重要成部分,纵贯辽宁、吉林、黑3省,全线设23站,实现北同城」。   

  哈大高鉄(ハルビン~大連)は、世界初の厳寒地域に運行する高速鉄道とし、2012121日に本格的開通した。一方、中国が掲げていた「四縦四横(時速300キロ以上の高速鉄道を縦4 本、横4本造る)」の高速鉄道網の重要な構成部分でもあり、遼寧、吉林、黒龍江3省を跨って沿線に23駅を設け、「東北同城」の構造を実現した。

民用航空 

  吉林省の民用航空では、長春竜嘉国際空港を中心にし、吉林、延吉、長白山空港を基幹にし、周辺の国家・地域の航空網と繋がる。出航都市数30都市余り、国際国内地区の運航路線数40線以上。長春竜嘉国際空港の第二期工事が着工し、20088月に中国初の森林旅行空港の長白山空港が本格的運行開始した。20146月、吉林通化空港は正式に使用し始め、「主要空港1ヵ所、補助空港多箇所」との空港構造を形成された。

  2013年、民用航空集団の航空機発着回数6.95万回、航空旅客数816.4万人。20147月、「中国長春―延吉―琿春―ロシアウラジオストック」の国際線は運航再開した。  

  2015717日に更新)

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド