概況
地理ちぼう
生態環境
資源
民族
歴史
経済
社会
観光
市州概況
友好都市
ホーム>概況>歴史
  大昔から、吉林省この土地で人類が繁殖・生存していた。約51万年前に誕生した「楡樹人」、 「安図人」、「青山頭人」は、吉林省の古人類文明を形成した重要な象徴である。

  早期に吉林省内で生存している人類は長期に亘って相互の接触に伴い、次第に粛慎、貊、東胡三大部落系統を形成された。舜、禹の時代以来、吉林領土の古代民族は中原王朝に貢ぎ物を捧げるという隷属ぎ関係を構築され、歴史の発展に伴い、中華民族の重要な構成部分となった。

歴史沿革

  吉林省の地域形成まで悠久の歴史の変遷を経た。秦国時代から、吉林省は歴代の中央政権より行政管轄区域の所轄範囲に組み込まれた。漢代に郡県を設け、唐代の渤海、それ以降も遼・金・元代にも府・州・県を設置し、明代に都司、衛所を設立した。1653年「順治10年」に清政府は寧古塔昂邦章京を設置し、1662年「康熙1年」に寧古塔将軍と改称された。1673年「康熙12年」に吉林城を建設され、歴史に「吉林烏拉」「満州語の音訳沿江の意味」と呼ばれ、これは吉林名称の由来だ。西暦紀元1676年、ニングダ将軍は吉林城に移住した。1757年、ニングダ将軍は吉林将軍と改称し、それ以後、「吉林」は城邑から行政区の名称に拡大した。1907年「光緒33年」に正式に制度を確立し吉林行省と呼ばれた。

  清代前期、吉林行省が経済の閉鎖により発展が遅れた。清代中後期に経済が閉鎖の解禁に伴って発展し始めた。二十世紀始め頃、東北はロシア、日本帝国主義の殖民拡張の支配地として戦争を始めたが、「五四」運動及び「五卅」運動の推進に従い、反帝愛国の抗日運動が盛んだ。この時、民族工商業はある程度に発展され、近代的規模を備えた都市は続々と誕生した。1931年の満州事変の後、吉林省は日本の植民地として支配された。

偽満州国

  1931年に日本帝国陸軍は柳条湖事件に端を発した満州事変が勃発し、満洲全土が占領された。19323月に満洲国の建国に至った。執政には清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀が就き、元号は大同、首都は長春と選ばれ、新京と改名された。1934年に「満州国」を「満州帝国」、「執政」を「皇帝」、元号「大同」を「康德」に改称された。1945815、日本は無条件投降を宣言、818、溥儀は通化で退位を宣言し、偽満州国の消滅を告げた。  

光栄な革命伝統

  勇敢、粘り強い吉林省の人民は帝国主義封建的闘争を反対する光栄な伝統がある。ロシア、日本など植民主義、帝国主義の野蛮な侵略に立ち向かって、正義を貫き強暴な敵を恐れず平和を守った。これは十分に中華民族の権力に屈しない闘争精神を体現した。特に日本帝国主義の侵略を抵抗反撃する闘争で、吉林省人民は勇敢に敵を殺し、日本軍を抵抗した。吉林省が敵に占領された初期、王徳林氏、唐聚伍氏、王鳳閣氏など日本軍抵抗義勇軍の奮起から、楊靖宇氏、魏拯民氏、王徳泰氏をリーダーとする東北日本軍対抗一路軍の血みどろになって奮戦まで、吉林省の人民は鮮血と生命で気宇壮大な愛国主義のベージを創った

吉林省の解放

  東北解放戦争の時期、中国共産党が指導者とする東北民主聯軍(後期に東北人民解放軍を称した)は、吉林省大地で国内外を驚かせる「四戦四平」、「四保臨江」、「三下江南」など戦役を発動し、東北の戦争局面を転換する重要な戦役になった。1948年、遼沈戦役は始まり、東北人民解放軍兵は長春を囲んで、強大な政治攻勢と軍事圧力の下、国民党防衛の長春部隊は解放軍に投降した。その結果、吉林省は全面的解放を獲得された。

行政区

  中華人民共和国の建国初期、吉林省には2の市、2の専区、1の旗、22の県及び1の工業特区を管轄していた。1954年、東北行政区の調整に伴い、黒竜江省の7つの県を吉林省に合併し、乾安県と共に白城専区を設立。;遼東省の1の市と9の県を吉林省に合併し、通化専区を設立。遼東省の遼源市、西安県、東豊県、遼西省の四平市、双遼県、梨樹県を吉林省の管轄範囲に組み込まれた。同年、吉林省人民政府を吉林市から長春市に移設した。1969年、内モンゴル自治区の哲里木盟和呼倫贝尔盟の1県と1旗を吉林省に合弁し、1979年に内モンゴル自治区に返還した。現在にも以上の行政区の構成となっている。

    (2015715日更新)

jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド