社会
科学技術
教育
文化
ラジオ?テレビ放送
新聞出版
衛生
スポーツ
ホーム>概況>社会>科学技術
  吉林省は科学技術の面で強い実力ある。中国が建国以来、中国初の合成ゴム、中国初の顕微鏡、中国初の光学ガラス、中国初のザルビノレーザー発生装置、中国初の国産東風ブランドの自動車と紅旗乗用車、第1世代の鉄道客車と地下鉄電動客車、中国初の分離希土類元素、中国初の高識別率の核磁気波動スペクトルメーター、中国初のカラーレーザーテレビなどがすべて吉林省の科学研究機関により開発された。一方、自動車、軌道客車、光学、応用化学、固体物理、電子情報技術、生物医薬技術、新型材料、科学計量器具、近代的農業、近代的漢方薬など開発領域で強い技術の競争力があり、一部の最先端な技術にも確立された。例えば、インシュリン、ダイズ雑種、混合動力の自動車、高速軌道客車、レーザー部品、エーテルケトン新材料など複数の重大な技術プロジェクトが大きな成果を上げられている。

  現在の吉林省は、中国科学院と中国工学院の院士(アカデミー会員)23人、国家の重点実験室12ヵ所、省部(吉林省科学技術省)の重点実験室3ヵ所、省レベルの重点実験室48ヵ所、省レベルの技術革新センター(プロジェクト技術研究センターを含む)117ヵ所を保有。そのほか、中国科学院長春光機物理所、長春応化所など国家の重点科学研究機関にも擁し、技術の総合レベルは全国ランキングで第16位を占める。

  2015721日に更新)

jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド