社会
科学技術
教育
文化
ラジオ?テレビ放送
新聞出版
衛生
スポーツ
ホーム>概況>社会>スポーツ
  吉林省のスポーツ事業は飛躍的な発展を遂げられ、冬季スポーツの優位は顕在化になっている。ここ数年、ショートトラック、フィギュアスケート、フリスキー、卓球、射撃、アーチェリー、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、自転車などを優位種目として良い成績を上げられた。主催側として吉林省は第6アジア冬季技大会、12回全国冬季スポーツ大会を開催した。

  吉林省のスポーツ運動はこの数年、大きな成績を収めた。例えば、2008年北京第29回オリンピックにて、吉林省の王皓選手は男子卓球団体チャンピオンを獲得し、吉林省に初のオリンピック金メダルを獲得した。2010年のバンクーバー第21回冬季オリンピックショートトラック女子1500メートルの決勝戦にて、吉林省の周海選手は中国初金メダルを獲得し、冬季オリンピックの歴史で中国最多金メダル2枚の歴史を更新した。2012年のロンドン第30回オリンピックにて、吉林省のスポーツ選手は金メダル1枚、銀メダル4枚、銅メダル2枚を獲得し、世界記録2回を更新した。これは国家の誇りとなっただけでなく、吉林省のスポーツ選手がオリンピック参加歴史の最高成績にも記録した。

  2014年のソチ22期冬季オリンピックにて、吉林省の李堅柔選手はショートトラック女子500メートルの金メダルを獲得し、今回の競技で中国初の金メダルとなった。韓天宇選手はショートトラック男子1500メートルの銀メダルを獲得し、中国にメダル1枚を増加した。又、吉林省の周洋名将はショートトラック女子1500メートルのチャンピオンを獲得し、トップ地位を独占した。

  2015721日に更新)

jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド