ホーム>概況>社会>文化 T   T   T
文化
2015/07/21     出所:
  吉林省の文化事業は繁栄発展を維持されている。長白山と黒い土文化を代表とする吉林省の地域文化は長い歴史があり、ローカルの特徴があり、濃厚な東北地域の風情に満ち溢れている。

  吉林省は有名な「中国二人転の故郷」、「中国民間文化芸術の故郷」、「中国近代民間絵画の故郷」、「中国馬頭琴の故郷」、「中国琵琶の故郷」、「中国松花硯の故郷」と「中国薩満文化の故郷」など称号を擁している。「吉劇振興プロジェクト」は全面的始動した。

  長春映画製作所は中国映画の揺りかごとして認められている。建国以来、長影は優秀且つ経典な映画作品を完成し続け、全国の映画会社と映画機関に多数の優秀な人材を育成し、各世代で数多くの有名な映画芸術家を育成した。例えば、『白毛女』、『董存瑞』、『英雄兒女』、『上甘嶺』、『党の女兒』、『氷山上の来客』、『五朶金花』、『人到中年』、『建国大典』など優秀な映画は今でも人気があり、その影響力が永遠に続くに違いない。

  ここ数年、長影は革新改革の加速に取り組み、映画産業の全面的発展振興を図った。現時点で、独自の特色ある映画産業系統と商業モードを確立された一方、映画創作を本業にし、映画観光、映画加工、映画貿易、映画マスコミなど多元化の産業構造にも構築された。尚、中国長春映画祭は中国映画作品の創作を繁栄させ、民族文化を発揚し、国内外の文化交流を促進する重要なプラットフォームとなった。

  全省は現在文化会館78個を持っ、芸術出演団体39個。公共図書館66個、博物館73個。

  吉林省の文化会館78ヵ所、芸術出演団体39社、公共図書館66ヵ所、博物館73ヵ所を擁し、テレビの普及率は98.71%に達した。

  新時期に入って以来、吉林省の文化産業は急成長を遂げられ、顕著な優位があり、実り多い成果を上げられ、全国でも有名になっている。「吉林歌舞」、「吉林映画・ドラマ」、吉林の「二人転」、「吉林アニメ」、「吉版図書」、「吉刊現象」など濃厚な地方の特色ある文化ブランドは全国に超人気となった。国家農村題材の映画創作基地基金は長影で設立し、文芸作品の創作は実り多い成果をあげられ、力作は続出し、数多くの優秀な作品は国家「5つの1」プロジェクト賞を獲得した。吉林省初の民間文化企業として、東北風「二人転」芸術団は文化部に「国家文化産業モデル基地」と命名された。国有文芸院団など段階的改革任務は全面的達成し、文化産業集団の規模が拡大した。吉視傳媒は成功に上場した。この数年、文化産業の売上総利益の伸び率は20%程度を維持され、吉林省GDPの伸び率より上回った。文化産業はかつてない生命力と活力を激発され、新たな経済成長ポイントになりつつある。

「二人転」

  「二人転」(アーレンジュアン)は「蹦蹦」或いは「棒子劇」と俗称する。東北大秧歌と河北の蓮花落から発展した戯曲形式の一つで、吉林省で200年余りの歴史を有する。その曲調は種類が多様で豊かでよく9種の曲と18種の調に総括されて、人気の高い劇曲として注目を浴びている。民間には「1回のご飯を食べなくでも二人転を観賞する」という言い方があり、演出形式は「「単出頭」(一人がいくつかのキャラクターを演じる)、「二人転」(二人の男女が舞台の上でユーモラスな会話と仕草をする)、「拉場戯」(小旦と小丑を主体にする東北民間の小戯)などがある。この数年、吉林省の「二人転」は東北の民間言語を活用し、強烈、質素、面白いなど言語の特徴および特有の比喩方式及び魅力に溢れる喜劇の風格を形成した。

  ここ数年、長春平和大劇院、東北風劇場、劉老根大舞台劇院を主体とする民間芸術の組織により、数多くの「二人転」芸人を育成され、有名な曲目にも創作した。毎晩に公演する「二人転」は毎回に満員し、全国の超人気劇曲となった。

  2015721日に更新)

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド