ホーム>概況>市州概況 T   T   T
吉林市
2011-05-24 13:22:00     出所:

  1. 都市の概況

  吉林市は全国の唯一の省市が同名の都市として、中国優秀な旅行都市、国際歴史文化都市、国際庭園都市、中国魅力都市の称号を賦与された。2005年、『フォーブス』という世界有名な財政経済雑誌より、中国内陸における投資・工場設立の最適都市として選出された。2007年、中央テレビ局の第1陣の「傾国傾城・世界に紹介価値最大名城」に入選した。2009年に中国十大特色レジャー都市、2010年に中国十大レジャー都市に選ばれた。全市の区域面積27120平方キロ、船営、昌邑、竜潭、豊満4つの区及び舒蘭市、磐石市、蛟河市、樺甸市4つの県レベル市、永吉県、国際レベルハイテク産業開発区1ヵ所、省レベル開発区11ヵ所を管轄する。総人口451万、市内人口200万、漢族、満族、朝鮮族、回族など35の民族を有する。

  2.旅行・観光における優位性

  全市には、A級以上観光地15軒(内訳は、AAAA級:4軒、AAA級:1軒、AA級:10軒)及び星ランクのホテル27軒(内訳は、五つ星:1軒、四つ星:5軒、三つ星:10軒、二つ星:11軒);旅行社94軒(国際旅行社2軒)がある。

  当市の東北三宝(朝鮮人参、鹿茸、テン毛皮)は主要な特産物として、レイシ、長生草、松茸、ヤマブシタケキノコ、熊胆粉、カエル油、紅景天などもあり、国内・海外の観光者の人気が高い。それ以外、キクラゲ、ワラビ、ノエンドウ野菜、元キノコ、ハシバミキノコ、榆黄キノコ、松実、クルミなど山珍野味が豊富し、松花湖浪木根彫刻、松花江奇石、満州族切り紙細工などが主要な工芸品である。

  旅行飲食は吉菜が特色として、代表的な料理は松花湖魚宴、関東農軒宴、満州族伝統特色食、朝鮮族特色食がある。又、かねてから盛名になった飲食店は、松花湖魚レストラン、慶嶺活魚大通り及び市内に分布している多く満州族、朝鮮族の特色レストランがある。

  旅行娯楽について、東北二人転公演が最も特色あり、ユーモア、歓楽、愉快な格調を持って、最も北方特色ある地方劇として認められた。吉林の二人転公演場所は主に「劉老根大舞台」、「江城劇場」などである。二人転公演が最も特色を備え。二人転が格調ユーモア、公演するのは楽で、うれしくて、最も北方特色地方劇を備える。大型広場文化活動は主に満州族、朝鮮族歌舞公演、二人転、コンサートなど特別テーマの公演がある以外、東北地方の特色を反映する東北大ヤンコ踊りもある。

  3.オフィシャルサイト

  吉林市人民政府:www.jlcity.gov.cn

  吉林市旅行する情報ネット: www.gojl.com.cn

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド