ホーム>居住>教育>法律規定 T   T   T
吉林省《中華人民共和国の帰国華僑.国内在住家族の権益保護法》方法を実施する
2009-03-24 10:50:00     出所:

 

林省《中華人民共和国の帰国華僑.国内在住家族の権益保護法》方法を実施する

1992914日、吉林省の第7期の人民代表大会常務委員会の第30回の会議に通過)

 

第一条 帰国同胞、在外華僑の家族の合法的権益を保護するため、《中華人民共和国の帰国華僑.家族の権益保護法》第二十一条によって規定、本省の実際情況を結び付けて、当方法を制定する。

 

第二条 帰国同胞は帰国して定住する華僑を指し、華僑は国外の中国公民で定住、在外華僑の家族は華僑、帰国した同胞の国内にいる家族を指す。

当方法は在外華僑の家族が含むと定義する:華僑、帰国した同胞の配偶者、両親、子女と配偶者、兄弟姉妹、祖父母、外で祖父母、孫子女、外孫の子女、およびと華僑、帰国した同胞は他の親戚に長期的扶養関係を持つ者。

 

第三条 帰国同胞、在外華僑の家族に対する身分証明を、県レベル以上、人民政府の華僑関係の事務部門から確認する。

 

第四条 各級の人民政府に華僑関係の事務部門は同じクラスの人民政府が華僑関係の事務部門を統一的に指導と管理するため、当方法の実施について責任を負う。

 

 帰国同胞、在外華僑の家族は憲法と法律の規定を基づいて、公民の権利を有し、又は憲法と法律上に規定する公民の義務を履行し、いかなる組織と個人から、差別待遇を受けさせないとするもの。

 

第六条 本省に定住する華僑に対して、国家の関連規定に従って場所に置く。

華僑の中に科学技術者、本省に定住することを求める場合は、関連部門が優先的に場所を探しなければ、ならない。

  帰国同胞、在外華僑の家族が出国した後、2年以内に又は本省に帰る場合に、元仕事先或いは関連上級の主管部門が仕事の手配に対し、責任を負う。本省に帰って、定住した後に、出国する前に国家法規の規定によって領受した退職金を全額返還された場合、それが出国する前までの勤務年数と再び仕事場に戻るから勤務年数を合計できる。

 

  第七条 省と市レベルの人民代表大会と帰国同胞、在外華僑の家族より数が多く、県と郷(鎮)各級の人民代表大会に、適当的代表席を帰国した同胞、在外華僑の家族者に指定させなければ、ならない。

  

第八条 本省に各級の帰国華僑連合会と帰国同胞、在外華僑の家族は法に従って、創立する他の社会団体及び合法的な社会活動に従事すると財産は法律の保護を実施して、いかなる組織と個人もこれを、侵犯してならない。

  

第九条 帰国同胞、在外華僑の家族は華僑資本、華僑による送金で創業した工商業の企業に、その華僑資本額は全部の投資額25%以上のを占めて、法によって審査を受けて、関係機関の許可を得て、収益年度から、2年の所得税の徴収額を免除し、3年目から、3年間の所得税の徴収額を半分に軽減すること。

  政府の華僑関係事務の部門は 帰国した同胞、在外華僑家族の青年を募集して、企業の総従業員人数の30%以上のを達成した企業に対して、審査合格してから、又は現地に税務部門から許可を得て、収益年度から、3年間の企業所得税の徴収額を免除する。

  帰国同胞、在外華僑の家族によって個人的な商売業者に対し、納税が困難場合は、税務部門を通じて許可を受けて、適切な税金額の軽減方法を配慮する。

  上記の企業と個人的な商売業者、税金軽減の優遇期間を終り時に、または納税が困難の場合が、税収の管理体制によって、税務部門からの許可を得て、適当的な税金減免の優遇策を延長できる。

  

第十条 いかなる企業と個人的な商売業者は、県レベル以上の人民政府の華僑事務部門の同意と工商業行政管理部門の審査?許可を得なければ、その名称の中に華僑という文字を使えならない。

  

第十一条 帰国同胞、在外華僑の家族は法に基いて、荒れ山と荒地及び廃棄した土地など開発への投資許可を得て、使用日から、10年間の土地使用税を免除する。

  帰国同胞、在外華僑の家族は直接投資して農業、林、放牧、漁業の生産用地に用いて、直接投資する場合、土地使用税を免除する。

 

  第十二条 各級の人民政府は帰国同胞の農場など企業に優遇策を実施すべき、いかなる組織と個人が法規に従って、保護された土地、草原、水面などを横領·権益を侵犯してはならない。

  帰国同胞の農場に就業する帰国同胞と配偶者、子女は、転勤、仕事再募集の場合、現地住民票及び食糧と食用油の供給関係(計画経済時期に政府限定売買制度の一種)に対して、都市住民票によって変更手続きを取り扱うべく。

  

第十三条 各級の人民政府は帰国同胞、在外華僑の家族が公益事業への投入することを激励すべき、その権益を法に従い保護する。

  帰国同胞、在外華僑の家族が法律に基いて公益事業への願望を支持すべき、いかなる組織及び個人はその創立した公益事業に対する、横領?破壊してはいけない。

  帰国同胞、在外華僑の家族は海外親友からの寄贈物資を受け入れて公益事業に投入する際、国家の関連法規に基いて優遇措置を享受する。

 

  第十四条 帰国同胞、在外華僑の家族は私有家屋の所有権が法に従い保護を受けて、それは所有権、収益権、処分の権利を侵犯してならない。

  各級の人民政府は帰国同胞、在外華僑の家族が海外からの送金で自宅を建てることを激励すべく。その関連部門は住宅用地の申請審査に便利を図り、建築材料の供給面にも優遇策を与えなければ、ならない。

  国家が基礎建設するために、法に基いて帰国同胞、在外華僑の家族の私有家屋に徴用して、建物を取り壊しなければならない場合、建設関係部門は国と本省の関連規定によって、財産所有権を持つ者に賠償と補助方法を実施する。その中に彼らが海外からの送金で自宅を建築された場合、旧私有家屋の所有権が要らない時に、新不動産を購入するという要求に応じて、人民元の決算で、購入価格総額の1割を高めて賠償する。

  帰国同胞、在外華僑の全家族が出国して定住した後の私有家屋、規定に基づいて自分で処理でき、又は不動産の管理部門が協議を締結して、代理管理を行う。公舎借りの場合、財産所有権の部門がテナント協議を締結して、借り家の期間に第三者に公舎を借り出す権利を持つ;或いは財産所有権の部門に再入国時に、再び住宅を提供する協議を締結できる。

  

第十五条 各部門の各部門は従業員の住宅を割り当てり、給料を調整し、職務、子女を職階を評定して、昇進させて託児所に預けて入学します方面で、同等な条件の下で、帰国した同胞、在外華僑の家族に受け答えして優先的に配慮を与える。

 

  第十六条 各級の人民政府は帰国同胞、在外華僑の貧乏家庭を支援計画の対象に入れるべき、又は重要な対象として、中心的に援助する。労働能力を失う、または扶養する人はいない場合、現地の民政部門は帰国同胞、在外華僑の貧乏家庭を優先的な対象として、支援する。

 

  第十七条 帰国同胞が学生の身分でと帰国同胞の子女と華僑の国内にいる子女は、国内に進学する、就業する、卒業後の仕事配属など場合は、下記に掲げる内容ように優遇する

  ()全日制の総合大学と単科大学、テレビ大学、夜間大学、通信教育大学、従業員大学、社会人大学、中等専門学校、高等学校、職業の中学(高校)、技術工科学校に申し込み時に、入学試験の点数を増加する、又は他の受験者と同等な条件の場合は、優先的に採用する

  ()体力労働の筆試するの場合は、試験点数を増加する、又は他の受験者と同等な条件の下で優先的に採用する

  ()大学卒業後の仕事配属の過程に、仕事先の需要に反しないで、かつ本人から合理的な要求ならば、実情によって勤務地区の選択を優先的に配慮する;両親あるいは配偶者が国内にいる場合は、できるだけ両親或いは配偶者がいるの勤務地区に配置する。

  在外華僑の家族と子女は本省に属する、各種類の学校に出願する場合及び体力労働の筆試試験に参加する場合に、当該規定を参照して、優遇策を与える。

  

第十八条 国家規定に従い、帰国同胞、在外華僑の家族による海外送金の金額を保護する。

  帰国した同胞、在外華僑の家族の華僑による海外送金に対する、個人収入調節税の徴収を免除する。

  銀行と関係部門は華僑による海外送金に対して、国家規定の期限内にタイムリーな為替すべき、いかなる組織と個人は口実で帰国同胞、在外華僑の家族による海外送金を侵犯してならない。

  銀行は華僑による海外送金の金額と客様の名前に対して、秘密にする。いかなる組織、個人は裁判所、検察機関が許可しない限り、海外送金を凍結する、没収する、又は銀行に海外送金の手形証拠、送金名簿を調査する権力を持たない。

 

  第十九条 帰国同胞、在外華僑の家族は外国の親友から遺産を受け継ぎ、及び遺贈する、贈与すると財産を配分する時に、関連部門は期間内に関連手続きを取り扱うべく。

 

  第二十条 帰国同胞、在外華僑の家族は外国にいる親友との付き合う時、及び連絡通信を法従い保護する。

  いかなる組織と個人は帰国同胞、在外華僑の家族の手紙、郵便物をはずし、破棄する、隠す、窃盗することはいけない。その手紙、郵便物のなくす、損傷する、物足りない場合、郵政部門は関連規定によって、補救措置、或いは損害を賠償する。

 

  第二十一条 帰国同胞、在外華僑の家族は出国申請する時に、優先的に配慮すべく。公安部門は申請を受理した後に、規定の期限内に審査結果を申請者に知らせる。

  帰国した同胞、在外華僑の家族が外国の直系親族は危篤、死亡或いは外国にある財産配当することなど特殊な情況による緊急出国申請として、公安部門は申請者から有効な証明を提出する場合、すぐに審査を行うべき、そして必要なれば、適当的に外国滞在日時を延長する。

  

第二十二条 関連部門は帰国同胞、在外華僑の家族の出国して、親族への訪問すること権利を保障すべく。

  国家機関、全人民所有制の企業の帰国同胞、在外華僑の家族の従業員は出国して親族訪問する場合に、国家規定の待遇を享受する。経済条件があれば、集団所有制の企業の帰国同胞、在外華僑の家族の従業員は出国して親族訪問する場合、全人民所有制の企業の帰国同胞、在外華僑の家族の従業員の場合で参照する。

 

  第二十三条 法に従い、帰国同胞、在外華僑の家族は出国して、定住する権利がある。

  帰国同胞、在外華僑の家族の従業員は、出国定住する許可を得て、離職休養、定年退職、退職する条件に合格する場合、その離職休養する金、年金、退職金を規定によって支給しなければ、ならない。条件に不合格者は、規定によって、一回に退職補助金を支給する。以上の諸支給金を外貨に為替でき、出国する際に携帯できる。

 

  第二十四条 公費で出国して、外国に考察する、交流する、学習する時に、人員の選抜は同等な条件の下で、帰国同胞、在外華僑の家族と子女に対して優先的に手配する。

  

第二十五条 帰国同胞、在外華僑の家族は自費で外国に留学するを申請する時に、国家規定によって優遇を与る。申請の手続きをする期間に、所属企業、学校はそれに退職.退学してはいけない。許可を得た後に、少なくとも1年間の公職或いは学籍を保留する。

  

第二十六条 帰国同胞、在外華僑の家族は自費で学業を完成して帰国して、仕事の手配を要求することに対する、公費留学生の優遇策を享受して、かつ関連部門は優先的に手配すべく。

  

第二十七条 本省は帰国同胞、在外華僑の家族が外国からの資金、技術、設備、人材など導入事業を展開するように激励する。導入事業に対して、突出して貢献を与える者を、関連規定によって奨励する。

  

第二十八条 当方法に違反して、以下に掲ける内容に一項目にあった場合、事情の重さによって、関連主管部門から教育、行政処分或いは行政処罰を行う;犯罪を構成する場合には、司法機関のから法による刑事責任を追及する。

)帰国同胞、華僑の家族の参政権及び団体を結成する権力など政治上の権利を侵害する;

)帰国同胞、在外華僑の家族の人身権利を侵犯する;

)帰国同胞、華僑の家族は合法的な組織と財産を侵犯し、破壊する;

)帰国同胞、在外華僑の家族から創業して企業に対する、合法的な権益を侵犯する;

)帰国した同胞、在外華僑の家族は私有財産を侵害する;

)帰国同胞、在外華僑の家族の住宅を不法占拠或いは不法に取り除く;

)華僑からの海外送金を流用する、横領する、着服する、汚職する、窃盗する;

)帰国同胞、在外華僑の家族の通信自由と通信秘密の権利を侵犯する;

)帰国同胞、在外華僑の家族、その他の合法的権益のを侵犯する。

  

第二十九条 当方法は本省人民代表大会常務委員会に解釈の権利を有する。具体的に公式見解を、本省人民政府の華僑事務部門から責任を負う。

  

第三十条 当方法は公布の日から施行する。

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド