ホーム>居住>教育>法律規定 T   T   T
中国と外国が協力して教育試験を行う暫定的管理方法
2009-03-24 11:11:00     出所:

 

中国と外国が協力して教育試験を行う暫定的管理方法

 

条 中国と外国が協力して、教育試験を行う管理をもっと規範、強化にするため、《中華人民共和国の教育法》の第二十一条の規定によって、当方法を制定する。

 

条 当方法に指す“中国と外国が協力して行う教育試験”は、中国国内以外の機関と中国の教育の試験機関と中国国内で協力して行う社会的で、非学歴の教育試験だ。

 

条 国内以外の機関は単独で中国国内で教育試験を行うのを禁止される。

 

条 双方で行う教育試験は、中国側の需要を満たさなければならない。また、試験の内容と活動が中国側の法律、法規を守らなければならなくて、利を求める目的はいけない。

 

条 国家の教育部は中国と外国協力で行う教育試験のことを管理し、また、教育部試験センターが日常の仕事を管理する権限も与える。

 

条 協力して教育試験を行うために、以下の条件を完備しなければならない。

) 協力で試験を行う中国側の機関は省レベルの教育試験機関でなければならない。

) 協力で試験を行う外国側の機関は教育試験を行う機能を持つ機関や法人の資格を持つ機関でなければならない。

) 明確な試験項目と試験の規程が必要だ。

) 協力する双方はそれぞれ自分の場所、名称、組織、機関が必要だ。

) 試験を行うための必要な条件が必要だ。。

 

条 許可されて協力して教育試験を行う双方の機関は、単独で民事責任を負う。

 

条 一般、中国側の試験を行う省レベルの試験機構は当省、自治区、直轄市に限って、教育試験をおこなわなければならない。また、省レベルの教育試験機構は当省、自治区、直轄市の教育行政部門に審査された後、教育部の審査許可を申し込む。

 

条 協力で教育試験を行う時、申し込むための手続きが中国側の協力組織に取り扱われる。申し込む時、以下のファイルに提出しなければならない:

) 試験を行うための申し込む書と規程

) 国外機関の合法性の証明書

) 試験の実行できる論証報告

) 試験の効き目を認可する証明

試験に勤める従業員たちと試験の施設の情況の説明

) 試験する経費の出所と双方が負うべきの責任と義務

) 協力で試験を行う協定書と審議机関および他の関連部門のファイルが必要だ。

 

条 必要があれば、実際の状況によって、協力で試験を行う機関は、試験を行う地区で試験地点を建設することもできる。そして、省、自治区、直轄市の教育行政の部門の許可を申し込んで、教育部に記録を残すことを申し込む。

 

十一条 協力で教育試験を行う機関は、試験に合格した学生たちに非学歴の教育試験に合格の証明書を交付することができる。また、この証明書の国外の効き目は、関連する国際公約と政府間の協議による実施されて、あるいは外国側の協力者から提供される相応的法律書類に確認される。

 

国務院の教育行政の部門の許可がない場合、国外機関の証明書を交付することができない。

 

十二条 協力して教育試験を行う中国側の機関は試験地点の主任、主任試験官、司会に担当することができて、また、毎回の試験地点の設置と受験生の人数によって、他の主任試験官と試験監督人員を招聘することもある。

 

十三条 許可された試験の項目は、試験を実施するためのプログラムを制定しなければならなくて、規定されたプログラムを基づいて、試験を行わなければならない。

 

十四条 双方協力して試験の解答用紙、答案用紙が秘密の材料に属して、関連資料の発送、受け入れ、秘密を守ること、廃棄することなど厳しく国家の関連部門の規定によって行うべきだ。

 

十五条 各試験地点は試験の公平的な競争を確保して、試験の紀律に反する行為やカンニングすることを防止する。試験地点の従業員がちゃんと責任を持って、紀律を厳守して、秘密を守るべきだ;もし試験問題を漏らされたら、直ちに有効な措置をとって、拡散しないように、管理権限によって省、自治区、直轄市の教育行政の部門あるいは教育部に報告する。

 

十六条 各試験地点は試験と関係のある養成訓練クラスを開いてはいけない。

 

十七条 各試験地点は規定に基づいて試験料(出資援助や無料で試験を提供されるプロジェクトを含まらない)を受け取ることができて、何の名義の下でも、他の費用を増やしてはいけない。

 

十八条 協力する試験機関は自分の試験地点に対して指導、監督また管理する責任を負って、そして監督と管理についての具体的な事項は、国内の同類の試験の管理規則の関連条項を参照して取り扱わなければならない。試験地点に対して下記の情況の1つがあれば、事情を考慮して、通達批判、警告、期限整頓、一時試験停止してあるいは試験地点をキャンセルなどの処理する

) 試験問題を漏らすことあるいは試験問題を漏らされた後そのまま拡散されること。

) 試験のプログラム反すること。

) 受験生のカンニングに放任、かくすこと。

) 試験の旗印の下で、不法に料金を徴収すること。

) その他の紀律に違反すること。

試験地点を取り消す場合、省、自治区、直轄市の教育行政の部門が許可することを申し込まなければならない。また、教育部が記録に残すことを申し込むべきだ。試験地点の不法な所得は国家の関連規定によって処理する。

 

十九条 協力する試験機関は教育部、省、自治区と直轄市の教育行政の部門に年度の仕事の報告を提出しなければならなくて、教育部、省、自治区と直轄市の教育行政の部門の指導と監督を引き受ける。

 

二十条 もし下記の情況の1つ状況になった場合、協力する試験機関が当省、自治区、直轄市の教育行政の部門を通して審査して許可された後教育部に試験を中止することを申し込む

) 予想の目標を実現することができない

) 受験生の人数不足で、経費は普通の仕事も維持しがたい

) 一方は約束した責任と義務を引き受けることができない

 

二十一条 教育部、省、自治区と直轄市の教育行政部門は、協力する試験機関に対して下記の情況の1つ状況がある場合、事情を考慮して通達批判、警告、期限整頓、一時試験停止されるあるいは教育試験を行う資格をキャンセル処罰を与える

許可されないまま、勝手に中国で協力して教育試験を行って、試験地点を設立して、記録に残す手続きを履行しない。

) 試験を行うことを申請する時いんちきをして人を騙す。

) 協力で教育試験を行う旗印のしたで不法に利を得る

) 試験の時、試験のプログラムを大いに反する。

) 他の中国の法律、法規の規定に反する状況。。

 

二十二条 当方法の中の関連部門の行政処罰に対して、当事者は服しない場合、法律に沿って行政再議あるいは行政訴訟を提出ことができる。

 

二十三条 当方法は発表する日から施行する。

 

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド