ホーム>居住>教育>HSK T   T   T
中・小学生中国語検定試験(YCT)のレベル分け基準
2012/04/28     出所:
  YCTは国際中国語レベルを検定する標準試験であり、中国語を母語としない小学生が日常生活と学習での中国語の運用能力を評価しますYCTは筆記試験と口頭試問2つの部分から構成され、単独で受験することが可能です。筆記試験のレベルはYCT1級)、YCT2級)、YCT3級)、YCT4級)に区分されます。口頭試問はYCT(初級)とYCT(中級)に区分されます。

  YCTは以下の4レベルに区分されます。

  YCT1級)―初歩的な文法漢字語彙を理解・使用ができ、一層に中国語を習得する能力を備えたレベル。

  YCT2級)―非常に簡単な文章、語彙を理解でき、具体的交際要求を満足できるレベル。

  YCT3級)―中国語を利用し日常会話と簡単な交流ができ、初級コースの優等レベル。

  YCT4級)―生活、学習、仕事など方面での基本的交際ができ、中国で観光の際、大部分の交際を対応できるレベル。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド