ホーム>居住>教育>HSK T   T   T
ビジネス中国語検定試験(BCT)の概要
2012/04/28     出所:
  BCTは、中国語を母語としない者を対象としてビジネス中国語能力を検定することを目的として、開発された国家レベルの標準試験であります。中国国家漢語国際普及指導グループ弁公室(略称:国家漢弁)の依頼を受け、北京大学によって研究製作されたものです。英語名はBusiness Chinese Testであり、略称はBCTです。

  BCTは、ビジネスに関する様々な場面での中国語応用力を評価する試験であるため、実践能力、コミュニケーション能力を高めることが大きな特徴となっています。試験は「ヒアリング読解」「会話作文」の二つから成ります。単独で一つ科目、または2つの科目を参加することが可能。受験者に対する年齢、学歴、中国語の習得時間などの制限が一切ありません。

  中国中国国家漢語国際普及指導グループ弁公室(略称:国家漢弁)が主催とするビジネス中国語を検定する試験であり、合格者に対して「ビジネス中国語試験証明書」を授与されます。

  BCTは毎年、定期的に中国および海外諸国で行われます。

  一、試験対象

  BCTは、母国語が中国語ではない方々を受験対象とします。中国語で最も基本的に交流できるレベルから熟練な交流ができる方々はBCT参加することが可能です。受験者に対する年齢、学歴、中国語の習得時間など制限が一切ありません。

  二、試験用途

  BCTは、ビジネスに従事する方々の中国語のレベルを評価する必要のある全世界の各種機関及び個人に、検定試験の基準を提供する試験です。その主な用途には下記の通りです。   

  1. ビジネス組織における採用、選抜、昇給などの人事面での決定に際して、関係者のビジネス中国語レベルを評価するコンテンツを提供します
  2. 各種の語学教育機関、養成期間での教育トレーニング効果を上げるコンテンツを提供します
  3. 各種の教育関連機関における、学生募集、クラス分けの決定に際して、学生のビジネス中国語レベルを評価するコンテンツを提供します
  4. 求職、応募者、職務アップしたい方々にビジネス中国語レベルの証明を提供します

 

  中国語の学習者が、自分のビジネス中国語レベルを評価し、一層レベルアップするためのコンテンツを提供します  

  三、試験の構成と形式 BCT「ヒアリング読解」、②「会話作文」の二つからなります。受験者は、のどちらかを選択 して受験するか、あるいはを同時に選択して受験することも可能です。

  

  BCTは現在Paper-based TestComputer-based Testという2種類の試験形式があり、 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド