ホーム>居住>教育>HSK T   T   T
中国語能力検定試験(HSK)のレベル分け基準
2012/04/28     出所:
  HSKは、国際中国語能力の標準的試験であり、中国語を母語としない者を対象とする受験生は、生活、学習、仕事など方面で中国語運用の交際能力を重点として認定する試験であります。新HSKは筆記試験と口頭試問2科目から構成し、単独で実施します。筆記試験のレベルはHSK1級)、HSK2級)、HSK3級)、HSK4級)、HSK5級)、HSK6級)、口頭試問のレベルはHSK(初級)、HSK(中級)、HSK(高級)を設け、口頭試問は録音の形式を採用しました。

  HSKは、以下の6レベルに区分されます。

  HSK1級)―初歩的な文法漢字語彙を理解・使用でき、更なる中国語を習得する能力を備えたレベル。

  HSK2級)―日常生活に役立つ会話ができ、簡単な文章が読み書きできる能力。初級コースの優等レベル。

  HSK3級)―生活、学習、仕事など方面での基本的交際ができ、中国で観光の際、大部分の交際を対応できるレベル。

  HSK4級)―中国語を利用し幅広い分野での議論ができ、中国語を母語とした者と比較的流暢に交流できるレベル。

  HSK5級)―中国語の新聞・雑誌を読み書きができ、中国語の映画・テレビ番組を読みでき、中国語で講演できるレベル。

  HSK6級)―簡単に聴取した中国語の情報を理解でき、口頭または書面で流暢に中国語で自分の見解を表現できるレベル。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド