ホーム>観光>観光処の紹介>吉林 T   T   T
松花湖(吉林)霧氷

  松花湖(吉林)霧氷は、まるで「冬中の春」と喩られ、詩の境地ような美しさを持って黄山の雲海、泰山の日出、銭塘江潮と中国の四つの自然な奇観と呼ばれる。霧氷は「樹氷」と通称され、吉林市の独特な地理環境と気候条件の中で自然的形成した景色である。厳冬時期、北方河川が結氷期に入ったことに対して、吉林市内の周りで流れる松花江水(約50キロ)は依然として流され、江水の立ち上りによって生じた霧が寒い空気と接触し、樹で凝結した後、松花湖(吉林)霧氷を形成した。霧氷の美しさは壮観且つ不思議感を与えられ、霧氷見は、よく「夜に霧見、朝に霧氷見、正午に落ち花見」と大好評された。

  霧氷景観は幅広く分布し、主に松江路都市の霧氷見エリア、阿什哈達郊野霧氷見エリア、紅石湖水上霧氷見エリア、北大湖山林霧氷見エリア、霧氷島霧氷撮影創作基地五つの霧氷見エリアがあり、様々な地域で多彩な霧氷見を満喫できる。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド