ホーム>観光>観光処の紹介>吉林 T   T   T
吉林隕石博物館

  吉林市吉林大街100号に位置している吉林隕石博物館は、景色が美しい松花江南岸に隣接し、江南公園、センチュリースクエアに近隣する。現在中国の唯一の隕石博物館である。その由来は、1976年3月8日15時2分36秒、吉林省吉林市北郊外永吉県境内に世界の歴史上にもめったにないほど石隕・石雨を落下した。これは国内・海外でも名が知られた吉林隕石雨である。数量が多く(138枚標本)、重量が重く(総量2700㎏以上)、分布範囲が広い(500平方㎞)などの特徴を持って、世界で最大な石隕石雨となった。その中、吉林1号と名付けられた隕石は、1770㎏の体重で現在人類の知っている範囲の最大となった。当館で「吉林隕石雨展覧」を展示され、宇宙の形、太陽系成員、隕石の由来、吉林隕石雨、隕石研究の意義など5つの方面で宇宙と隕石の知識を展示したほか、吉林隕石の大部分の標本を収集し、その他の国家と地域の隕石標本41種類を保管している。

  関連サービス情報

  入場料:大人80元/人;学生30元/人。

  営業時間: 08:30~16:30。

  駐車場情報:吉林市センチュリースクエア南側に収容台数150台の無料駐車場がある。

  交通情報:吉林市博物館は吉林市江南に位置し、空港から約80数キロ、所要時間が約1時間;鉄道駅、長距離旅客輸送駅から約5キロ、所要時間が約15分。

  セルフドライブツアー案内

  高速道路を利用し長春市から出発し、九台経由で吉林市まで到達。所要時間が約1時間20分。

  又、高速道路から降り、市内の越山道、桃源路、吉林大街を経由し江南センチュリースクエアへ到達。

  観光バス、公共交通バス:1路、3路、130路、32路、52路、56路、59路バスを利用しセンチュリースクエアまで下車到達。

  お問合せ電話:0432―64661214

  URL:www.jlsmuseum.com.cn

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド