ホーム>観光>観光処の紹介>四平 T   T   T
伊通火山群

  伊通満族自治県内に位置している伊通火山群は、長春から65キロ、16基の火山より構成された火山群落として、国家レベルの自然保護区に属し、貴重でめったにない火山資源により数多くの地質科学者と観光客を引きつけた。火山群山体は音訳である武岩柱から構成され、柱体の断面が多角形で、タワ式又は数ヶ所の石塔より「タワ林」を構成したのが多数だ。タワ林に身を置くと、まるで神仙と妖怪が生活する世界に入ったように、山体が刀刃、剣、虎、ライオンなどの形に呈し、自然的に形成した異型が、人々に大自然な不思議さで驚かせる。

  伊通火山群は、西尖山、東尖山、団山、大孤山、東小山、小孤山、南尖山、饅頭山、莫里青山、馬鞍山、横小山などの火山を管轄し、その中の西類山、莫里青山、大孤山の地形景観が国内でもめったにないほど珍しく、観賞価値を有する。なお、火山群内に大規模の断裂した岩洞があり、国内で初めて発見された景観だ。

  それ以外、我が国の初の満州族民俗館にも伊通県内に立地され、火山の自然な魅力を味わった後、民俗館へ満州族民俗の常識を見学でき、更に伊通の魅力に深く引かれられる。

  開業時間:全日

  場所:伊通満族自治県内

  観光シーズン

  四平市は中温帯の湿潤の季风気候区に位置し、春季が乾燥多風、夏季が蒸し暑く雨が多く、秋季が温和且つ爽やかで、冬季が長くて寒いなど大陸性気候の特徴が顕著だ。全市の年間平均気温4~6℃、降水量が季節に応じて年間の変化が激しく、主に6~10月に集中している。観光シーズン:夏季・秋季

  交通状況

  鉄道:四平市の鉄道が四方八方に通じ、東北の重要な交通中枢である。上海ーハルビン線、北京-ハルビン線など南北鉄道輸送の重要な鉄道はいずれも四平を通り、交通が便利だ。

  道路:四平市の道路は四方八方に通じ、発達された輸送網が整備され、北京ーハルビン、吉林省集安~内モンゴル錫林浩特、瀋明、四浑など4本の国道、省道が東西南北を貫通している。

  高速道路:四平市は長春ー瀋陽高速道路の中間に位置し、長春からの所用時間1時間20分、瀋陽からの所用時間1時間40分である。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド