ホーム>観光>祝日と展覧会 T   T   T
電子商取引フォーラムが靴下交易会の「核心構成部分」となり
2014/07/13     出所:

  「連携交流の展開、協力の強化、発展の展望、ウインウインの実現」を目的とする中国国際貿易促進委員会、中国ニット工業協会、吉林省政府が主催し、遼源市政府、吉林省貿易促進委員会が併催する2014中国遼源国際靴下業交易会電子商取引フォーラムは74日、遼源電子商取引園区で開催した。

  電子商取引は科学技術の発展と経済グローバル化の必然的産物とし、伝統的経済モードと市場手段を深く変えられ、ひいては人々の生活スタイルと思惟の方式にも変えている。その誕生及び急激な発展に伴い、必然に巨大なビジネスチャンスと社会利益が生まれる。一方、情報化による工業化をけん引する戦略の実施、経済の急速、飛躍、持続可能な発展、競争力の増強に極めて重大な意義がある。

  遼源市は実態に応じ、電子商取引の発展など方面で効果ある模索及び実践を行った。20131130日、吉林省初の電子商取引園区を設立し、全面的企業政府社会個人間の全面的協力を展開したのほか、アリババと戦略的提携関係を築き、靴下業の産業を核心とする産業システムは今年4月に本格的運営開始した。主に、既存の綿靴下、ニット製品の生産基地とマーケティングルートを活用し、地区及び他の関連産業の発展をけん引する同時、地区の経済を繁栄させ、東北ひいては国内外の総合性の電子商取引産業園区を構築することを目指す。今年上半期まで、遼源電子商取引園区に入居した企業数は100社に増え、累計の売上高は1億元を超えた。

  電子商取引フォーラムにおいて、対外経済貿易大学情報学院の陳進院長、電子商取引研究院の李鳴涛副院長、中国ネット商研究所の王先標所長、中国国際電子商取引センターの呉国援講師、聚一国際教育の余煜明董事などはそれぞれ電子商取引政策の発展、多国籍の電子商取引など議題をめぐって講演し、出席者からの賛成を得られた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド