ホーム>観光>祝日と展覧会 T   T   T
第11回長春モーターショーの特徴まとめ
2014/07/16     出所:

  11回長春モーターショーでは、国内外の有名な自動車製造企業137社、152ブランド、全ての車種を揃って自動車1200台を出展した。ハイエンドフォーラムには、世界で有名な完成車や部品の製造企業の高級技術者、国内外の名門大学、研究機構の技術専門家などが出席し、最新の技術成果を展示し、共有化にした。更に、長春モーターショーのオートサロンガールコンテストにモデル30数名ほどが参加し、自分の親切さと活力を展示した。第11回長春モーターショーは多彩なイベントを設けられ、入場者からの注目を寄せられた。

  ※特色、個性、新エネルギー技術は今年モーターショーの著しい特徴となった。

  711は第11回長春モーターショーメディアティの初日とし、長春国際会議出展センターの各展館内に入場者が殺到した。世界からの自動車製造メーカーは新型車、ブランド車、豪華車、乗用車、商用車、新エネルギー車、特殊車を展示した。

  1号展示館にて、BESTURN B50EVOleyのハッチバックEVとの新エネルギー車2車種を展示され、入場者からの注目を寄せられた。この2車種はエンジンの代わりに動力リチウムイオン電池を搭載され、電力満タンの状態で120キロメートルを走行できる。一方、昼間に利用し、晩に充電するという理想な状態を実現した。OleyハッチバックEV車は現在21.98万元の販売価格で販売し始めた。

  午前1030分、BYDブースの趙氏は、「本日、秦という新車の発売会があると聞いたので、この新車の特徴を自分の目で確認したい」と述べた。

  BYD会社の責任者の紹介によると、本日に発売する秦、S6F33という3車種の内、「秦」との車種の人気指数が一番高い。同車種はエンジン2つを搭載し、電動式と混合動力式が相互に交換できるため、新エネルギー車、省エネエコ車である。電動式で操縦すると、ガソリンの原単位は1.6L/100kmになる。「秦」という名称の由来は、秦代が6国を統一し、天下に制覇する紀元前221年まで遡る。これはBYD会社の最新設計理念で、自主ブランドのモデルを構築することを狙うことが明らかにした。

  展示センター2号館にて、クールなコンセプトカー7台を展示する天火玄武機関車の展示ブースに若者の入場者が殺到した。王京生副社長は、「今年に出展したコンセプトカーの車種は、多様化、個性化など特徴があり、自動車とオートバイの技術を融合し、自動車の部品でオートバイの外形を構成し、ファッション、個性化を十分に展示した。これは今後の発展方向になる」と主張した。

  5号館にて、ロールスロイスブースには入場者が殺到した。PhantomGhostとの2車種が入場者からの脚光を浴びた。特にGhost車種は、中国大陸で売価620/台で25台の販売を限定される。設計上に中国風の元素を採用し、車内に茶褐色を主とした色調と赤色の線で設計した。副操縦士位置の木製パネルに中国水墨画の風格ある駿馬図案を付け、頭枕とクッションにも駿馬図案で装飾した。外観の設計は、世界で有名なロールスロイスMARKデザイナーが手製技術を採用し、リスの尻尾毛を使って3時間ほど車体のスタイルを書いた。これは抜群な品質と完璧な手作りを象徴している。同車種は今回始めて長春モーターショーに披露し、遠い所から見ると黒色で、日光の下に紫色を呈し、まるで駿馬1匹が駆け回る感覚を与えた。

  特色、個性、新エネルギー技術は今回のモーターショーの顕著な特徴となり、特色に溢れるモーターショーでは、中国と西洋文化の融合を最高点まで推し進め、世界の最先端な技術を十分に展示した。

  ※世界各地から数多くの友人が来場し、長春の文化を深く感知した。

  ラトビアのアンザ氏は、「今年は中国滞在の6年目となった。長春で急速な発展スピードを実感された。長春は「自動車の都市」と言っても過言ではなく、長春自動車産業のきわめて大きな発展の将来性を見られた。長春モーターショーの参加により、見聞を広げただけでなく、出展車種の多様化、個性化にも満喫した。特に省エネル排気量削減できる新エネルギー車は、生活に便宜を図る同時に環境保護を実現したことに感心した。私は一日でも早く中国運転免許を取得するよう努力する」と述べた。

  712午後、5号展館内に外国人の出現により、現場の雰囲気が前例なく盛り上がった。関係責任者は、「外国人は「国際友人吉林見」という活動で米国、日本、韓国、ロシア、ベラルーシ、ラトビア、ケニア、ネパール、タイなど16ヵ国家から選ばれた秀な人々だ。今回はわざわざ長春モーターショーへ長春文化を感知する目的だった」と紹介した。

  ※技術専門家など50人ほどフォーラムに出席し、最新の技術成果を展示し共有化にした。

  2014中国(長春)国際自動車技術フォーラムでは、中国(長春)国際自動車博覧会の重要な一環とし、国内外の関連分野から専門家、学者、科学研究技術者など数百人ほど参加した。「知能自動車人車インタラクティブ」をテーマにし、知能自動車の議題をめぐって議論を展開し、共同で知能自動車の技術ルートと産業発展を検討した。

  自動車の技術分野で深く研究している中国工学院の郭孔輝院士、李駿馬院士など専門家、学者は主旨講演を行った以外、世界から有名な完成車、部品の製造企業の技術者や国内外の名門大学、研究機構技術の専門家などにも最新の技術成果を紹介し、共有化を図った。

  ※長春モーターショーイメージガールコンテストにはモデル30数名ほど活力と親切さを展示した。

  11回中国(長春)国際自動車博覧会謳歌カップの香港スターサッカーチーム公益長春行および東北アジア国際自動車スーパーモデル大会は711日に最後日になり、当日夜に世界の8ヵ国家からのモデル30名ほど多数の人数から選出され、受賞したとともに、T台で綺麗な姿を展示した。それ以外、当日午後に終了したサッカーエキジビションで使用した物品を慈善オークションで競売し、収入の全てを長春市児童福利院に寄付することが明らかになった。

  輝いたT台現場の照明の下、モデル30数名が綺麗な姿を展示し、視覚の最高な楽しさとなった。今回のモーターショー東北アジア国際自動車スーパーモデル大会で選出された30数名ほどのモデルはその現場で情熱と活力を展示した。当日の夜に第1、2、3位を選出されたのほか、「ベスト視覚賞」、「ベストスタイル賞」、「ベストメディア人気賞」の受賞者にも授賞した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド