セルビア/ヴォイヴォディナ県

2019-12-20    JL.gov

1986年10月15日、吉林省がヴォイヴォディナ県と友好関係を結ぶ

ヴォイヴォディナ県は,セルビア共和国北部の自治省であり,ドナウ川中流平野の南部に位置し,東,北,西はそれぞれルーマニア,ハンガリー,クロアチアに隣接している。地理的位置は非常に重要で、中欧、西ヨーロッパ、バルカン半島、中東地域を結ぶ交通の要である。同省はセルビアの重要な農業地帯で,温帯大陸性気候に属し,年間降水量は550?750 mm,面積は21,500平方キロで,大部分は平坦な黒土平野である。人口は193万で、26の民族があり、6種類の公式言語(セルビア語、ハンガリー語、ルーマニア語、スロバキア語、ルティニ語、クロアチア語)を使用している。ドナウ川、サワ川、ティサ川は県内を流れる。

 

下には7市、45町村を管轄する。首府のノヴィサド市はセルビア第二の大都市である。

 

資源と産業:

ヴォイヴォディナ県の主要産業は農業、加工業、卸と小売、建築、エネルギー、交通と通信、紡織工業、機械電気とセット自動車工業、ICT、商業サービス、物流と観光である。

 

農業は同県の最も重要な産業部門である。耕地面積は全県の土地の84%を占める。農業総合企業は全県工業総生産額の40%、輸出総額の30%に貢献している。同時に、大量の農業廃棄物は再生可能エネルギー産業の発展を迅速に発展させている。

 

同県は金属加工や機械工業分野で伝統的な強みを持ち、116社の企業、6300人の従業員を集めた金属産業クラスターを持つ。ソフトウェア開発を主とするハイテク業界は急速に成長している。