ホーム>社団の交流>私の心の吉林 T   T   T
自動車リムジンタイムスリップ集結競技が長白山で味4種類を満喫
2017/06/27     出所:

  

    初夏の緑淵潭。(撮影:仇洪鑫)

  吉林省旅行発展委員会、中国自動車オートバイ運動連合会が共同で主催する2017中国(吉林省)自動車リムジンタイムスリップ集結競技の後ハーフは長白山地域で走った。6月25日にSS3競技日程の終了に伴い、車隊は長白山の麓で二日目の休憩日を迎えた。開催側である延辺劇冬観光地から手配の下、6月25日晩に選手は二道白河小鎮に泊まり、6月26日明け方に長白山の旅に出発した。長白山での旅は、異なる味は選手に最も深い印象を残した。

  長白山はさわやかな空気に満ち溢れた。真夏の暑さの中で生活している人々にとって、さわやかな空気にも味の1種類である。さわやかな空気は吸収し、身体の内部に分散している。この環境は都市の真夏の高温で生活している人々にとって心を癒される。集結競技開始前の6月17日、天池は氷の破れを迎えた。平原地区はすでに正夏に入った時期に、長白山は氷と雪の上着を脱ぎ、新緑を被ぜた。6月26日午前9時、リムジン集結競技の選手は長白山の麓に集結した時、地面のリアルタイム温度は22℃だった。標高100メートル上がると、気温は約0.6℃を下げる原理によると、この時の長白山天池の温度は10℃程度と予測される。霧の天気のため、天池のさわやかな且つ湿っぽい空気は人々の心を癒している。吉林省のさわやかな夏には、中原地区から来た運転手は、「帰ったら高温度を耐えられなくなる」と悩んだ。

  長白山はすがすがしい香りに満ち溢れた。長白山滝の移動中に複数の香りに浸った。女子の香水の香り、子供の身体の香り、老人身体の特有な「老人香り」、休憩時の食品の香りなど。これらの香りは桟道で歩く人々伴って発散し、瞬時に山の風で飛んだ。息する時にある選手は、自分の鼻炎が薬を使用せずに完治したと気が付いだ。「自由呼吸の感じはこんな感じだ」と清新な環境を賞賛した。きれいな空気は鼻炎の特効薬と言われる。長白山の奥に生活できるのは、美しい長白山の恵みであり、都市で長く生活する人々の幸せである。

  長白山は清らかな空気に溢れた。長白山の麓で走ると、空気の中に草木の甘味に浸り、これは長白山の植生の高被覆率を証明しただけでなく、長白山の人々が山を建設・維持した結果でもある。625日に開催する避暑・消夏長白山PR会にて、長白山グループは3年の建設を経て、今年の夏には長白山南観光地が全面的開放すると発表した。新しく開放する長白山南観光地は良い自然生態条件と豊富な資源に恵まれ、天池、高山花園、松樺恋、岳樺双滝、高山森林湿地、鴨緑江グランドキャニオン、炭素木生帯など7ヵ所の観光スポットを設けた。未来の長白山は、新たな清らか且つ甘味ある空気は一層に満ち溢れるに違いない。

  長白山の空気は清新だった。長白山地域に通る選手は、「清新」にも味の1種類であることを発見された。人の流れや集まりの味や自動車の排気ガスなどの味がなく、清新な空気を満喫できる。合理的な競技計画を作成したため、自動車リムジン集結競技の選手は長白山の密生の林木の中に走り、両側の風景には緑に溢れ、渋滞なく車内でゆるやか且つ穏やかな生活を楽しめる。長白山観光地の清新な雰囲気を保留するため、長白山グループは先日に、長白山観光地の時間別予約システムが今年の観光ピークにオンラインすると発表した。具体的に、毎日の観光客人数を保証する同時、観光地の時間別の対応可能量によって、毎日に時間帯を分けて観光客の人数を一定化にする。時間別の分流方式を採用し、観光客に知恵的観光選択を提供し、大量な観光客が観光地外での待機を避けられ、観光客の有効な遊覧時間を増加し、観光地の清新な環境を保証し、観光客の満足度向上を目指す。

  さわやかな生態環境、すがすがしい空気に恵まれた夏の長白山は、自動車リムジン競技に意外な喜びをもたらした。歩みは継続し、長白山の魅力は継続し、一日の観光は終了した。翌日の朝に期待を持って出発する。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド