ホーム>社団の交流>私の心の吉林 T   T   T
劉云山氏が黄大年氏の模範事例報告代表団と会談
2017/07/04     出所:

  

  7月3日、黄大年氏の模範事例報告会は北京人民大会堂で開催された。報告会の直前に、中国共産党中央政治局常務委員・中央書記処書記の劉云山氏は報告代表団の成員と会談したとともに、習近平総書記と党中央を代表し、黄大年氏の家族に親切な慰問を表し、党中央が黄大年氏に追加授与した「全国優秀な共産党員」の証明書、表彰メダルにも授賞した。(撮影:黄敬文)

  新華社北京7月3日付けの記事によると、 黄大年氏模範事例報告会3日午前に人民大会堂で開催された。報告会の直前に、中国共産党中央政治局常務委員・中央書記処書記の劉云山氏は報告代表団の成員と会談したとともに、習近平総書記と党中央を代表し、黄大年氏の家族に親切な慰問を表し、党中央が黄大年氏に追加授与した「全国優秀な共産党員」の証明書、表彰メダルを授賞した。

  黄大年氏は有名な地球物理学者として、生前に吉林大学教授、博士課程学生指導教官を担当した。2009年に海外から帰国し、国家「千人計画」の専門家になった。彼は研究に没頭し、イノベーションに努め、一連の重大な技術成果を挙げられ、深地の資源測定と国防安全の建設に重大な貢献をした。今年1月8日、58歳の黄大年氏は病気で亡くなった。

  習近平総書記は重要な指示を出し、黄大年氏の模範事例と崇高な精神を賞賛し、黄大年氏をモデルとして愛国の情熱、報国の志を祖国の改革・発展との偉大な事業に織り込み、人民に歴史を創造する偉大な奮闘の中に入れ込むことは必要だと強調した。

  劉云山氏は、「黄大年氏の事績と精神は人々を深く感動された。新時期の共産党員の模範と中国の知識人の優秀な代表として、後悔しない選択と一生の実践を持って、初心、忠誠心、責任感、仕事熱心、献上などを解釈した。党と人民事業、個人名利の損得など問題を回答し、中国共産党員と愛国・報国の知識人の品格と気骨にも体現した。習近平総書記からの重要な指示に従い、先進的模範との鏡を活用し、黄大年氏の愛国、忠誠心、人材教育、仕事に熱心など職業精神、名利に無関心し全力で献上する高尚な情操を学習し、信念、感情、責任を持って本職を遂行し、党と人民の事業に力を貢献して行く」と述べた。

  続いて、劉云山氏は「模範を学習するため、思想、精神、行動は極めて重要だ。各級党組織は黄大年氏など先進的な模範を「2学習・1遂行」学習教育の常態化・制度化の教材として、広大な党幹部が学習し、手本、モデルとしての役割を果たすように誘導する。一方、黄大年氏の模範事例の学習と社会主義の核心価値観の実践、高校の政治思想教育の強化・改善、世界科学技術強国の実践を結びつき、更なる各事業の発展を促す。更に、宣伝部門と報道機関は黄大年氏の模範事例と高尚な精神を深く宣伝し、優秀な人を見習う濃厚な社会雰囲気を構築し、より多くの人々に教育を受け、激励させることは重要だ」と指摘した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド