ホーム>社団の交流>私の心の吉林 T   T   T
イノベーションにより吉林省全面振興に技術サポート提供
2017/07/31     出所:

  

  この2年間、長春北方灌装設備股フン有限会社が専門の領域に注力し、業界の発展動向を見極めて、イノベーションにより発展を促進し、技術イノベーション、製品の変革、市場の革新に取り組み、企業の核心的競争力が向上した。写真は現場の一角。(撮影:銭文波)

  中国共産党第18期総会が開催以来、吉林省は党中央、国務院が掲げたイノベーションによる発展を促進する重大な戦略を実行し、イノベーションによる発展をけん引する理念を確立し、国家が東北旧工業基地を再振興する重要なチャンスを捉え、イノベーションによる発展を促進する戦略を深く実施してきた。技術イノベーションと技術成果の転化能力は更なる強められ、技術と経済の融合が一層に緊密になり、量の増加から質の向上へ転化しつつあり、吉林省の再振興・発展のために重要な技術的サポートを提供した。

  技術イノベーションの全体レベルは高まり、技術開発への投資が継続に拡大した。「第12次五ヵ年計画」期に、吉林省の財政技術の支出は年間平均16.7%増の累計161.3億元、支出の総規模は「第11次五ヵ年計画」期の2.29倍となった。「第12次五ヵ年計画」の末に、総合創造能力の向上により、経済は年平均の伸び幅は東北地域のトップを占めた。農業技術のイノベーションにより、食糧の総生産量は3年連続で700億斤を突破した。ハイテク制造業の付加価値は「第11次五ヵ年計画」末期の263.99億元から548.11億元に急増した。2016年、吉林省の全要素生産性(技術進歩貢献率)は53.6%まで上昇した。

  重点的領域は新たな突破を実現した。「吉林1号」衛星の打ち上げは成功したことにより、吉林省はハイテクノロジー、宇宙飛行情報産業の研究・開発など面で全国ひいては世界のトップレベルを示す。軌道交通装備は牽引システムなど高速列車のコア技術を確立し、産業の発展に強い技術のサポートを提供した。トウモロコシの単倍体規模化の育種技術の研究と応用は重大な突破を実現し、国際的な先進レベルに達した。クラウン計算とビッグデータなど面でコア技術は大きな進展を得られ、吉林省の「インターネット+」行動計画の実施、情報技術の応用のために理論と技術基礎を固められた。重大な技術を確立し、特殊エンジニアリングプラスチック、高性能の繊維を代表とする新材料産業は中国国内で一定の集積優位を確立した。エンジンの低炭素・省エネルギーの核心技術など自動車産業のコア技術を確立され、新エネルギー乗用車、新エネルギー客車などを開発された。

  業界の基幹企業の技術イノベーション能力は著しく強められた。一汽グループは、環境保護・省エネルギー、安全性、快適性、耐用性、技術材料、自動車電子スマートなど5大のコア技術の分野で連続に突破を実現した。一汽解放社が製造した「勝虎」という中型高性能の通用戦術車は初めて第1回閲兵式に披露され、関連技術や性能は西方先進国の現代的軍用車のレベルに接近した。中車長客股フン会社は世界の最高オートメーション化のランクを持つ中国国内初の地下鉄車は成功にオフラインし、アフリカの気候に適応できるメトロ客車、厳寒環境に適応できる高鉄客車などは順調に運用している。吉研高科会社のカーボン/カーボン複合材料は量産の能力を形成され、中国国内のトップレベルに達した。長白山製薬股フン有限会社が製造する康艾注射液は二次開発を経て、売上高は中国における腫瘍治療用の重要な注射液の市場シェアのトップを占めている。吉林亜泰製薬股フン有限会社が製造する一類の漢方薬・新薬の参一カプセルは国家の一類漢方薬単量体の抗がん剤として承認された。

  技術イノベーションのプラットフォームの建設に拍車を掛けている。現時点で、吉林省の院士ワークステーション数は30ヵ所、省級の技術成果転化中間試験センターは30ヵ所、技術企業インキュベーター・ハッカースペースは85ヵ所、省級の技術イノベーション戦略連盟は31ヵ所、ハイテクノロジー産業化基地(園区)は21ヵ所、技術転移モデル機関は45ヵ所、大学技術園は8ヵ所、生産部門学校科学研究機関の協力モデル基地は5ヵ所、省級以上の重点試験室は70ヵ所、生産力促進センターは42ヵ所、国家級の工事技術研究センターは5ヵ所、省級の工事研究センターと工事試験室は235ヵ所、技術イノベーションセンターは124ヵ所、国家級のハイテク区は5ヵ所に増加した。既に吉林省の技術イノベーション、成果転化、ハイテク産業の発展を推進する重要な支えとなり、自動車、石化、光電、農産物の再加工など伝統的優位性ある産業の改造・グレードアップを加速され、新材料、医薬健康、ハイエンド、高級設備の製造など領域に亘って戦略的新興産業を形成された。

  医薬健康産業は持続的に良好な発展の勢いを維持された。医薬健康産業は技術イノベーションによるサポート、けん引の役割を発揮し、伸び率は吉林省における各重点業界の上位に入った。通化国家医薬ハイテク区と長春国家生物技術産業基地を核心にし、梅河口、遼源、敦化、白山医薬ハイテクノロジーの特色ある産業基地を補充とする吉林医薬健康産業の大構造を構築された。2016年、敦化基地は国家級の医薬城として認定され、金賽薬業の「人成長組み換えホルモンシリーズ製品の開発と産業化」は国家技術進歩の2等賞を獲得した。

  ここ数年、吉林省は技術イノベーションの政策環境を最適化にし、相次ぐ一連の重要政策を打ち出し、技術イノベーションの良好な政策環境を構築した。重大な技術イノベーションによる誘導とテコの効果を果たし、吉林省の主導産業、特色ある優位産業、戦略的新興産業の発展の中で早急に解決必要な重大な共通的技術、重大なコア技術、重大な民生・技術をめぐって、重大な技術テーマと重大な技術成果転化など累計186件を実施し、経費合計13.27億元を投じた。技術イノベーションの集中地を建設し、重点的に産業技術の発展・研究、公共技術の開発、中間試験、技術移転、公共測定、成果取引、創業、成果の産業化、協力・交流、技術金融、仲介・サービスなど十大機能の実現に取り組み、吉林省の地域イノベーション新高地になることを目指している。省級の中間試験センターの建設を加速し、3年内に稼働可能な中間試験センター30ヵ所を建設する計画がある。その内、第1弾の中間試験センター7ヵ所は現時点で建設完了し運行開始した。第2弾の中間試験センターの大半は建設開始し設備発注に着手し、一部は中間試験の生産段階に入った。2016年に第3陣の中間試験センター11ヵ所を建設した。「2研究所・5学校」の技術成果転化の試験導入を展開し、中央直属、省属の大学機構が技術イノベーション面でのリード及び新主力軍の役割を果たし、技術成果の転化・基金誘導を通じて「2研究所・5学校」技術成果転化の試験導入を展開した。

  それ以外、吉林省は着実に国家技術転移東北センターの建設を進めた。具体的に、企業がイノベーションの主体的役割を果たし、企業に技術計画、技術計画、プロジェクトの決定への参画を激励し、企業が提出した産業チェーンを制約する肝心且つ共通の技術テーマを技術企画と計画に織り込んだ。ハッカースペースを重点とする技術企業インキュベーターを建設し、新規認定の省級技術企業インキュベーター(ハッカースペース)の奨励基準を引き上げ、新型のインキュベーターの認定条件を緩和した。全力で国家自主革新モデル区になることを申し込み、一日も早く承認できることに努めている。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド