ホーム>社団の交流>私の心の吉林 T   T   T
劉国中氏が延辺へ災害後の復興を指導
2017/07/31     出所:

  

   吉林省党委員会副書記・省長の劉国中氏は7月29日、延辺へ災害後の復興を指導した。(撮影:王萌)

  吉林省党委員会・省政府が被災者への関心を持って、省党委員会巴音朝魯書記の委託を受け、省党委員会副書記・省長の劉国中氏は7月29日、深刻な水害に見舞われた延辺州の被災地と被災農家へ、水害による損壊された家屋、道路、堰、耕地などを確認し、被災者を慰問し、災害後の復興を指導したとともに、「人民を中心にする発展思想を確立し、省党委員会の指示に基づき、信念を固めて様々な困難を乗り越え、各方面の力を集めて全力で災害後の復興に取り組み、一致団結して災害後の住宅を再建し、災害対応の全面的勝利を勝ち取ることに努める」と強調した。

  増水期に入った以来、延辺州の多流域には連続で大雨を降り、汪清が被害面積の最大県になった。劉国中氏はまず汪清県大興鎮河北村に来た。洪水の後、被災地の村民らは浸水の家屋を整理し、衛生防疫の人員は消毒作業を実施した。村民委員会は米、飲用水など救済物資を発給した。劉国中氏は被災地の鄭桂春村民と高洪芝村民の家へ、住宅や財産の損壊状況を確認した。村民が臨時避難所で妥当な安置を受けたことを聞き、自信を持って積極的に生産復興を展開すると励ました。更に、末端の党幹部に現場に駆け付け、被害程度を把握し、被害者の需要を調査し、被災者の不安を無くして災害を勝ち取る自信を持つよう誘導する、と要求した。

  その後、汪清県の天橋鎮へ、劉国中氏は損壊された河岸辺の耕地、橋梁などを見て、関係者に被害程度を十分に確認し、タイムリーに専門家を集めて損壊された耕地の修復措置を研究し、家庭別に方法を取って被災者の生産復興を指導しなければならない、と要求した。

  その後、劉国中氏は座談会を開催し延辺州の災害後の復興状況を聴取したとともに、「突然の洪水と冠水災害に直面し、延辺州の党、政府、軍隊、人民は一丸になって困難を克服し、直ちに被災者の避難を手配し、ダムの無損壊、主要な堤防の無損壊を実現した。当面、水害対応と災害後の復興は依然として極めて困難な任務に直面しているため、人を核心にし信念を固め、油断せずに水害を全力で対応し、人民群衆の生命安全を確保することは不可欠だ。具体的対策では、1、被災者の生活を確保すること。引き続き集中的避難、親戚や友人に頼るなど方法を取って、被災者の基本生活を手配し、全力で社会の安定を守る。浸水の家屋に対し、住宅建設部門は専門的力を集めて安全鑑定を実施し、責任を明確にし、危険箇所を消滅し、安全を前提にして被災者の生活を確保する。2、衛生・防疫を強化すること。州、県(市)、郷(鎮)の衛生防疫部門は迅速な人員を集め、衛生・消毒・殺菌、疫病防止など施策を実行し、大災難後の無大疫病を確保する。3、損壊された家屋の修繕を推進すること。県を単位にして一日も早く計画を策定し、補修又は新設を推進する。計画、設計、原料調達など前期準備を進め、工事の進度を加速する。冬に入る前に修繕・再建任務を完了し、被災者の冬生活を保障する。4、水利など損壊施設の修復を加速すること。迅速に危険区域や危険場所を洗い出し、建設任務を完成し、増水期の新災害を十分に対応し、増水期の安全化を確保する。5、公共サービス施設の正常な運行を保障すること。応急修理を強化し、道路、電力など公共インフラの修復を加速し、早急に正常な生活秩序を回復する。6、秩序的に生産復興を展開すること。末端の力を借りて家庭別に災害後の再建方法の研究に協力する。災害の原因で貧困になった家庭に対し、的確な脱貧困の措置を運用する。被災地の企業に損壊された工場建物の修復を支持し、一日も早く生産を回復できるよう努力する。損壊された農地に農作物を再栽培し、損失を最低限に抑制する。民政部門は早急に被害程度を確定し、直ち且つ有効に復興を展開する。資金の支持を拡大し、災害後の復興に力強い保障を提供する」と要求した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド