営商の環境

2020-01-02    JL.gov

公平公正な市場秩序を守る

さらに行政決裁事項を取り消し、放管結合を堅持し、異常審査を防止?是正し、手続き簡略化と権力下放の諸問題を解決する。投資決裁改革を深く推進し、プロジェクト決裁の流れを最適化し、審査を減らし、承認期限を圧縮し、承諾の期限内に承認手続きを完了することを確保する。投資プロジェクトのオンライン審査監督管理プラットフォームを頼りに、ネット上の並列承認を推進する。“非禁即入”と“非禁即準”の原則に従って、インフラや公的事業の特許経営領域を広げる。資金誘致共同会議制度を創立し、重大な誘致プロジェクトの早期定住を推進する。工業企業の電気容量軽減、価格計算一時停止の方法を規範化し、企業の負担を軽減する。「官仲介」、「官協会」を全面的に整理し、管理機能を事業組織あるいは社会仲介組織に移転?分解して有償サービスを行ってはならない。行政処罰、行政許可、行政確認、行政強制、行政徴収、行政検査、行政給付、行政奨励などの行政的行為の裁量権を全面的に細分化し、明確な数量化基準を制定する。

 

政府のサービス能力とレベルを高める。初回相談責任制、一度告知制、AB交替制、完了時間限定制と否定審査制を確立し、作業手順を規範化し、厳格なサービス標準を完備する。信用建設を各級政府の業績評価システムに組み入れ、信用評価の重みを増やし、信用喪失行為に対して厳しく調査し、不信政府の主要な指導者に対して通報批判を行う。企業(プロジェクト)の着地追跡サービスを強化し、企業の融資ローン、生産配置及び子女入学などの面の実際的な困難を調整?解決し、企業の後顧の憂いを解決する。省の中小企業発展サービスセンターを頼りに、各種の公益サービスを完備し、中小民営企業の創業、革新に技術面の支援と専門化サービスを提供する。

 

ソフト的環境の監督体制を構築

各企業では毎年1回のソフト環境関連部門に対する評議を展開し、評議結果を公表する。目標を達成しない部門に対して省委員会と省政府が通報批判を行い、そして部門の主要な指導者に対して勧告談話を行い、2年連続で評議目標を達成しない場合は、状況に応じて主要な指導者を異動や解任、左遷などの処罰を行う。ソフト環境建設指導グループと事務室を設立し、省レベルでは省委員会書記と省長が責任者を務める。

 

生産サービス能力を強め

政府委託、サービス購入などの方式を通じて、政策の実行、産融協力、人材支援、革新興業、市場開拓などのサービスを深く実施し、政策調整、市場ドッキング、政府援助などのサービス機能を強化し、中小企業に1対1や、個性的で正確なサービスを提供する。

 

政務サービスのレベルを向上

「インターネット+政務サービス」を実施し、「一度だけ手続きを」改革を推進し、「オンラインコンサルティング、ネット上の手続き、証明書の宅配便配達」の「ご来庁ゼロ」システムを実現し、仕事の流れを簡略化し、企業の制度的取引コストを確実に下げる。重大な建設プロジェクトに時間を最大限稼いで、環境評価審査の段階に入った建設プロジェクトについて、決裁のスケジュールとプロセスを明確にして、重大プロジェクトバンクに組み入れられた建設プロジェクトについて、“三つの先行”サービスをよく提供し、直通とVIP通路制度を実行して、環境評価書類受理や技術審査、審査批准などの面で、承認の流れを最適化し、審査時間を短縮する。