ホーム>投資>投資環境>投資環境 T   T   T
独特な地理地形
2015/07/04     出所:
     地理位置    
  北東アジアの地理中心に位置する吉林省では、中国東北地域の中心地である。東経121°38′~131°19′、北緯40°50′~46°19′の位置で、東西方向の総長は769.62km、南北方向の総幅は606.57km。北部には黒竜江省と隣接し、南部には遼寧省、西部には内モンゴル自治区と接す。東部にはロシアと接し、東南部には朝鮮民主主義人民共和国と図們江、鴨緑江を界にし隔てる。

  国境の近海に位置する吉林省では、国境線の総長は1438.7km。内訳は、中朝国境線の総長1206km、中ロ国境線の総長232.7kmだった。吉林省の最東端に位置する琿春市から日本海まで15kmだけ離れ、ロシアのPoset Bayまで4kmだけ離れている。

地形地形

  吉林省の地形形態は大きな相違があり、地形は東南から西北に傾き、全体的に東南部が高く、西北部が低いという特徴が顕在化となっている。中部大黒山を界にし、東部山地と中西部平原という2大地形区に分けられる。東部の山地は長白山の中低高度の山岳地帯と低高度の山丘地帯から構成し、中西部の平原は中部の台地平原区と西部の草原、湖、湿地、沙地区から構成される地形種類は主に火山地形、浸食・アブレーション地形、沖積層、沖積平原地形として存在している。大黒山、張広才嶺、吉林哈達嶺、老嶺、牡丹嶺などが主要な山脈として聳えている。主要な平原は、松遼分水嶺を界にし、北部に松嫩平原、南部に遼河平原に分かられる。吉林省の総面積の中、火山地形は8.6%、流水の地形は83.5%、湖の地形は2.6%、風砂地形は5.2%を占める割合である。

気候特徴

  吉林省は中緯度ユーラシアの大陸東側に位置し、温帯大陸性のモンスーン気候に属し、冬は長くて寒く、夏は熱くて雨が多く降り、春は乾燥され風が強く、秋は涼しくて快適な季節で、四季はっきりしている。東南から西北に多湿気候から半多湿気候に移行し、気温、降水、温度、風、気象災害などは顕著な季節の変化と地域の相違があり。年平均気温は2℃~6℃で、山地が低く、平原が高いなど特徴がある。冬季の平均気温は-11℃以下、夏季の平原平均気温は23℃以上。一年中の気温差は3542℃で、1日の平均気温差は1014℃。一年中の無霜期は100160日。長年の平均日照時数は22593016時間。年間の平均降水量は400600mm、しかし季節、地域によって違うが、大部分の地区は降水量の80%が夏季に集中します。特に東部の降雨量は最も多い。気候の異常がない場合は、光、熱、水など条件は農作物の成長を満たされる。

  201572日に更新)

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド