ホーム>投資>投資環境>特恵の政策 T   T   T
外資を吸収する政策

  ★国家級の経済技術開発区、ハイテク産業開発区の生産性外資企業とハイテク企業、企業所得税を15%減らして徴収する。長春、琿春の生産性外資企業は企業所得税を24%減らして徴収する。その中、技術が密集して、知識集約型、外資は3000万ドル以上で、かつ投資の回収時間長いプロジェクト、エネルギー、交通、港の建設プロジェクト、関連部門からの許可を得た後、企業所得税を15%減らして徴収する。  

  ★経営期間が10年以上の生産型の外資企業は、「利益が出る年からの二年間に、企業所得税を免除する。その後に、三年間半額で所得税を徴収する」優遇政策を享受する。  

  ★国家は外資企業、現行の税収の優遇政策に満期になった後の3年内に、企業所得税を15%減らして徴収する。  

  ★農業と林業と牧畜業の外資企業が税金の減免政策を享受して、満期になった後に、国家から許可を得た場合は、10年間以内に企業所得税を15%~30%減らして徴収すること。  

  ★先進技術を持つの外資企業による、納税減免を受けた後に、企業所得税を半分に徴収することを3年間に延長できる。  

  ★外資企業の製品輸出ことによる、税金を減免する。具体的に当年の輸出額は当年の売上高の70%以上のに達す場合は、企業所得税を半分減らす。すでに企業所得税の15%税率によって、上述の条件に合う企業が、10%の税率によって、企業所得税を徴収します。  

  ★外資企業で外国投資家は企業から得る利潤は、直接にこの企業に再投資して、登録資本金を増加して或いは資本金として投資して、その他外資企業を創立して、経営期間を5年より少なくて、再投資部分からの企業所得税の40%を還付する。  

  ★外資企業及び外国企業が設立した生産、経営の機関や場所に開業してから、年度の損失は來年度に所得税の所得で補助できる、年々続いて補助できて、最も長く5年間以上に超えしてはならない。  

  ★他省の外資企業が本省に更投資して、外資の割合が25%に達する以上の場合に、外資企業の待遇を享受する。  

  ★独資あるいは合資企業が、都市のインフラと公益の事業とエネルギー、交通、水利プロジェクトへ投資する場合は、行政配当の方式で国有土地使用権を得られる。  

  ★「第10カ五年計画」の期間、譲与の方式で国有の土地使用権を得て、土地譲渡料、土地の借賃金を納入する期限を延期する。  

  ★外資による農業と畜産業と漁業プロジェクトへの投資が、借賃の方式で生産用地を用いる場合は、前5年間の土地の借賃金を免除して、第6年目-第10年目の期間に半分に減らす。  

  ★吉林省で長白山の生態投資、食料資源の開発、養殖と加工プロジェクトを育成する;休耕及び造林や造草、天然林の保護などの国家的な重点生態工事の後続産業の開発プロジェクト;節水灌漑の技術開発と応用プロジェクト;ニッケルの鉱山を探査開発プロジェクト;漢方薬の動植物材料資源を開発プロジェクト(国家の保護に入れる資源が除き);オイル?シェールの資源総合利用プロジェクトを開発する;自動車部品の製造プロジェクト;大きい規格のフリーボード、超高仕事率石墨電極と特殊石墨の開発プロジェクト;都市は暖房提供、天然気提供、排水管ネットの建設、経営プロジェクト(大中都市の中国側が株を所有し経営);氷と雪の観光資源開発とスキー場、経営プロジェクトを建設する;観光地及び一連の設備建設、保護と経営プロジェクト;道路の旅客輸送プロジェクトなどの十二方面から外国商人投資プロジェクト、「外商投資産業指導目録」に基づきそれぞれの優遇措置を恵まれる。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド