ホーム>投資>投資環境>特恵の政策 T   T   T
外資は国有企業が買収合併を励ます

  ★外資が国有企業を買収合併し、転換改造の過程で、国有商業銀行は許可を得て、柔軟な手段で企業の不良資産を処理、自主的に企業簿記表外の借金利息を減免することができる。 

  ★外資に買収合併、資本参加など多種な方式で国有企業改造すること、又は企業所有権制度を改造に参与することを激励する。外資は国有企業を買収合併することに対して、関連規定による、金融資産管理会社が資産の再建及び処置配当の権利を与える、一般に外資の割合高は25%のを達成又は以上の場合、優遇政策の種類による、外資が投資項目の政策を享受する。 

  ★国際公約の規則による、外資投資ファンドは金融資産管理会社及び国有商業銀行の不良債権、株権を買収することは許可する、そして買収した資産に対して資産の再建及び処理することができる。 

  ★外国投資家が国有企業を買収·合併する、転換改造する時に、国有企業の諸原因で、未納の税金に対する、完納できない場合は、規定に基づいて、関連部門から許可を得た後、免除することができる。 

  ★外国の投資家が国有企業を買収·合併した後に外資企業を設立して、合理的な減員する場合は、元従業員の安置及び再就業などは国有企業と同じ政策を享受する。 

  ★外国の投資家が国有企業を買収·合併する場合に、その資産評価は国際公約の評価方法を参照することができて、資産の取引価格が資産の評価結果に基づいて、確定すべく。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
服務ガイド