ホーム>投資>投資機会>重点な産行>自動車及び部品製造業 T   T   T
松原市自動車自動コントロールシステム部品生産プロジェクト
2016/09/20     出所:

 

 

1. プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

自動車ハーネス及び自動車電子コネクタは自動車電気回路のネットワークの主体である。ハーネスがなければ自動車電気回路が存在しない。ハーネスは銅材よりプレスされた接点端子とワイヤケーブル圧入して外面に絶縁体圧入または金属ケースなどを付ける。それからハーネスより連結電気回路のパッケージパケージを製造した。ハーネス産業チェーンは電線ケーブル、コントローラー、加工設備、ハーネス製造及び下游応用産業を含む。ハーネス応用は非常に広い。自動車、家庭用電気、コンピューターと通信設備、各種電子機器メーター等方面に使われている。

本プロジェクト製品は松原市及び吉林省の車両企業に整備した自動車自動コントロールシステム部品及びサービスを提供することができる。

1.1.2 市場前景

2015年中国自動車生産販売台数は2500万台を超えた。統計によると、これから中国自動車産業は国内GDP增幅より高いレベルで増加している。これは中国がグローバル自動車部品メーカー競争の目標市場になっている。また、多国籍会社は部品業界中の労働密集型製品は低原価国家と地区へ大量転換している。中国労働力原価低い競争優勢で国外の部品メーカー中国の生産基地へ転換することは最適の選択である。これは自動車部品の一つである自動車自動コントロールシステム部品供給産業にも巨大な市場を得られる。

国内自動車保有量は2015年に6700万台に達した。国務院発展研究センターの最新予測では2020年に13103万台に達する。国内自動車市場の長期発展は自動車自動コントロールシステム部品産業の発展のために基礎を造りました。現在、わが国自動車部品の発展は下記の四大傾向がある。1.国際産業転換加速し、再編は非常に活発である。2.自動車部品企業では積極的にシステム化開発、モジュール化製造、集約化部品供給、自動車部品産業集群化発展などの特徴は著しい。3.部品グローバル化調達はブームになっている。しかし、これからの一定期間内ではわが国は輸出と国際化をメインリズムになっている。自動車部品産業組織構造の変化によりますます多くの車両工場は部品グローバル化調達を実施する。

本プロジェクト製品は松原市及び吉林省の車両企業に整備した自動車自動コントロールシステム部品及びサービスを提供することができる。同時に自動車アフタサービスメンテナンスと整備市場を主要販売市場として市場を徐々に開拓して行く。発展前景が広い。

1.1.3 技術分析

本プロジェクトは国際先進技術を採用し、全自動知能材料投入圧入設備、超音波溶接機、TSK回路検査計測台、画面検査機器等があるので、有効に製品生産性を向上することができる。生産され田ハーネス製品は信頼性と耐久性が高い。同類製品の多品種生産の需要に満足できる。製品の市場変化対応能力がある。

1.1.4 プロジェクト建設の有利条件

1)政策条件

寧江区投資環境が優越である。区委、区政府は「投資者、地方経済及び庶民「三勝ち」の原則で、投資環境の治理に力を入れ、極力、投資者に親しい、安心させ、サポートさせ、儲かる社会雰囲気を造る。絶えずに投資軟環境を優化する。区委、区政府は前後それぞれ《松原市寧江区投資者誘致資金導入優恵政策》、《松原市寧江区投資者誘致資金導奨励方法》等一シリーズの優恵政策を出した。その外、投資者誘致資金導入免許サービスについて投資者に「一駅式」優質、熱情、行き届いたサービスを提供する。重大投資プロジェクトと産業促進力大きいプロジェクトに対して「重大プロジェクト、一事一議」の原則で更なる大きな優恵と更なる全面的な優質サービスを提供する。

2)区位優勢

松原市寧江区は松遼平原腹地にある。資源は豊富である。吉林油田所在地である。また大慶油田と川を隔てて望み合っている。「油城、食糧倉庫、肉倉庫、の郷」の美誉がある。寧江区は吉林、黑竜江、内モンゴル三省地区の結合部にある。長ハ経済の真ん中にある。吉林省より企画される中部都市群の一つである。また黑竜江ハ大斉工業経済の廊下に近い。東北三省とモンゴル自治区814県の重要交通中枢と物流センターである。輔射人口は3100万弐達している。境内には五本鉄道と六本国省幹線道路がここを通過している。市区から出発して120分間で長春或はハルビン空港に到着できる。良好な区位優勢と豊富な資源優勢がある。

3)技術優勢

本プロジェクトは全自動材料投入圧入設備、超音波溶接機、回路検査計測台、画面検査機器等の先進技術優勢がある。製品生産は国際先進技術を採用し、全自動知能材料投入圧入設備、超音波溶接機、TSK回路検査計測台、画面検査機器等があるので、有効に製品生産性を向上することができる。生産され田ハーネス製品は信頼性と耐久性が高い。同類製品の多品種生産の需要に満足できる。製品の市場変化対応能力がある。

4)人材優勢

園区には大量優秀企業が入居され、一陣のレベル高い従業員と研究開発専門家がいる。同時に園区の日増し発展につれ、もっと多くの関連専門家と技術者が入居するに違いない。プロジェクト製品の生産技術と工程発展に協力いたします。松原職業技術学院は原吉林師範大学松原分院、吉林油田職工大学、松原農村成人高等専科学校などの三つ学校より再編して設立された。プロジェクトのスムーズ実施のため多くの関連技術人材を養成している。

5)産業優勢

吉林省には優れた自動車業界優勢がある。本地区と結合して特に寧江区の区域優勢と結合して自動車自動コントロール部品の需要量が大きい。一方、寧江区インフラーは整備されている。都市農村道路のネットワークはクロス貫通している。サービス施設は省にされている。ホテル、酒店、娯楽施設も整備されている。現代科学技術通信ネットワーク、金融機構は世界と同期に発展してる。都市の水供給、電気供給能力が強い。十分に大型工業プロジェクトの電力需要に満足できる。自動車及び関連業界の発展潜力は大きい。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1 製品方案及び規模

プロジェクトは年間生産各類自動車ハーネス2000万セット余りがある。自動車電子コネクタは8000万セット生産することができる。射出成型ショップは10トン—30トン射出成型機100台余りがある。年間各種類プレス端子25億本を生産し、コントローラーショップでは30台あまり全自動針圧入機がある。年間生産針圧入式コントローラー2億本を生産する。

1.2.2 建設内容

プロジェクトの敷地面積は50000平方メートルである。建築面積は38000平方メートルである。その内、生産ショップは28000平方メートルであり、研究開発センターは2000平方メートルでり、物流倉庫は7000平方メートルであり、事務と従業員宿舎等は1300平方メートルである。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

1.3.1 プロジェクト総投資(詳細は表1による)

1        プロジェクト総投資まとめ一覧表             単位:万元

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

1

建設投資

13000.00

65

 

2

建設期利息

 

 

資本化利息

3

流動資金

7000.00

35

 

 

プロジェクト総投資(1+2+3

20000.00

100.00

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標

2              主要財務效益予測指標一覧表         

番号

名称

単位

指標

備考

1

営業収入

万元/a

51800

正常年

2

利益総額

万元/a

10000

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

30

所得税後

4

財務正味現在値(Ic=10%

万元

32500

所得税後

5

全部投資回収期(税後)

a

5

建設期2年を含む

6

投資利益率

%

37.50

所得税後

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4.2 社会評価

国内自動車産業は迅速に発展している。吉林省、市政府重点的に自動車産業発展を支持する下で、本プロジェクト建設後、公司製品の市場競争能力を向上し、企業の発展を加速することができるし、原市自動車関連業界と全区経済の発展を即死することができる。そして社会に就業チャンスを提供し、社会効果が著しい。現在販売情勢と生産技術及び原材料供給情況から分析すると、本プロジェクト技術は先進、信頼でき、工程も成熟である。製品品質も保障できる。市場前が広い。高付加価値がある。国家投資政策に符合しいる。生産必要な原輔助材料が十分である。販売ルートも多様化である。資金回収も保障できる。経済利益が著しい。同時に本プロジェクトは科学的に環境保護問題を解決しているので、環境がない。社会効果が著しい。

1.5 プロジェクト合作方式

合資、その他方式は面談可。

1.6 外国側投資必要方式

資金、その他方式は面談可。

1.7 プロジェクト建設場所

松原市寧江区雅達虹工業集中区。

1.8 プロジェクト進捗状況

プロジェクトはすでに立案された。現在前期作業とプロジェクトFS作成済み

2. 合作側簡単紹介

2.1 基本情況

名称:松原市寧江区雅達虹工業集中区

場所:吉林省松原市城区東北部

法人代表:孟祥和(法人代表)

2.2概況

雅達虹工業集中区は20036月に松原市人民政府批准により成立され、20059月省級工業集中区をアップした。総企画面積は28.2平方キロメートルである。スタート区はインフラ投資1億元を投資した。硬化路面は30キロメートルであり、給排水施設は34キロメートルであり、変電ラインは18キロメートルである。2000個容量プログラム制御電話番号ラインとワイトネットラインを据え付けた、各インフラ整備されいる。「七通一平」基準に達した。雅達虹工業集中区設立以来、「高いスタート点を企画して高い基準を建設している。高品質のサービス、高効率管理」の方針を堅持している。 「思想最も解放、政策最も優れている。システム最も柔軟でり、発展最も迅速である」理念を堅持し、 「統一企画、ステップ分け実施、ロール発展」の方針に従い、機能整備、産業集群、特色突出の発展建設考え方で、油田産業を主導して重点的に機械加工、石油化工、生物製薬、新型建築材の四大柱産業を発展する。一流レベル工業集中区を建設し、区域経済核心競争力を増強する。数年間の開発建設により雅達虹工業集中区はすでに寧江区プロジェクト開発と投資者誘致資金導入の重要キャリアになった。全区各類民営企業集約のプラットホームを推進して新しい最も潜在力のある経済増長点になった。省政府より吉林省「十一五」重点発展の特色園区に列記された。

2.3 連絡方式

プロジェクト単位連絡係り:劉 

連絡電話:0438-3183311

ファクス:0438-3183388

イメール:syll20040801@126.com   

プロジェクト所在市(州)連絡方式

連絡機構:経済技術合作局

連絡係り:韓柏

連絡電話:0438-2706617   13514384757

ファクス:0438-2706617

イメール8705503872qq.com

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド