ホーム>投資>投資機会>重点な産行>自動車及び部品製造業 T   T   T
白城市年間5万台電気自動車生産プロジェクト
2016/09/20     出所:

 

 

  1.プロジェクト簡単紹介

  1.1プロジェクト建設背景

  1.1.1製品簡単紹介

本プロジェクトで生産する電気自動車種類は4人乗り電気乗用車、2乗り電気乗用車、電気トラック、電気バス及び電気農用車である。

  1.1.2市場前景

中国新エネルギー自動車のスタートは比較的遅い。20054月、国家発展改革委員会「車両生産企業及び製品公告」は東風自動車会社のハイブリッド客車に第一枚のビジネス自動車参入許可証書を発給し、2005年末に一汽トヨタのハイブリッド動力自動車プリウスへ第一枚の乗用車市場参入許可証書を発給していて、中国新エネルギー自動車及びハイブリッド動力車種をメインとした市場が正式に起動された。関連政策の刺激及び北京オリンピック、広州アジア大会等新エネルギー自動車のモデルイベントの牽引の下、中国新エネルギー自動車市場は一定の発展を遂げた。中国自動車協会データによると、2014年のわが国で生産した新エネルギー自動車数は13552台で、販売した新エネルギー自動車数は13791台である。2015年純電気自動車の生産と販売数は前年と比べそれぞれ98.8%と103.9%成長し、直近三年の年平均成長幅は70%に達し、強い勢いを見せ付けた。しかし、全国自動車の清算と販売の1927.18万台と1930.64万台と比べると、この数字はわずか0.1%にも達しておらず、潜在力の大きさを見せ付けた。2009年初、中国政府は「十城千両」工程を起動した。工程の主な内容は、財政補助の提供を通じて、3年ぐらいの時間で、毎年10個の都市を発展させ、一つの都市毎に1000台の新エネルギー自動車でモデルイベントを開催する。モデル推進普及のイベントに恵まれ(客車は最初に普及を獲得した車種)、現在、客車は国内で実際販売量が最も多い新エネルギー車種となった。企業用新エネルギー自動車、個人用車(乗用車)等車種と市場は未だに起動段階に処していて、未来的には比較的大きい発展空間を有している。ハイブリッド動力自動車は純電気自動車と燃料電池自動車より技術が成熟し、コストが更に経済的で、獲得した上場許可が最も多い。現在、中国新エネルギー自動車の主流製品はハイブリッド自動車である。純電気自動車は近年になってから成長が速く、燃料電池自動車は研究開発、実験段階に処していて、一般的にモデル工程に投入しており、価格が高く、市場化販売は形成されていない。

  深圳では現在15本モデル交通路線を開通された。244台ハイブリットカー交通バス、50台純電気タクシーは相次き運営中である。今年年末にまた850台ハイブリットカー交通バスと100台純電気タクシー相次いで使用し始めている。これから2年間全市で各種類新エネルギー自動車3.4万台を投入する。その内交通車4000台で、タクシーと公務車各2500台で、自家用車25000台である。二年後、電気自動車保有量は自動車保有量の1%を超える。これは深圳は世界で最も多く電気自動車年になり、電気自動車時代の到来したとも言える。

1.1.3プロジェクト建設必要性

1)大気汚染から分析

  我が国大都会の大気汚染は無視してはいけない。自動車排出は主要染源の一つである。我が国はすでに16都市はグローバル大気汚染最もひどい20都市に列記されている。我が国の現在の1人当たり自動車保有量は1000人当たり10台自動車であるが、石油資源不足のため、每年数千万トン石油輸入になっている。経済発展につれ、例えば中国1人当たり自動車保有量はグローバルレベル——1000人当たり110台自動車になるとき、我が国自動車保有量は10倍の速度増長する。石油資源輸入は大問題になるので、我が国発展電気自動車研究開発は臨時の短期間の措置ではなく、意義重大な長期的な戦略である。

2)省エネ排気低減の角度から分析

電気自動車の研究開発はそのエネルギー効果はすでにガソリン自動車を超えた。特に都会で走行時、自動車は走ったり止まったりして速度は速くないので、電気自動車はとても適切である。電気自動車停車時、電気を消耗されない、ブレーキ時、電気モーターは自動にジェネレーターに転換し、ブレーキ減速時エネルギーリサイクルを実現できる。一部分の研究によると、同じ原油は荒錬より電気向上へ発電され、電池に充電してさらに電池より自動車を駆動する。その其エネルギー利用効率は精錬よりガソリンに変換し、さらにガソリンより自動車駆動より高いので、省エネと二酸化炭素减少に有利である。

3)使用原価から分析

純電気自動車はオイルタンク、エンジン、トランスミッション、冷却システム及び排気システムを節約でき、伝統自動車の内燃ガソリンエンジン動力システムと比べて電気モーターとコントローラーの方が原価はさらに低い。かつ、純電気自動車エネルギー転換効率が更に高い。電気自動車のエネルギー出所——電気であるから、大型のジェネレーターユニットから来るので、その効率は小型ガソリンエンジンさらにハイブリットカーエンジンはなかなか比べられないのである。純電気自動車の使用原価が低い。BYDより公表したF3e純電気自動車のデーターによると、百キロメートル走行電気は12度で、0.5元の価格で計算すると、百キロメートル使用原価は6元だけである。一方、原型車F3ガソリン車の百キロメートル消耗は7.6Lで、現在7.35元の価格で、原価は55.86元である、比べると、電気自動車の使用原価は伝統ガソリン自動車の八分の一である。

電源は采用リン酸鉄リチウム電池で、電池寿命は7-8年である。本プロジェクトは例えば電気自動車使用7後電池交換後さらに7年(燃料自動車廃却年限は14年計算、電気自動車と燃料自動車使用年限同等)を使う。価格は一般的に每組40000元で、年償却原価は5714元である。5714元燃料車は10229キロメートル走行サポートできる。電気自動車10229キロメートル走行すると、1227.48度電気消耗し、一度電気の価格は0.5元で、使用原価は613.74元である。電気自動車10229キロメートル走行の総原価は6327.74元である。長期的発展の眼から見ると、電気自動車はガソリン自動車より更に省エネ・エコである。なので、電気自動車がガソリン自動車を代替するのは必然的歴史発展趨勢である。

  1.1.3 プロジェクト建設の有利条件

  1)産業基盤优势

白城は歴史が長い自動車部品供給産業城である。二十社あまりの自動車部品生産メーカーがある。製品供給カバー率は広い。供給できる部品の種類は揃っている。主要製品及び種類は千種類以上に達している。すでに「一汽」等多く自動車生産メーカーと密な産業チェーンをつながっている。「吉林省自動車部品供給基地都市」と呼ばれている。

  2)区位優勢

開発区は白城市区の一部分で、東部は鎮賚県、大安市と隣接され、南部、西部は洮南市と隣接され、北部は内モンゴル古自治区安盟と隣接されている。境内には平、長白、白阿、通譲四本幹線鉄道とG302琿烏線国道、S219双線省道(原S207)を通して、東西通、南北縦横の鉄道道路の交通ネットワークを形成している。モン東地区の交通枢型の重要な町である。全区「村村通」等級道路総距離は1136.6キロメートルに達し、100%の行政村と 76%の自然屯通等との道路貫通を実現した。全省県(市、区)中で前の処である。

3)サービス環境優勢

開発区は積極的に信政府を造り出す。投資者に良好な投資環境を提供している。一駅式の事務と一竜のサービスを実施していいる。一つプロジェクは初めから最後まで請け負い、一つ企業ソフト間九お経営運営体制を保証している。すべてに力で投資者誘致、投資者安排、投資者安定及びビジネスメーカーに利益を譲るサービスを提供する。白城経済急速発展を推進する。開発区幅は171平方キロメートルで、区内土地資源は豊富である。プロジェクト建設土地徴用の難度は大きくない。

 (4) 電力資源優勢

白城市では現在火力発電工場は一つある。ユニット容量は2×66万KWである。プロジェクト大規模電気必要に満足である。白城地区風力資源は豊富である。風力発電工場はすでに規模化発展趨勢になっているので、本プロジェクトは電力資源条件方面で大きな優勢がある。

 (5) 政策条件

20106月、財政部等の多部委より連合的に《個人新エネルギー自動車購入手当付きの試行の通知通知》を公布した。上海、長春、深圳、杭州及び合肥等5都市で個人新エネルギー自動車購入時手当付きを確定した。《通知》では中央財政より試行都市で個人購入、登録及びソケット式ハイブリットカー乗用車と純電気乗用車一括に手当付きと明らかにした。手当基準は動力電源電池ユニットエネルギーより決める。サポート条件に満足した新エネルギー自動車に対し3000/KW時間で手当を与える。ソケット式ハイブリットカー乗用車は一台最高手当は5万元であるが、純電気乗用車は一台最高手当は6万元である。

吉林省は我が国重要な自動車生産基地である。「十二五」期間中ニ大力に新エネルギー自動車を発展し、20万台生産能力形成を計画する。このようなプロジェクトは国家政策及び資金支持をもらいやすい。

  1.2建設規模及び製品方案

1.2.1製品方案

年間電気自動車50000台を生産する。本プロジェクトは電気自動車は4人乗り電気乗用車、2人乗り電気乗用車、電気トラック、電気バス及び電気農業用車.

1.2.2建設内容

プロジェクト敷地面積は20万平方メートルである。工場建屋80000平方メートルを建設シ、5本電気自動車生産ラインを購入し、プロジェクト建設完了後、年間電気自動車50000台を生産する。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

1.3.1 総投資予算(詳細は表1による)

本プロジェクト総投資は145810万元である。その内建設投資は110570万元であり、流動資金は35240万元である。

1          プロジェクト総投資一覧表                  単位:万元

番号

費用名称

投資額

投資額で占める割合%

備考

1

建設投資

110570

77.68

 

2

建設期利息

 

 

未考慮

3

流動資金

35240

22.32

 

 

プロジェクト総投資

145810

100.00

 

説明:表の中の「万元」は全て人民元である。

1.3.2資金調達

本プロジェクト総投資は145810万元である。すべて投資企業より自己調達する。

  1.4経済利益及び社会効果予測

 1.4.1主要経済利益予測指標(詳細は表2による)

  本プロジェクト建設完了後。年間販売収入480000万元を実現スル。業税金及び附加価値は880万元である。増値税は8810万元である。企業所得税は8970万元である。純利潤は26940万元である。投資回収期5年。

2                主な経済利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

営業収入

万元/a

480000

正常年

2

利益総額

万元/a

35910

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

21

所得税後

4

財務純値(Ic=10%

万元

42500

所得税後

5

全部投資回収期(税引後)

A

5

建設期1年を含む

6

投資利益

%

19

所得税引後

  説明:表中「万元」はみな人民元

  1.4.2社会効果

本プロジェクトの建設を通じて、現地の地方建材発展を牽引し、就業人数を増やせられる。

  1.5合作方式

  独資。

  1.6外国側投資方式

  資金、ほかの方式は面談してもいい。

  1.7プロジェクト建設の場所

  白城経済開発区

  1.8プロジェクトの進捗状況

  プロジェクト建議書作成済み。

  2.合作側簡単紹介

  2.1基本状況

  単位名称:吉林省白城経済開発区管理委

  法定場所:白城市幸福南大街88号開発大厦1009

  2.2 単位概況

白城経済開発区は19982月に省政府批准により設立した省級経済開発区である。白城市市街区に隣接している。2010年、経済開発区拡大発展で区域面積は4平方キロメートルから171平方キロメートルへ拡大した。10年余りの発展によりアメリカデルファイパッカード、中電投、金事達電気、中一精鍛、通業機械、四季盛宝、金石工貿、広西玉林製薬及び中国国薬集団等の内外企業よりそれぞれ開発区に入居して新プロジェクトを建設し投資している。経済開発区は自動車部品、石炭電気、紡績、医薬などの四大主導産業は同時起動の良好情勢を形成している。経済開発区拡大建設後、重点的に「六个産業園区」 を建設して新プロジェクトを建設している。つまり自動車部品と改装車産業園、石炭電気と新材料産業園、生物と製薬産業園、紡績と服装産業園、商業貿易と物流産業園及び文化創意産業園である。継続的に投資者誘致資金導入プロジェクトを堅持し「一駅式」、全プロセスサービスと無距離、無障害、無期限サービスを提供し、投資者誘致プロジェクト性質、投資強度、利益情況、就業人数より総合考慮結果、土地、税金等優惠対策で一事一議を与える。

  2.3連絡方式

連絡単位:吉林白城経済開発区経済技術合作局

    所:吉林省白城市幸福南大街88号開発大厦十階

連絡係り:孫樹海  0436-5086035    0436-5086990

ファクス:0436-5086019 

郵便番号:137000 

イメール:bcjkjhj@126.com

ホームサイト:http://www.bcjjkfq.gov.cn

プロジェクト所在市(州)連絡係り:劉林

連絡電話:0436-5081011     13943687990

ファクス:0436-5081011

イメール:bclyj01@126.com

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド