ホーム>投資>投資機会>重点な産行>自動車及び部品製造業 T   T   T
白城市年間230万本コンロッド完成品生産プロジェクト生産プロジェクト
2016/09/20     出所:

 

 

 

1 プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

コンロッド機構の両端はそれぞれ主動と従動構造部品と連結すて伝達運動と力のレバー部品である。例えば、往復ピストン式動力機械と圧縮機構の中で、コンロッドよりピストンとクランクと連結している。多くのコンロッドは鋼材部品である。その主体部分の断面は円形あるいは工字型である。両端には穴がある。穴の中には青銅ブッシュまたはニードルベアリングを組みつけている。軸ピンを入れてリンク構成されている。コンロッドは自動車エンジンの中で、重要な部品である。ピストンとクランク連結されている。その働きはピストンの往复運動をクランクの回転運動に転換され、ピストンに働かされる力をクランクに伝達されて出力を輸出する。

コンロッド作動中、燃焼室ガスより発生した圧力を受けられる外に、縦方向と横方向からの慣性力を受けられる。従いまして、コンロッドは一つ複雑の応力状態の下で作動している。変動の引張と圧縮の応力を受けられるし、曲げ応力を受けられる。

コンロッドの主な損壊される方式は疲労断裂と過剰変形である。通常の疲労断裂の部位はコンロッドの三つの高い応力ゾーンである。コンロッドの作動条件要求ではコンロッドが高い強度都疲労性能を持つ必要がある。あた十分な鋼製と靱性を持たなければならない。

1.1.2 市場前景

2015年、我が国自動車工業は再び良好な業績を造り出した。全国自動車生産販売は2647万台と2567万台でる。同比それぞれ4.6%4.3%を増長した。前年同期よりそれぞれ3.81.9パーセントを向上し、増幅は安定した上で増加している。生産販売は2600万台の歴史最高記録をを突破し再び新しいグローバル記録をクリアした。連続四年間世界№1である。

我が国自動車生産量は連続三年間1900万台を超えた。我が国自動車工業は総生産量高くて安定な発展段階に入った。

2014年、我が国での自動車生産台数は2372.29万台で、同時期比7.26%成長した。販売台数は2349.19万台で、同時期比6.86%成長し、再度史上記録を塗り替えた。しかし、この増速は中国自動車協会が去年初め頃に予測した8%-10%の増速を下回る。

2—1            2000-2013年我が国自動車生産販売台数

年度

生産量(万台)

販売量(万台)

2000

206.8

207.8

2001

234.1

237.1

2002

325.3

324.8

2003

444.3

439.1

2004

507.1

507.1

2005

570.7

575.8

2006

728

721.6

2007

888.2

879.1

2008

934.5

938

2009

1379.1

1364.5

2010

1826.5

1806.2

2011

1841.89

1850.51

2012

1927.18

1930.64

2013

2211.68

2198.41

全体から見ると、この先数年間、我が国における自動車生産量は継続成長を維持し、成長率は保守的に予測しても5%になる。中国自動車業界に基づくと、2015には我が国における自動車生産量は3000万台に達する。その内、1.6L以下のミニ型販売量は160180万台増加し、1.6L以下の自動車販売量は320360万台増加し、全体販売量は480540万台増加する。この一項だけで、コンロッド需要量は2160万本ぐらいを新しく増加する。

自動車市場の需要迅速拡大につれ、全国同業界も投入拡大している。現在自動車市場の発展に満足するために工程改革、設備改造及び製品更新素進めている。主要エンジンメーカーは2009年に小排気量の製品の切り替えを徐々に完成し、自動車部品モジュール化供給方式を実現した。特にエンジン及びOEM供給メーカーも部品卿方式を調整し、エンジン生産メーカーは本当に組み立て工場になり、完璧にモジュール化供給を形成した。例えば瀋陽航天三菱エンジン公司、江淮自動車、重長安、一汽マツダ及び広州本田等都もコンロッドの完成品提供の要求を提出した。

1.1.3 技術分析

コンロッド完成品生産工程は成熟である。白城市には国内知名な生産コンロッドメーカーがある。

1.1.4 プロジェクト建設の有利条件及び必要性

1.1.4.1有利条件

1)白城市は東北重要なエネルギー豊な地区である。更に余剰電力消納の為に国家エネルギー局はすでに白城市を風電本地消納総合モデル区のモデルとして進めている。吉林省はまた関連激励補助政策を提出した。一度当たり電気価格約0.42元である。

2)白城工業園区は洮儿河衝撃扇前縁にある。吉林省地下水の最も豊富な地区ほ一つである。地下水貯蔵量は20.5億立方メートルである。水質が良くて吸い上げやすい。「嫩江から導入し白城に入る」工程のインターフェースは園区にある。毎年、市街区供水は約9000万立方メートルとなり、工業用水は非常に十分である。

3)わが市の石炭年間生産量は40万トンである。洮南万宝石炭資源貯蔵量は9601.4万トンである。白城と隣接のモンゴル東地区では、年間石炭生産量は4000万トンを超え、全市天然ガス貯蔵量は2700億立方メートル以上なっている。

4)わが市には各類類の専門技術者は50000人以上がいる、その内、高級職称者は2000人以上である。また農学院、林科院、農機研究院、牧畜研究院、科学研究所等の科学研究院所がある。白城師範学院では毎年3500人募集している。工学院年間800人を募集している。わが市ではまた20校各職業技術学校がある、87専門を開設している。毎年約7千名の各類の実用技術人材を社会に提供することができる。

5)優良な市場基礎を持っている。発展潜在力は巨大である。吉林省は中国自動車工業の揺籃である。すでに中大型トラック、中高級乗用車、軽型車と微型車等の全シリーズ発展かつ種類揃いの自動車工業システムを形成している。吉林省のビックスリー柱産業の一つである。2012年の完成車の生産販売量186.8万台と185.8万台を実現した。全国前列になっている。

6)本プロジェクト必要な原材料は大連、上海等から購入し、補助材料梱包袋、梱包箱は現地で十分に供給することができる。

1.1.4.2 建設必要性

社会の発展、人々生活レベルの絶えず向上及び科学技術び進歩につれ、自動車産業を促進した。特に軽乗用車産業発展を促進している。自動車市場の需要は迅速拡大している。全国同業界も投入拡大している。現在自動車市場の発展に満足するために工程改革、設備改造及び製品更新素進めている。

軽乗用車エンジンコンロッド完成品プロジェクトはこのような背景の下で投資建設開始した。本プロジェクトを実施すると、一、ボルボ、華泰現代等の自動車OEMに高品質コンロッドを提供し、国内市場の需要に満足でき、国内市場供給と需要のアンバランスの矛盾を緩和することができる。二、生産規模を拡大そ、軽乗用車部品の国産化の進捗を加速し、国産軽乗用車の発展を促進し、国際先進レベルとの差を短縮し、規模経済利益を実現することができる。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1 製品法案及び規模

プロジェクトは年間コンロッド完成品230万本を生産する。

1.2.2 建設内容

本プロジェクトの敷地面積は1万平方メートルである。建築面積は1万平方メートルである。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

プロジェクト総投資は1.35億元である。建設投資は1億元である。

1         プロジェクト総投資まとめ一覧表       単位:万元人民元

番号

費用名称

投資額

総投資占める比例%

備考

1

建設投資

10000

74

 

2

建設期利息

 

 

 

3

流動資金

3500

26

 

 

プロジェクト

総投資(1+2+3

13500

100.00

 

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標

プロジェクト量産達成後、年間販売収入は1.68億元である。利益総額は3375万元である。投資回収期は5年(税後、建設期1年を含む)である。内部収益率は20%である。

2              主要財務利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

販売収入

万元/a

16800

正常年

2

利益総額

万元/a

3375

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

20

所得税後

4

財務正味現在価値(Ic=10%

万元

5397

所得税後

(運営期10年)

5

全部投資回収期(税後)

a

5

建設期1年を含む。

6

投資利益率

%

25

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4.2 社会効果分析

プロジェクトの建設と運営期間中、ローカルの文化教育レベルを促進することができる。関連産業の発展を促進することができるし、就業チャンスと就業人数の増加によりローカルの消費レベルを向上し、経済地発展を促進し、社会の安定を促進することもできる。

プロジェクトの実施はローカル人々の収入と生活レベル向上にも影響している。本プロジェクトの実施は関連産業の発展を促進し、地方財政収入を増加することができる。白城市国民経済レベルにも一定程度に向上することができる。大きく白城市人民の生活状況と品質を変えることができる。

プロジェクトの実施はローカル人民の就業問題も緩和できる。

プロジェクト建設完成後、社会に新しい就業チャンスを提供すると同時にプロジェクトの実施も関連業界の発展を促進し、初歩的に予測では直接に50人就業でき、間接には百人も就業も増加できる。ローカル経済発展に重要な意義がある。

1.5 プロジェクト合作方式

合資(或は独資)、その他の方式は面談可。

1.6 プロジェクト建設場所

吉林白城工業園区

1.7 プロジェクト進捗状況

FS作成済み

2 合作側簡単紹介

2.1 基本情況

プロジェクト受け入れ部署名称:吉林白城工業園区

場所:工業園区洮儿河路1

法人代表:梁子軍

2.2概況

白城工業園区は2005年初めに建設された。201112月に省政府の批准により省級開発区に昇格され、「吉林白城工業園区」という名称に変更した。現在1つ街道事務所を管轄している。常住人口は2万人である。制御区企画面積は118平方キロメートルである。スタート区の企画面積は2平方キロメートルである。スタート区は三期に分けて建設する。その内、一期工事は5.1平方キロメートルであり、二期工事は5.9平方キロメートルである。その他の11平方キロメートルは三期工事で完成する。数年来、白城市委、市政府より全力を挙げて開発建設を進めてきた。工業園区迅速に白城投資者誘致資金導入の一流プラットホームを形成した。プロジェクト建設は最適のキャリアとなり。経済社会発展の重要なエンジンとなっている。

2.3 連絡方式

連絡企業:吉林白城工業園区企業誘致局

連絡係り:林夕夢

連絡電話:0436-3677229   3687011

ファクス:0436-3677231

郵便番号:137000

イメール:bclxm2012@163.com

ホームページ:3856618911450666104000www.bcgyyq.gov.cn

プロジェクト所在市(州)連絡方式:

連絡先:白城市経済技術合作局

連絡係り:劉林

連絡電話:0436-5081011   13943687990

ファクス0436-5081011

イメール:bclyj01@126.com

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド