ホーム>投資>投資機会>重点な産行>自動車及び部品製造業 T   T   T
公主嶺市年間5万台低速電気乗用車生産プロジェクト
2016/09/20     出所:

 

 

 

1.プロジェクト簡単紹介

1.1プロジェクト背景

1.1.1製品簡単紹介

現在電気自転車の発展は基本的に成熟されている。これから数年間リチウム電池より徐徐鉛酸バッテリーを代わって環境保護を進めている。低速電気乗用車はスタートしたばかりである。これから数年間、大きな発展を遂げる。現在、先端、高価格電気自動車製品の価格がある市場がない市場問題を解決するために、有効的に電気自動車現在の技術レベルを利用して、電気自動車発展の大方向を変わらない前提で、優先的に低速電気自動車発展は我が国の国情に符合している。電気自動車に拡大と応用に有利である。

1.1.2市場前景

資源と環境の二重圧力の継続增大につれ、電気自動車発展はすでに未来自動車工業の発展方向である。我が国現在の市場容量と技術レベルからみると、低速電気乗用車は経済性能良く、省エネ、環境保護、資源節約、使用原価低く、充電便利等のメリットがある。二、三線都市の最も経済、最も環境保護、最も進めやすい交通工具である。我が国のグリーン交通実現の戦略選択である。 

積極的に低速電気乗用車発展は長期的な戦略意義がある。現実の立場からみると、低速電気自動車は我が国電気自動車産業化促進、電気自動車大規模消費市場開拓の最適な製品である。長期的な発展からみると、低速電気乗用車の技術レベルアップにより先端電気自動車の核心技術を向上する。国家の省エネと新エネルギー自動車手当政策の発表につれ、我が国の重点的に純電気自動車サポートの戦略は基本的に確定した。現在、市場で販売または市場に投入する純電気自動車の価格はほぼ 15 万元以上である。20万元以上のものもある。国家からの手当を享受しても価格はまだ高い。同時に充電施設不整備及びバッテリーの継続走行距離短い等の問題があるので、企業より「公告」された純電気自動車はなかなか市場で売れない。市場に投入されても消費者に認められない。一方、低速電気乗用車が安価かつ実用であるので、多くの消費者の人気を呼んでいる。山東、江蘇、河南、浙江及び河北等の一部分の城鎮では省エネ環境保護低速純電気自動車の販売は一定の規模を形成している。保有量も日増しに増長している。

主に二三線都市のユーザー向けている。一、電気自転車、オートバイレベルアップとモデルチェンジユーザーである。二、城郷結合部及び都市従業員の消費層である。従いまして、重点的に製品の技術性能を検討し、十分にその使用の信頼性、経済性、安全性及び整備便利性を考慮する。走行動力需要、走行距離需要及び快適性需要に満足しなければならない。設計と生産段階では十分上記の要素を考慮しなければならない。また、製品の互換性、凡用性及び標準化系数を考慮しなければならない。目的は企業迅速発展及び異なるユーザーの需要に応じるためである。

低速電気自動車と普通高速電気自動車と比べて、原価は比較的に合理であり。経済、便利及び技術は適用である。市場も成熟であり、明らかな優勢がある。

低速電気乗用車の主なメリット

 

他の自動車と比較

メリット

原価合理性

良い

価格低い。迅速普及できる

使用経済性

良い

電気消耗少なく、整備便利、使用原価低い。

使用便利性

良い

操作便利、充填設施要求低い。

技術実用性

良い

現在電気車部品発展レベルに適する。

市場成熟度

良い

市場需要多い。発展潜在力が大きい。

低速電気乗用車の販売価格は2-5万元である。政府の財政の手当がなくても迅速普及と拡大できる。低速電気自動車百キロ当たりの電気消耗量15kWh以下制御でき、キロメートルの電気価格は極めて低い。

1.1.3 技術分析

ローカル企業は特許生産技術がある。主な技術指標は下記の通りである。

 

指 標

備  考

モーター出力

3-4KW

 

電圧

60-75V

 

百キロ電気消耗

10

 

限流

(140-270)±5A

 

時速

70Km/h

 

継続走行距離

100-150km

超電気容量追加すると300kmに達成

百キロ当り総合費用

15.2

燃料車の1/4

エネルギー利用率

17.8%

省エネ7.5%

1.1.4プロジェクト建設の有利条件及び必要性

1)政策条件

本プロジェクトは国家産業政策に符合している。国家発展改革委員会の《産業政策調整指目次》「激励類」プロジェクトに属し、国務院より発表された《国家中長期科学と技術発展企画綱要》優先発展範囲に属する。国務院より発表された《科学技術サポート働きを発揮し、経済安定迅速発展促進の意見について》を迅速発展内需拡大の製品シリーズとする。優先的に低速電気乗用車発展は我が国新エネルギー自動車戦略企画に符合するし、先端電気自動車の発展に抵抗がない。我が国自動車市場需要に消費層が多い。優先的に低速電気乗用車発展は段階性の策略である。

2)区位優勢

吉林省公主嶺市は全力を挙げて自動車部品産業の先端化、専門化、集群化方向へ転換とレベルアップを促進し、十分に自動車及び部品の省級特色工業園区の企業とプロジェクトのプラットホームを活かす。公主嶺市特種車工業園区のスタート区面積は2平方キロメートルである。東は長春市緑園区西新経済開発区の新開河隔てて望み合う。南は一汽産業技術開発区、公主嶺経済開発区と隣接している。長春一汽の後花園である。地理位置は極めて便利である。自動車企業発展に有利である。省道長鄭道路と企画建設中の長深高速道路はここを経由している。102国道と京ハ高速より12キロメートルである。長春西高鉄駅より20キロメートルである。恵まれる独特は区位交通優勢は園区建設に広い発展スペースを提供している。

3)技術人材優勢

公主嶺市は積極的に対外人材募集のルートを開拓する。プロジェクトよる人材募集、園区による人材募集引、基地による人材募集、会議展開によ人材募集、依頼による人材募集、ヘッドハンターによる人材募集、及びメディアによる人材募集の多方式で自動車と石化部品供給企業の人材導入を支持重点として、有効の高いレベルの創新人材優遇政策を実施し、高いレベルの人材に奨励する。特別必要の重要な人材に一人一策、一事一議を実行し、特殊の支持政策を与え、有効的に人材とプロジェクトとのインターフェースを実現する。

4)産業基礎優勢

公主嶺市では特種車生産の歴史が長い。20世紀70年に全国有名である。聡時に軍用車両生産量は全国第一であった。現在、わが市での特種自動車生産の面でも研究開発設計、企業管理、専門人材の貯蔵の面での産業発展優勢がある。また、わが市は長春一汽に隣接する地理の条件を利用して自動車部品加工業を主導産業として確定している。すでに大きな産業規模を形成している。現在、全市では自動車部品供給企業は158社ある。200シリーズ以上、1000車種に部品を生産している。これらも特種車産業のわが市での発展に良好な産業基礎を提供している。

1.2プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1製品規模

年間5万台低速電気乗用車を生産する。

122建設内容

本プロジェクトの敷地面積は20万平方メートルである。建築面積は10万 平方メートルである。その内、事務室の面積は1000 平方メートルである。5本電気自動車組立ライン、一本プレス生産ライン、一本溶接生産ライン及び一本塗装ラインを建設する。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

プロジェクト総投資は10億元である。建設投資は6.5億元である。

1         プロジェクト総投資まとめ一覧表      単位:万元人民元

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

1

建設投資

65000

65

 

2

建設期利息

 

 

 

3

流動資金

35000

35

 

 

プロジェクト

総投資(1+2+3

100000

100.00

 

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標

プロジェクト量産達成後、年間販売収入は25億元である。利益総額は3億元である。投資回収期は5.3年(税後、建設期1年を含む)である。内部収益率は18%である。

2           主要財務利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

販売収入

万元/a

250000

正常年

2

利益総額

万元/a

30000

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

23

所得税後

4

財務正味現在価値(Ic=10%

万元

67742

所得税後

(運営期10年)

5

全部投資回収期(税後)

a

4.3

建設期1年を含む

6

投資利益率

%

30

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4.2 社会評価

1)低速電気乗用車は二、三線都市、城郷結合部、一銭都市歩行及び電気自行車、オートバイレベルアップの消費層に適している。理想的なグリーン交通工具である。石油不足による社会圧力緩和、都市、郷村空気環境品質改善のために積極的な働きを果たしている。近年来、多項電気自動車研究プロジェクトは「十一五」国家863計画「省エネと新エネルギー自動車」専項に列記された。電気自動車の発展は我が国エネルギー発展戦略と国民経済発展企画に符合している。

2)本プロジェクトは区域経済発展、社会進歩促進及び就業ルート拡大のために積極的な働きを果たしている。著しい社会効果がある。

15プロジェクト合作方式

独資、合資、その他の方式は面談可

16外国側投資必要方式

資金。

17プロジェクト建設場所

公主嶺市特種車産業園区

2.開発区

21基本情況

名称:吉林省公主嶺市特種車工業園

場所:吉林省公主嶺市大嶺鎮

法人代表:馬向春(管理委員会党工委書記、主任)

22概況

公主嶺市特種車工業園区は公主嶺市大嶺鎮内にある。吉林省大嶺自動車物流園区と隣接されている。大嶺鎮興嶺路の東に2179メートルにある。富民大街の北へ500メートルはえんしされ、南へ2000メートルがある。計5万平方キロメートルである。その内、スターと区の面積は2平方キロメートルである。東は長春市緑園区西新経済開発区の新開河を隔てて望みある。南は一汽産業技術開発区、公主嶺経済開発区と接している。長春一汽の後花園である。地理位置は極めて便利である。自動車企業発展に極めて有利である。省道長鄭道路と企画建設中の長深高速道路を通過している。102国道と京ハ高速より12キロメートルしかない。長春西高鉄駅に20キロメートルしかない。独具な区位交通優勢は園区建設に広い発展スペースを提供している。公主嶺市は特種車生産歴史が長い。20世紀70年代から全国有名である。当年生産の軍用車両の生産量は全国第一である。現在、わが市は特種自動車生産の面でも研究開発設計、企業管理、専門人材の貯蔵の等方面で産業発展優勢がある。また、わが市は長春一汽との地理的な優勢により自動車部品加工業を主導産業と確定して、御翁産業規模を形成している。現在、全市には自動車部品生産企業は158社がある。200シリーズ以上、1000車種の部品を生産している。これは特種車産業のわが市での発展に良好な産業基礎を提供している。

23連絡方式

プロジェクト所在園区連絡係り:王明智   李丙戦

連絡電話:0434—6218414  13944465343

ファクス:0434-6203377

イメールgzltzc@163.com

プロジェクト所在市(州)連絡方式:

連絡先:公主嶺市経済技術合作局

連絡係り:周可民

電話番号:0434-6219312 13504441655

イメール:gzl1655@163.com

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド