ホーム>投資>投資機会>重点な区域 T   T   T
吉林市膨化食品加工プロジェクト
2016/11/30     出所:

 

  1.プロジェクト簡単紹介

  1.1プロジェクト背景

  1.1.1製品簡単紹介

膨化食品は六十年代末の出現の一種新型食品である。国外又は押出食品、噴爆食品及び軽食という。これは水含有量少ない穀類、ポテト類及び豆類などを主原料とする。これらは加圧、加熱処理及び原料本体の体積膨張により、内部組織構造も変化させ、加工、成形後精製された。この類の食品の組織構造は多穴ふわふわ、口当たりよく、脆くて甘い。一定の栄養価値がある。子供達の人気を呼んでいる。

1.1.2市場前景

  タンパク質高い植物原料は高温で短時間の押し出し膨化により、タンパク質は徹底的に変質させ、組織構造も多穴状になり、人体消化酵母と接触してタンパク質の利用率と消化率を向上させる。製品は回生現象になりにくい。穀物食品は保存期間中、回生はよくある問題である。回生になったので、製品の口当たりは粗くなったので、消化率も大幅に落ちってしまう。

  製品に良い栄養価と機能特性を与えること

  押し出し技術により穀物を原料として食品加工時、アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、着色料及び香料添加剤を入れて、均等に押し出し物の中に分配し、順調に押出し物と結合して食品強化の目的に達成できる。押し出し膨化は高温循環に操作しているので、静養物資の損失が小さい。

  穀物、豆類、芋類或は野菜等の原料の中に異なる補助剤を添加してから押し出し膨化加工を実施し、品種の多い栄養豊富な膨化食品を製造することができる。膨化後の食品は既に熟食になったので、大抵インスタント食品(開梱してすぐ食べれる)である。食用便利であり、時間を節約することができる。一類の極めて発展前途のあるインスタント食品である。

  膨化食品はその特有のやわらかさと栄養性があるので、ますます多くの消費者の人気を呼んでいる。その生産量は現在、ベーキング食品のシェアは高くないが、每年約5000トン増長の速度で増長していいるので、米加工澎化食品は幅広い市場前景があるとはいえる。

  1.1.3技術分析

  ここでは連続式のスクリュー押し出し膨化設備を例としてその基本生産工程を紹介する。 

  原料仮理→調湿→押し出し膨化→焼き乾燥→調味→乾燥→梱包→完成品          1.1.4プロジェクト建設の有利条件

 1)政策条件

吉林(中国-シンガポール)食品区は体制、機構、及び科学技術などの面での先行パイロットを激励し、并予政策税収、資金等の面で支持し、園区に入居企業のために強い政策保障を提供している。

 2)建設条件

吉林(中国-シンガポール)食品区企画の基礎インフラ建設は完成されている。七通一平?を実現した。水、電気、暖房及び通信等の施設は整備、部品供給の園区インフラパイピングを提供し、プロジェクト建設基礎条件は保障されている。工場建設場所の交通は発達している。

 3)技術優勢

本プロジェクトの生産方法、工程と工程プロセス、設備及びそれに応じる配置はを採用している。河南華泰粮油機械工程有限公司は特に油脂機械製造の面に多項の科学技術成果と特許技術製品を取得した。その内、特許は3項目の国際賞、2項国家賞、2項省級賞を獲得した。本プロジェクト製品は国家産業政策と省エネ環境保護政策に符合している。国内先進生産技術と省エネ設備を採用している。染が少なく、エネルギー消耗は低く、かつ製品品質は国内先進レベルに達し、満足市場より製品の品質要求に満足でき、市場前景が広い。産業発展前景が良く、極めて大きな発展スペースがある。

 4)資源優勢

食品区所在地は国内著名な優質水稻主要生産区にある。前後国連工業発展組織、全国グリーン委員会に万ヘクタールグリーン水稻基地グリーン産業科学技術モデル園命名された。区内には1.5万ヘクタールグリーン水稻基地每年はグリーン米15万トンを提供することができる。吉林市区域内に米生産量は110万トンである。吉林省はわが国優質水稻の栽培大省である。全省現在水稲は80万ヘクタールがある。年間生産水稻は600万トンである。水稻品質が優良である。資源は豊富である。プロジェクト需要に満足できる。食品区所在地は岔路河鎮、永吉県、吉林省の黄金トウモロコシ帯にある。トウモロコシの主要生産区である。優質トウモロコシ年間生産量は数百万トンである。完全にプロジェクト原料の需要に満足できる。同時に吉林省内のトウモロコシ深加工企業が多く、プロジェクトの原料出所を保証することができる。

  1.2建設規模と製品方案

  1.2.1製品方案

プロジェクトは年間設計能力は3.2万トン膨化食品である。

  1.2.2建設内容

ショップ、倉庫を含めて7棟構築を建設する。新しく建築総面積は44100m2である。

  1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

プロジェクト総投資は30000万元である。その内、建設投資は24000万元である。

1           プロジェクト総投資まとめ一覧表           単位:万元

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

1

建設投資

24000

80

 

2

建設期利息

 

 

 

3

流動資金

6000

20

 

 

プロジェクト総投資(1+2+3

30000

100

 

  1.4 財務分析及び社会評価

  1.4.1 主要財務指標

プロジェクト量産達成後、年間販売収入は36089万元である。利潤は6818.2万元である。投資回収期は4.4年(税後、建設期2年を含む)である。投資利潤率は22.7%である。

2             主要財務利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

販売収入

万元/a

36089

正常年

2

利潤総額

万元/a

6818.2

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

17

所得税後

4

財務正味現在値(Ic=10%

万元

1047.7

所得税後

(運営期10年)

5

全部投資回収期(税後)

a

4.4

建設期2年を含む

6

投資利潤率

%

22.7

 

  説明:表の中の万元がすべて人民元である。

  1.4.2 社会評価

食品工業を竜頭として、農村製品深加工を発展し、農業産業化を促進し、農工業貿易の有機結合を実現した。農業栽培構造調整、農副製品付加価値向上、農民収入増加実現、良い農村、農業と農民三農問題解決及び全面的に人々の生活品質とレベル向上の産業政策は国家大力支持と提唱のプロジェクトである。プロジェクト実施後、グリーン、生態的及び環境保護のある専門化、産業化の農副製品加工基地を形成することができる。経済利益と社会効果は非常に大きい。

本プロジェクトは先進、適用、信頼できる生産方法と工程プロセスを依頼して、せっ居的に成熟、品質信頼できる生産設備を採用する。工程安定、省エネ、環境保護等の技術標準に達成し、十分に省エネを主とする設計原則を表し、本企業の経済利益を向上することができる。国家資源節約総合利用と循環経済、染治理要求に符合し、重点的に資源化の国家促進循環経済の産業政策を実施する。

  1.5合作方式

  合資。

  1.6外国側投資必要方式

  資金、技術。

  1.7プロジェクト建設場所

  吉林(中国-シンガポール)食品区。

  1.8プロジェクト進捗情況

  プロジェクト合作計画書作成済み。

  2.合作側簡単紹介

  2.1基本情況

  名称:吉林(中国-シンガポール)食品区

  場所:吉林省吉林市

  法人代表:李長山(管理委員会主任)

  2.2概況

吉林(中国—シンガポール)食品区は吉林省吉林市にある。中国とシンガポール両国政府間の食品品質と安全分野国際協力関係造りのプロジェクトである。

食品区企画は核心区と制御区である。

核心区は吉林省省都都市長春市と吉林省第二大都市吉林市の間にある。企画面積は57平方キロメートルである。その内、建設用地は36平方キロメートルである。重点的に食品加工区、倉庫貯蔵物流区、現代商業居住区、科学研究サービス区、レジャーエンタメ区及び生態保護区などの六大機能区を建設する。

核心区をめぐって、河流、山川等の自然バリアを主として1450平方キロメートルの制御区を企画する。国際動物衛生組織OIEの標準に従い、厳しい制御と管理により、無規定疫病養殖モデル園区を建設する。現代農業試験モデル工事を展開する。

吉林(中国-シンガポール)食品区は食品品質と安全保障体系の建設を核心として中シン合作により,最終的に四区一城の建設目標を実現する。つまり、国際一流の安全健康食品生産モデル区、現代農業発展モデル区、三化(工業化、城鎮化、農業現代化)統合調達モデル区及び長吉図開発開放戦略パイロットモデル区である。吉林市と長春市の間に一つ現代化の生態住み易い城を建設する。

産業発展方向について、吉林食品区産業企画により、重点的に肉製品産業、乳製品産業、食糧精深加工産業及び長白山特色資源精深加工を主とする保健品産業を発展する。食品研究開発、生産、販売及び物流等を一体とする総合的食品産業新城を建設する。

同時に食品区地域及び資源優勢を依頼して生物医薬、電子情報、先進装備製造、省エネ環境保護、新エネルギー等の新興産業を発展する。現代物流、教育トレーニング、生態旅行、本部経済、ビジネス会議展覧、金融保険等の産業を発展する。食品区都市の建設企画により全面的に都市インフラ、不動産、ビジネス貿易等の開発建設を実施する。

  2.3連絡方式

  連絡係り:劉宏宇

  連絡電話:0432-68089293  18704324111

  ファクス:0432-64118432

  イメール:liuhongyu_9920@163.com

  プロジェクト所在市(州)連絡方式:

  連絡宛先:吉林市経済技術合作局

  連絡係り:劉愛国

  連絡電話:0432-62026489

  イメール:1103817842@qq.com

  市州サイト:www.jlszsw.gov.cn

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド