ホーム>投資>投資機会>重点な区域 T   T   T
吉林市熟食加工プロジェクト
2016/11/30     出所:

 

  1.プロジェクト簡単紹介

  1.1プロジェクト背景

  1.1.1製品簡単紹介

家禽、家畜の肉と内臓及び狩猟の獲物味、一部分の水製品及び野菜を主原料として、調整したスープの中に入れて、強い火より沸騰させて、小さい火より煮てマリネード味を浸入する原理によりおいしいマリネード製品となる。マリネード製品は一般の熟肉製品である。その突出原料の原有ある口味、色艶、調味品は主に少量の塩と醤油である。その原有の色、香り、味を主とする。マリネード製品熱く煮て冷めて食べる味新鮮である。調味したマリネードは長期使用でき、古ければ古いほど美味しい。

1.1.2市場前景

  近数年間、わが国熟食食品業界の発展は迅速である。製品生産量は継続拡大している。国家産業政策では熟食食品産業の高技術製品方向発展を激励し、国内企業新設投資プロジェクト投資はますます増加している。投資者は熟食食品業界への注目はますます多い。熟食食品業界の発展と研究及び需要は多くなってきた。

  わが国経済レベル向上につれ、人々生活レベルも絶えずに向上し、人々は単なる温飽満足ではなく、より高い物質と精神を追求している。熟食もますます人々日常生活とは離れなれない美食となっている。もう一方、社会経済発展につれ、人々の生活リズムは早くなり、インスタント熟食のこの迅速かつ便利のインスタント食品類はこの迅速かつ高効率の消費環境に応じている。

  現在、熟食市場は相当な発展前途がある。生活レベルの継続向上につれ、熟食の家常化消費、個性化消費はもう発展の趨勢になっている。熟食加盟業界の趨勢を見ると、近数年来、わが国の熟食市場発展は迅速である。製品の生産量は継続増加している。国家産業政策は熟食食品産業の高技術製品方向への発展を激励している。国内企業新設投資プロジェクト投資はますます多くなっている。投資者は熟食食品業界への注目もますます多くなっている。

世界上先進国と比べて、わが国禽肉消費レベルはまだ低い(一人当たり平均12キログラムである)。これはわが国今後の禽肉の生産と発展はまだ大きき拿スペースがあると言える。わが国の食品安全、健康、栄養、衛生の消費理念の人々の好評を受けることにつれ、国内の禽肉消費はずっと良好な增長勢いを保持する。中国肉類協会予測によると、これから10年間、中国肉類消費は年間平均3%-5%の增長速度を保つ。その内、禽肉の消費增長は更に速い。従いまして、本プロジェクト市場前景が良い。

1.1.3技術分析

  熟食加工工程プロセス 

  原料受け入れ →仮理 →製作 →最終検査 →ハンディキャップ売り出し 

食品区核心区の外に企業の優質肉鶏繁殖基地と養殖基地を設立する同時に、優質の肉鶏種源を提供する。周辺地区の農民に規模のある養殖と農民合作社を育成する。目的は充足の加工必要な肉源に満足保証を提供する。

肉鶏屠殺は厳しく標準化肉鶏の生産技術ルールを遵守する。

  1.1.4プロジェクト建設の有利条件

 1)政策優勢

吉林(中国-シンガポール)食品区は体制、機構、及び科学技術などの面での先行パイロットを激励し、并予政策税収、資金等の面で支持し、園区に入居企業のために強い政策保障を提供している。

 2)建設条件

吉林(中国-シンガポール)食品区企画の基礎インフラ建設は完成されている。七通一平?を実現した。水、電気、暖房及び通信等の施設は整備、部品供給の園区インフラパイピングを提供し、プロジェクト建設基礎条件は保障されている。工場建設場所の交通は発達している。

 3)人材優勢

  プロジェクト区は隣接の吉林、長春の両都市に農業院校20校がある。中国農業科学院特産研究所などの国家級、省級農業科学研究機構30余りがある。食品区企業のために農業科学技術のサポートを提供している。

 4)資源優勢

食品区は既に1450平方キロメートルの無規定動物疫病区を建設した。肉鶏養殖業に大きな増加を促進した。同時、プロジェクト建設区域には豊富な飼料資源がある。飼料原料価格は全国平均レベルより低い。吉林省は中国農業大省の一つである。気候は適切である。トウモロコシ、米、高粱をよく取れる。優質の米の黄金である。年間平均トウモロコシ1500万トンを生産することができる。著名な全国の食糧倉庫である。農作物副製品資源は豊富は豊富である。肉鶏養殖のために大量の飼料資源を提供することができる。

  1.2 建設規模と製品方案

  1.2.1製品方案

本プロジェクトは主に熟食鶏肉製品を生産する。プロジェクトは二期分けて建設する。3年間以内では全部完成することができる。第一期工程は年間加工10000トン熟食品である。4月より工事を始める。8月に設備据付る。当年11月に生産を開始する。第二期工程は熟食品拡大生産の年間加工は30000トンである。5月に工事を開始する。11月に設備据付を始める。次に都市の4月に正式生産開始する。

  1.2.2建設内容

プロジェクト建設内容は土地建設の工程4950平方メートルを含む。各類設備17台(セット)を購入する。

  1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

プロジェクト総投資は22000万元である。その内、建設投資は18392万元である。

1          プロジェクト総投資まとめ一覧表           単位:万元

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

1

建設投資

18392

83.6

 

2

建設期利息

 

 

 

3

流動資金

3608

16.4

 

 

プロジェクト総投資(1+2+3

22000

100.00

 

  1.4 財務分析及び社会評価

  1.4.1 主要財務指標

プロジェクト量産達成後、年間販売収入は22461万元である。利潤は6285.7万元である。投資回収期は3.5年(税後、建設期1.5年を含む)である。投資利潤率は28.5%である。

  2              主要財務利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

販売収入

万元/a

22461

正常年

2

利潤総額

万元/a

6285.7

正常年

3

全部投資財務内部収益率

%

25

所得税後

4

財務正味現在値(Ic=10%

万元

547.1

所得税後

(運営期10年)

5

全部投資回収期(税後)

a

3.5

建設期2年を含む

6

投資利潤率

%

22.7

 

  説明:表の中の万元がすべて人民元である。

  1.4.2 社会評価

本プロジェクト建設完成後、ローカル人民の就業チャンスを増加した。ローカル人々の収入を向上し、人々の生活レベルを向上することができる。社会就業率向上のために大きな貢献を提供した。本プロジェクトの実施は有効的にローカル上下流企業及びその他の関連業界の発展を促進することができる。従いまして、ローカル経済の迅速発展を促進することができる。

  1.5合作方式

  合資。

  1.6外国側投資必要方式

  資金、技術。

  1.7プロジェクト建設場所

  吉林(中国-シンガポール)食品区。

  1.8プロジェクト進捗情況

  プロジェクト合作計画書作成済み。

  2.合作側簡単紹介

  2.1基本情況

  名称:吉林(中国-シンガポール)食品区

  場所:吉林省吉林市

  法人代表:李長山(管理委員会主任)

  2.2概況

吉林(中国—シンガポール)食品区は吉林省吉林市にある。中国とシンガポール両国政府間の食品品質と安全分野国際協力関係造りのプロジェクトである。

食品区企画は核心区と制御区である。

核心区は吉林省省都都市長春市と吉林省第二大都市吉林市の間にある。企画面積は57平方キロメートルである。その内、建設用地は36平方キロメートルである。重点的に食品加工区、倉庫貯蔵物流区、現代商業居住区、科学研究サービス区、レジャーエンタメ区及び生態保護区などの六大機能区を建設する。

核心区をめぐって、河流、山川等の自然バリアを主として1450平方キロメートルの制御区を企画する。国際動物衛生組織OIEの標準に従い、厳しい制御と管理により、無規定疫病養殖モデル園区を建設する。現代農業試験モデル工事を展開する。

吉林(中国-シンガポール)食品区は食品品質と安全保障体系の建設を核心として中シン合作により,最終的に四区一城の建設目標を実現する。つまり、国際一流の安全健康食品生産モデル区、現代農業発展モデル区、三化(工業化、城鎮化、農業現代化)統合調達モデル区及び長吉図開発開放戦略パイロットモデル区である。吉林市と長春市の間に一つ現代化の生態住み易い城を建設する。

産業発展方向について、吉林食品区産業企画により、重点的に肉製品産業、乳製品産業、食糧精深加工産業及び長白山特色資源精深加工を主とする保健品産業を発展する。食品研究開発、生産、販売及び物流等を一体とする総合的食品産業新城を建設する。

同時に食品区地域及び資源優勢を依頼して生物医薬、電子情報、先進装備製造、省エネ環境保護、新エネルギー等の新興産業を発展する。現代物流、教育トレーニング、生態旅行、本部経済、ビジネス会議展覧、金融保険等の産業を発展する。食品区都市の建設企画により全面的に都市インフラ、不動産、ビジネス貿易等の開発建設を実施する。

  2.3連絡方式

  連絡係り:劉宏宇

  連絡電話:0432-68089293  18704324111

  ファクス:0432-64118432

  イメール:liuhongyu_9920@163.com

  プロジェクト所在市(州)連絡方式:

  連絡宛先:吉林市経済技術合作局

  連絡係り:劉愛国

  連絡電話:0432-62026489

  イメール:1103817842@qq.com

  市州サイト:www.jlszsw.gov.cn

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド