ホーム>投資>投資機会>重点な区域 T   T   T
遼源経済開発区と厦門科華恒盛と電気ネットステーション合併プロジェクトドッキング
2016/12/01     出所:

 

 

  低炭素環境保護を提唱し、園区内企業生産負担を低減するために、1014遼源経済開発区はアメリカ中国企業家協会北京事務所張立明秘書長及び厦門科華恒盛株式有限公司涛副総経理を要請して遼源経済開発区へ来て、分布式太陽光発電ネットステーションプロジェクト合併について座談交流会を行った。遼源経済開発区管委会副主任立毅等と開発区内規模以上企業の責任者は今回の交流活動に参加した。

  徐刃園区内企業に詳しく太陽光発電ネットステーションの発電メリット、建設要求及び企業の長期利益モジュールを紹介した。設備電力保護と省エネ一の一体化について説明した。張立毅副主任は各企業を代表してプロジェクト建設期間中に存在する防水、東北気候要素、プロジェクト建設及び技術情報などの問題について詳しく訊問していた。

は会社は東北四半期の気候などの要素情況と結合して具体的なプロジェクト実施方案を提出する。目的は双方の相互利益のウインウイン効果を確保するためであると表した。

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド