ホーム>投資>投資機会>重点な項目 T   T   T
四平市年間600万枚透明導電ガラス生産プロジェクト
2017/03/29     出所:

1. プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

本プロジェクトメイン製品である透明導電ガラスは高科技特種ガラスである。主に液晶ディスプレー(LCD)、エレクトロミネセンス、プラズマディスプレー(PDP)及び真空蛍光ディスプレー等フラットパネルディスプレー部品の製造に使う。ノードパソコン、電子辞書、電子メモ帳、携帯電話、テレビ電話、携帯ゲーム機、電子タイプライター、ポケットテレビ、壁掛けカラーテレビ、ポータブル医療機器と電子機器、電卓及び電詩時計等に幅広く応用されている。

1.1.2 市場前景

国際のディスプレーディスプレイ産業は迅速に発展している。国内では既にあるまた建設中の液晶ディスプレイ生産メーカーは約約50社もある。でも、透明導電ガラス生産メーカーは7社しかない。生産能力は需要の半分しか達していない。それに製品性能は中低ランクに属している。その外、プラズマとフィールドエミッションディスプレイ技術を背景する必須採用名透明導電ガラスデジタル化の家庭用カラーテレビは迅速な速度で現在のブラウン管(CRT)カラーテレビを取り換える。よって、液晶ディスプレーは透明導電ガラスへの需要量大は多く、そして中高級な透明導電ガラスを要求している。従いまして、透明導電ガラスの市場は非常に大きい。前景が輝かしい。

将来FPD(フラットパネルディスプレー)製品技術は急速発展していくし、生産量と技術の的進歩につれ、価格大幅に下げて徐徐にCRT製品を代替するに違いない。現在、すべてのFPD製品の中で、液晶ディスプレー(LCD)だけは成塾製品に属する。その他、例えば、プラズマディスプレー(PDP)或は有機発光ディスプレー(OLED)等は技術と原価面では突破する必要があるので、城要はあまり多くない。統計によると、2031LCDの生産値はすべてのFPD市場の86%を占める。PDPは約7.5%を占める。その他ディスプレー合計6.5%を占める。だから、最近数年来全FPD産業はLCDを主流とする。

台湾TN/STNLCDの主要原料は例えば、ITO導電ガラス等は主に輸入を依頼する。生産自主性は人制御される。シーズン時期には物不足になってします。ある資料によると、現在台湾関連メーカーメーカーは継続に上流原料ITO導電材料、偏光板、カラーフィルタ、バックライト等の産業へ邁進している。期望原料の自給率自給率向上を期待している。。

現在、中国ではLCDメーカー生産ラインが約80本がある。現在ITO導電ガラス需要総量は約8000万枚がある。導電ガラスに巨大な明るい市場空間を提供している。

1.1.3技術分析

本プロジェクトで採用予定の技術とプロセスはは、プロジェクト主催側が比較的成熟していて、産業化生産レベルに達している。

1.1.4プロジェクト建設に有利な条件

(1)優れた交通条件

プロジェクト所在地の双遼市は吉林、遼寧、内モンゴル三省(区)堺地にある。「三省通衢」と呼ばれている。松遼平原とホルチン草原の連結帯のパールと呼ばれている。平斉、鄭大鉄道は境内より交差されている。瀋明、集錫二本国家級道路と長鄭、四洮两二本省級道路と大慶~広州、長春~深圳、集安~双遼線の三本高速道路は双遼境内を通り、四方八方の交通ネットワークを形成している。

双遼は長春、四平、通遼三大都市の中心地带になっている。吉林西部の鉄道と道路の交通中心である。大連、営口港より300-500キロメートルしかない。鄭大、平斉の二本鉄道はここで縦横交差され、遼寧、吉林、内モンゴル三省(区)と連結する交通中枢になっている。瀋、集錫二本国家級幹線道路は南北を貫通している。長双、鄭太二本省級幹線道路は東西を横に跨っている。また、八本県級道路、二十本郷級道路は都市と郷鎮へ放射している。郷と郷との間に交通ネットワークを形成している。

(2)優れた鉱山資源

プロジェクト所在地の双遼市には大量優質珪砂がある。双遼市七棵樹珪砂貢鉱は世界で有名な優質珪砂鉱がある。フロートガラス及び各種ガラス製品生産に優質原料を提供することができる。調査によると、決められた3平方キロメートルの鉱区内で珪砂の工業貯蔵量は9億トンである。全国北方珪質原料の基地である。鉱床カバー率が薄い。珪砂貯蔵量が多い。粒径は均一である。世界四大富鉱の一つである。原鉱工業グレードはSiO290%Al2O33.9%Fe2O30.38%0.10.7mm粒度 90%以上を占めている。浮選SiO2含有量は98%以上に達している。ガラス、精密鋳造及び電子業界理想な優質原料である。珪砂鉱床下部には高い砂金鉱が含有されている。その規模と品質は国内でも稀でる。極めて高い採掘の価値がある。

(3)整備された工業基礎

プロジェクト園区内には主なプロジェクトは有福耀集団双遼有限公司600トン級フロートガラス生産ライン、460トン級フロートガラス生産ライン、オンラインコーティングガラス、ダークグレーガラスラインの改造プロジェクト等を建設する。浮選砂、水洗砂及びスクラブ砂の年間生産能力は50万トンに達している。初歩的な規模のあるガラス建築材産業園区を形成している。工業基礎は基本的に整備されている。

(4)完璧なインフラ

プロジェクト園区道路、掛橋、供電、給排水及び汚水処理等なインフラは揃っている。一つ5万トン日处理能力の汚水処理工場と日当たり50万立方メートル天然ガス工程を建設する。設備総容量240万KWの双遼発電所はここと隣接する。区域内の電力資源は十分である。1948年双遼では遼河ガラス工場を建設して以来現在まで双遼ガラスは建築材工業の建設と発展に豊富な経験を蓄積し、厚い産業基礎を築き上げ、多く高レベルの技術員と優秀な産業技術作業者を育成した。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1  生産規模及び製品方案

年間生産600万枚透明導電ガラス生産ラインを建設する。主な設備はSTNITO光電子真空コーティング設備2本及びそれにマッチング切断ライン及び洗浄ライン及び100台ラッピングマシン等である。

1.2.2  新建設工場と設備購入

生産区、事務生活区及び倉庫区を建設し、生産、検査測定及び試験設備を購入する。

1.2.3  敷地面積及び建設サイクルタイム

全体企画面積は2万平方メートルである。建設期間は2年である。

1.3 プロジェクト総投資(詳しくは表1による)

プロジェクト総投資予測1.2億元。

表1            プロジェクト総投資纏め一覧表        単位:万元人民元

番号

費用名称

投資額

総投資に占める割合%

備考

1

建設投資

9600

80

 

2

建設期利息

 

 

顧慮せず

3

流動資金

2400

20

 

 

プロジェクト総投資(123

12000

100

 

説明:表中の「万元」はすべて人民元である。

1.4経済利益及び社会効果予測

1.4.1主要経済利益予測指標(詳しくは表1による)

2         主要経済利益予測指標一覧表

番号

名称

単位

指標

備考

1

営業収入

万元/a

24000.00

正常年

2

利益総額

万元/a

2900.00

正常年

3

各種類税金

万元/a

900.00

正常年

4

全部投資財務内部収益率

%

16.5

所得税後

5

財務正味値(Ic=10%

万元

 5870.00

所得税後

6

全部投資回収期限

a

6.32

建設期2年含む (税後)

7

投資利益率

%

18.13

正常年税後

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4.2 社会効果分析

グローバルの再生できるグレーン及び安全エネルギー需要の日増しの向上及び新技術の創新と原価の継続低減につれ、各種類の透明導電ガラスはグローバル新型太陽エネルギー利用の研究の重点とホットポイントになり、ますます幅広く各分野応用されている。我が国の多くの企業はこの行列に参加している。

本プロジェクト技術は先進である。信頼性が強い。市場では極めて大きなリードの働きを果たしている。フラットパネルディスプレー需要量のますます多く及び太陽エネルギー利用需要の絶えず増加につれ、透明導電ガラスの需要もますます多くなる。ユーザーに相当な経済利益をもたらすと同時に、在科学技術創新及びエネルギー利用にも良い社会効果もある。同時に本プロジェクトはまた周辺部分人々に就業問題を造り出している。社会効果は著しい。

1.5 合作方式

合資、合作、株参加或は其の他の方式、面談可。

1.6 外国側投資必要方式

現金形式で、全部投資或は部分投資、その他方式、面談可。

1.7 プロジェクト建設場所

本プロジェクトは吉林省双遼ガラス建築材産業園区で建設する予定。

1.8 プロジェクト進捗状況

プロジェクト建議書作成済み。

2.合作側簡単紹介

2.1 基本状況

会社名称:福耀ガラス工業集団株式有限公司

法定住所:双遼市遼西街

法人代表:曹

企業所有制形式:有限公司

2.2 会社概況

福耀ガラス工業集団株式有限公司は200251日に原双遼市フロートガラス工場を買収し、2003819日に正式に福耀集団双遼有限公司が設立された。公司傘下の主要製品は自動車ガラス、建築ガラス、深加工ガラス及び省エネガラス等である。

公司は現在日溶解量460トン、600トン級二本フロートガラス生産ラインがある。日溶解量460トン級フロートガラス生産ラインは国内で先進的な技術で、日溶解量600トン級フロートガラス生産ラインは国際先進生産技術である。2006年に投資してアメリカPPGオンラインコーティング生産設備と技術を導入した。この生産ラインは国内唯一のオンライン金属コーティングガラス生産ラインである。319mmの多種類カラーコーティングガラスを生産している。現在の製品は合金、チタンシルバーコーティング、着色ガラスがある。一本ドイツ導入した設備の年間生産優質珪砂28万トン浮選砂生産ラインがある。ガラス用珪質原料基地になっている。

ガラス年間生産能力は603.5万重量ケースである。製品販売は国内販売でけでなく中東、アジア、ヨーロッパ等国へ輸出している。生産された合金コーティングガラスは理想な透過率と反射率がある。紫外線の透過低減もできる。有効的太陽直接放射の入射量を制御でき、遮光効果がいちじるしい。生産的ダークグレイ色(プライバシ―)ガラスは国内はじめてである。コーティング及びプライバシ―ガラス製品は幅広く自動車ガラス、建築及び飾り用ガラスに応用されている。現在、公司は吉林省唯一の優質高級フロートガラス生産基地である。

チタンシルバーコーティングガラスは弊社自主研究開発された新製品である。オンラインLOW-ESUN-Eの特徴有効に組合せた。最新のグリーン、省エネ及び環境保護製品である。本製品は光の透過率は60% 以上である。SUN-Eの性能よりもっと優れている。加工時間の方式の制限はない。オンラインLOW-Eの異地加工できない難題を解決した。紫外線の入射を制御することができ、人体及び室内家具の損害を減少することができる。この特徴はSUN-EオンラインLOW-Eが備えていないものである。

公司は新製品の開発と製造作業に力を入れている。新製品研究開発センターを設立して国内ガラス業界の多く有名な技術エリートと中堅を集めている。製品の色、種類、シリーズ及び製品の延伸等なの面で絶えずに市場に高科学技術含有量のある製品を出している。技術リードの新製品は省エネガラス技術の進歩を促進している。ガラス業界の強いブランドを造り出している。公司はすでに特許製品10項を提出した。

公司はすでにISO90012000基準を取得した。製品はGB/T190012000 品質基準に満足している。

公司登録資本は4002.8万米ドルである。その内、福耀ガラス工業集団株式有限公司の75%がある。福耀香港有限公司は25%である。

董事長曹德旺、男、福建省政协委員、国務院国情研究員、福建省政府特約経済研究員、中国自動車ガラス協会会長及び福建省企業家協会常務副会長等職をする成功な企業家である。この型は率先に企業株式制改造、最も早く資本市場進出した。

2.3連絡方式

連絡係り:董紅軍

電話番号:13844453626

便番号:136400

イメール:jlslzsj@soho.com

プロジェクト所在市(州)連絡方式

連絡先:四平市経済技術合作局

連絡係り:宋慶新

連絡電話:0434-3266211   13844482608

イメール:417856658@qq.com
  ホームサイトhttp://investsiping.com

 

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド