ホーム>投資>投資機会>重点な項目 T   T   T
公主嶺市液化天然ガス(LNG)/圧縮天然ガス(CNG)親ステーション建設プロジェクト
2015/06/03     出所:

1. プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

LNGLiquefied Natural Gas)とは液化天然ガスの英語の略称である。天然ガスはガス田の中で自然に採掘された可燃性ガスである。主要成分はメタンより構成された。LNGは常圧下の気態の天然ガスを-162に冷却して液体に凝集する。天然ガス液化後、大きく保存運輸のスペースを節約し、熱値大きく、性能高い等の特徴がある。

CNGとは圧縮天然ガス(Compressed Natural Gasの略称である)は天然ガスに加圧して気態状態で容器の中に保存する。圧縮天然ガスは油田及び天然ガス田の天然ガス用の外、また人工的に生物バイオガス(主要成分はメタンである)を製造することができる。

圧縮天然ガスとパイプ天然ガスの構成要素と同じであり。主要成分はメタン(CH4)である。CNGは車両燃料として使用することができる。CNGLNGLiquefied Natural Gas)を製造する。このCNGを燃料とする車両はNGVNaturalGasVehicle)という。液化石石油とガス(Liquefied Petroleum Gas,略称LPGという)は良くLNG混乱される。その他は明確に区できる。LPGの主要構成要素はプロパン(95%以上)である。また少量のブタンがある。LPGは適切な圧力下で液の状態で貯蔵タンク容器の中に保存する。民用燃料と車両燃料として使われている。

1.1.2 市場前景

LNGは一種のクリーン、高効率なエネルギーである。LNG輸入はエネルギー消費国のエネルギー供給多元化実現に有利である。エネルギー安全を保障することができる。LNG輸出は天然ガス生産国の有効天然ガス資源開発、外貨収入增加及び国民経済発展促進に良い。従いまして、LNG貿易はグローバルエネルギー市場の新しいホットポイントになっている。

CNGは一つ最理想的な車用代替エネルギーである。その応用技術は数十年間の発展により既に日増し成熟になってきた。CNGは原価低く、利益高く、無く及び使用安全便利等の特徴がある。日増しにその強大な発展潜在力が表わしている。天然ガス充填ステーションは一般的に三つ基本タイプが分けられる。つまり、迅速充填型普通(慢速)充填及び両者混合型である。CNGはまた都市ガス事業に応用され、特に居民生活用燃料に使われている。人々生活レベル向上及び環境保護意識の増強につれ、大半数都市は天然ガスの需要に急増している。天然ガス(パイプ天然ガス)は民用燃料の経済利益も工業燃料より高い。

1)国際天然ガス市場分析

工業国家は20世紀初めから天然ガス利用の研究を始めた。二十世紀三、四十年代天然ガス工業利用はすでに相当レベルに達した。約20年間来、天然ガス探明貯蔵量は約5%の速度で增長し、生産量の增長速度も3-3.5%に達している。現在世界天然ガス年間生産量はすでに2.32万億立方メートルに達し、エネルギー構造の中の比例は24%を増加した。石炭の比例に近い。天然ガスは発電、工業、民用燃料及び化工原料等の分野での使用はすでに相当高い比重である。社会進歩、経済発展と人々生活品質向上の促進はますます重要な働きを果たしている。

現在、北米、ヨーロッパー、CIS諸国等地区の多国籍、多都市の主要パイピングはすでに相当整備されている。天然ガス資源地、パイピング、市場消費を一体として、天然ガス消費の主要地区になっている。その居民生活用燃料の中で、天然ガスの比重は30%50%にも達した。全体的にこれら国家天然ガス工業の発展歴史はその市場発展に三つ段階がある。第一段階は国内市場段階である。つまり、20世紀60年代まで、政府は天然ガス市場全面的にコントロールしている。第二段階は区域市場段階である。つまり6070年代、生産国から消費国へ輸出する。第三段階はグローバル市場段階である。大陸間天然ガスパイピングを形成する。LNG、多地区運輸方式を採用している。しかし、経済未発達の天然ガス資源生産地の国家と地区の天然ガスパイピング建は遅い。ひどく天然ガス市場消費を制約している。

全世界天然ガスの貯蔵採掘比が高い(701)。天然ガス探明貯蔵量は急増している。特に人類環境意識の絶えず増強している。クリーン燃料の使用はますます重視されている。石油と石炭消費分野では70%以上天然ガスで代替することができる。グローバル範囲内で、天然ガスより石油を代替速度を速めている。特に、東北アジア、南アジア東南アジア及び南アメリカ地区である。天然ガス運輸パイピング建につれ、天然ガスは二十一世紀初期により速い発展を経歴している。国際権威機構の予測によると、2010年前後、天然ガスはグローバルエネルギー構造の中のチェアは石炭を超えている。2020年前後、石油を超えて、エネルギー構成の中の第一エネルギーになる。天然ガスの快速発展と重要地位は相当長い時期を保持している。

① 世界天然ガス資源は豊富であるが、不均等分布の世界天然ガス資源の分布は石油分布と密切な関連性がある。世界の68%の石油貯蔵量は中東各国に集されている。原ソ連、北米、中南米、アフリカはそれぞれ6-8%を占め、アジア太平洋地区は4.4%しか占めていない。これ曾く似ている天然ガス貯蔵量の80%はロシア、中東と中地区に集中されている。その内、中東と東ヨーロッパーの原ソ連の天然ガス貯蔵量はそれぞれ39%を占めている。

② 世界天然ガス消費日増し普及

世界天然ガス消費市場は大体北米、ヨーロッパー、原ソ連及びアジアの四つ区域にわかられている。北米の天然ガス年消費量は7290億立方メートルであり、全世界の29.5%を占める。その内、アメリカは最も主要の天然ガス消費市場であり、年間需要量は6460億立方メートルである、天然ガスはその必要な一次エネルギーの24%を占める。今後数年間、アメリカ発電需要增長及び大量にガス電気工場建設及び天然ガス消費は急増している。2010年、天然ガス発電はアメリカ新增発電能力の80%--90%ぐらいを占めている。アメリカエネルギー情報署の長期予測によると、2010年アメリカの天然ガス消費量は8400億立方メートルに達する。

2)我が国天然ガス産業現状

我が国は世界の最も早い利用天然ガス利用国家である。長期以来、天然ガスの使用は少数地区の生活燃料としている。天然ガス産業の発展は遅い。現在中国はすでに天然ガス産業発展の資源条件が備えている。全国第二次石油とガス資源評価によると、我が国天然ガス資源量は38万億立方メートルである。現在探明率は6%である。我が国エネルギー構造の中で1.7%しか占めていない。これは我が国の天然ガス資源大国地位と余り対称していない。1996年年末まで、我が国陸上の天然ガス地質貯蔵量は1.21万億立方メートルである。探明程度は4%しかない。資源潜力は巨大である。天然ガス田140余りがあると探明した。1996年我が国採掘の天然ガスは201億立方メートルである。世界第22位を占めている。本国エネルギー構造の1.9%を占めている。天然ガス資源状況及び探測開発進捗状況によると、中国石油天然ガス総公司は2000年に天然ガス250億立方メートルを生産し、2010年天然ガス500億立方メートルを生産する。ロシアの天然ガス資源量、生産量、輸口量も世界第一である。中中央アジア国家の天然ガス資源も極めて豊富である。これらの国は中国と良好な戦略パートナー関係がある。天然ガスの輸入に有利である。専門家の予測によると、2020年になると、我が国天然ガスは一次エネルギー生産構造の比重は5%を超える。輸入天然ガスを入れてエネルギー消費構造の中の8%を占める。エネルギー供給と需要矛盾とエネルギー構造改善及び環境品質向上に重大な意義がある。

統計資料によると、天然ガスは中国一次エネルギー消耗総量の4%しかを、占めていない。世界平均レベルより19%低い。遙かにアジアその他各国天然ガスの一次エネルギー消耗総量の20%レベルより低い。大きな発展スペースがある。

経済発展、加速都市化進捗及び環境保護政策因素も中国の天然ガスの需要を促進する。天然ガスの需要量は每年8%の速度增長すると予測している。2025年になると、3900億立方メートルに達する。現在レベルより約2500億立方メートルを增加する。中国の天然ガス市場は2025年に成人、現在規模の2.5倍になる。

同時に都市と農村地区大量人口の天然ガス使用につれ、住宅とビジネス建築用途の天然ガス(主スペース暖房供給と冷却用)用量は2025年に成人、現在レベルの3倍になる。天然ガスは交通運輸燃料の用量も増加する。2025年になると、交通運輸の天然ガスの需要量は200億立方メートルまで増加する。全体需要の5%を占める。

現在国内ではすでに生産または生産する液化天然ガス装置は約十数個がある。しかし、その総液化能力は有限である。主要の液化天然ガス出所は生産する液化天然ガスステーションである。中国の天然ガス需要市場は大きい。液化天然ガス衛生局投資小さい柔軟性と液化天然ガス非パイプ長距离運輸及び大面積御あーバーの働きにより、液化天然ガスは大きく中国都市天然ガスの進捗推進を加速している。中小城鎮の人口一定、経済規模一定、ガス用量一定レベル、一つ衛生局の投資負担できる、液化天然ガスの機能を利用して天然ガスの人類にもたらす文明を享受することができる。一方、液化天然ガス非管道運輸は靖征局の大面積オーバーすると、大きく液化天然ガスステーション必須必要な市場容量形成を加速することができる。新しい液化天然ガスプロジェクト建設に重要な促進働きを果たしている。LNG装置の資産利用率と資産利益能力を向上することができる。

東北地区の市場、特に吉林省は主に松南ガス田を依頼している。生産量は大きい。公主嶺石油とガス産業園区は公主嶺八屋鎮になる。松南ガス田の長いパイピング中枢ステーションである。吉林、長春、四平、公主嶺及び瀋陽等の都市ガス使用はすべて長いパイピングから輸送されたのである。車用ガスに入れると、この面について欠け口が非常に大きい。

現在、国内のLNG圧縮親ステーション数量は極めて少ない。レーアウトばかり段階である。

3)天然ガス産業予測

天然ガスは一つクリーンエネルギーとして下記の分野で広い発展前景がある。

①天然ガス発電はエネルギー不足緩和、燃石炭発電比例低減、環境減小の有効ルートである。ガス発電所は安定である。ガス消耗量大きい天然ガスユーザーは天然ガス工業発展に重要な働きを果たしている。経済利益からみると、天然ガス発電の単位容量必要投資は少ない。納期短い生産原価低い。強い競争力がある。

②天然ガス化工 天然ガスは窒素肥料製造の最適の原料である。投資少なく、原価低く、少ない等の特徴がある。天然ガスは窒素肥料生産原料の比重は世界平均では80%ぐらいである。我が国は20%である、2010年になるとこの比例は35%に達する。

③都市ガス特に居民生活用ガスは人民生活レベルの向上及び環境保護意識の増強につれ、都市時に大中都市は天然ガスへの需要は急増している。天然ガスは民用燃料の経済利益として工業燃料より優れている。工業より民用促進、安定に民用天然ガス発展は我が国天然ガス利用の主要方向である。予測では都市ガスの天然ガスの50%は居民生活に使われている。30%は工業窯炉用であり、20%は都市無事根す及びその他ユーザー用である。

④自動車用圧縮天然ガスは天然ガスを自動車燃料を代替する。価格低く、染少なく、安全等のメリットがある。現在我が国は計画的に天然ガス自動車使用の発展力度を強化している。ガソリンをし、都市自動車排気ガスを减少する。

関連専門家より天然ガスの異なる使用方向の経済利益を比較した。例えば表3の通りに、計算で結論を出した。1億立方メートル天然ガスを石炭都市農村生活と暖房を代替して每年石炭30万トン、二酸化硫排出量3600トン、煙塵3000トンを減少することができる。経済利益と環境効果は最も著しい。天然ガスは都市農村居民生活よ化工原料利用の経済利益が良い。工業燃料御及び発電用として経済利益が割合少ない。環境は中国中長期継続可発展制約の首要因素である。従いまして、天然ガスを民用としてその時の初めての選定である。その次は化工原料、生産化肥及びメタノール等の高付加価値の製品としている。我が国では大量に天然ガスを使用して発電用として資源化配置の原則である。天然ガス発電は第三位の比較合理である。これは経済利益、環境効果及び社会効果から評価後得られた結論である。

1.1.3 技術分析

現在世界の天然ガス液化装置の液化循環は主に次の段階を分けられている。ステッジ冷却循環、混合冷却循環及び冷膨張循環である。

()冷却循環:ステッジ冷却循環:これは一つ経典の冷却循環である。また「階段式」、「繰返式」或は「カスケード式」である。この循環は若干の異なる低温の下で操作する冷却循環繰返構成されている。ステッジ冷却循環は1939年にまず初めて液化天然ガス製品に応用されている。アメリカのClevelandに使われている。NH3C2H4の三つ冷却循環繰り返しにより構成される。液化必要な冷却量を提供する。これらの冷却温度はそれぞれ-40摂氏、-100摂氏度及び、-160摂氏度である。

仮処理後の天然ガスを熱器とC3H8C2H4 CH4冷剤を導入して熱交する。冷ホルスト、凝冷を経て、流到常圧までスロットル後、液化天然ガス貯蔵タンクに送入して貯蔵する。

()混合冷却循環:混合冷剤冷却循環は1960年発展された。ステッジ式冷却循環の欠点を克服した。混合式の一制冷剤と一台冷却剤圧縮機を採用している。制冷剤は液化の天然ガス構成要素により整備されている。十分混合して内にはN21~C­2­­炭化水素化合物がある。

多構成要素混合制冷剤はすこしずつ凝縮、蒸発、スロットル膨により異なる温度レベルの冷却を行う。少しずつ冷却と液化天然ガス目的のためである。

()冷膨張循環:高圧制冷剤を利用してターボエキスパンダーにより断熱熱膨張のクロードサイクル冷却して天然ガス液化のプロセスを実現する。気体はターボエキスパンダーの膨張降温すると同時に、駆動プロセス中の圧縮機に使われる。

1.1.4 プロジェクト建設の有利条件及び必要性

(1)政策条件

本プロジェクトは国家産業構造調整指導目次(2011年本)に符合し、激励類プロジェクトに属している。

(2)区位優勢

園区は省都長春より69キロである。長鄭路をへて東へ省都長春に達する。西は双遼市に行ける。内モンゴル東部と遼寧省中南地区と経済連絡することができる。詳細は公主嶺市八屋鎮古城街の東興油街の西富興路の南及び富民路の北にある。総用地面積は8平方キロである。長双道路(省道105)は全区の東西を貫く。建設中の長深高速道路は園区の北側を通り、園区西側に高速道路の出入口を設けている。

(3)技術優勢

三種制冷循環モジュール式技術は成熟であり、国内トップレベルである。同時に原価が低い。業界平均レベルより低い。

(4)人材優勢

わが園区内では現在石油とガス企業5社がる。長年の生産経営経験と技術優勢がある。

(5)産業基礎優勢

園区内担当曙光ガスステーションは松南ガス田の中枢ステーションである。松南ガス田と本地生産の天然ガスパイプはここまで輸送する。十分な天然ガス供給できる。園区用地は現在は全部一般農田を調整した。何時でも徴収して工場建設できる。

松南ガス田の天然ガス品質は安定であり、供給は十分である。吉林省天然ガス発展に有力な保障を提供している。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1 製品方案及び規模

(1)日液化天然ガス50万方。

(2)日圧縮天然ガス20万方。

1.2.2 建設内容

新建築総面積は15000m²であり、新購入設備は20台(セット)である。

1.3 プロジェクト総投資及び資金調達

1.3.1 プロジェクト総投資(詳細は表1による)

 1      プロジェクト総投資総一覧           単位:万元

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

 

建設投資

10433.72

95.6

 

 

建設期利息

283.72

2.6

 

 

流動資金

200.00

1.8

 

 

プロジェクト総投資(12+3

10917.44

100

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である

1.3.2 資金調達

企業自己調達

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標(詳細は表2による)

2               主要経済利益予測指標一覧表

番号

プロジェクト名称

単位

指標

備考

1

年均販売収入

万元

16888.56

 

2

年均利益総額

万元

5397.32

 

3

年均利税総額

万元

618.9

 

4

財務NPV(Ic=12%

万元

3036.05

 

5

財務内部収益率

%

17

 

6

投資回収期

4.41

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である

1.4.2 社会評価

エネルギー危機と環境染の当今、自動車は人々生活と経済建設に必須の交通工具としてまたはエネルギー危機と環境染の最大源頭として省エネ排出低減及び環境保護はきっと自動車設計と自動車製造の追求の目標になるに違いない。

2008年国家より実施した燃料税徴収は運輸車両の軽量に極めて大きな促進働きを果たしている。多くのバン式類車両に幅広く軽量化の複合材料を採用している。トレーナー構造部品は高強度鋼を採用している。これらの措施は極めて大きく車両原価を増加し、一定程度にユーザーの経済利益を影響している。本プロジェクトの提出は全ロード式構造設計は省エネ効果があるだけでなく、同時に良い環境保護効果もある。本技術はセミトレーナーのディ構造の重大革である。ユーザーに相当な経済利益を与えた同時に、省エネ排出低減及び環境保護方面にも良好な社会効果を与える。

1.5 プロジェクト合作方式

独資

1.6 外国側投資必要方式

資金

1.7 プロジェクト建設場所

公主嶺市石油とガス産業園区内

1.8 プロジェクト進捗情況

プロジェクトFS作成中

2. 合作側の簡単紹介

2.1 基本情況

名称:公主嶺市石油とガス産業園区

地址:吉林省公主嶺市八屋鎮

法人代表:張誠(管委会主任)

2.2概況:

公主嶺市石油とガス産業園区は20129月に中共公主嶺市委、公主嶺市人民政府批准により《全市特色産業園区作業実施意見について》を設立した。

公主嶺市八屋鎮至秦家屯鎮の中にある。企画面積は8平方キロである。現在園区内にが士ステーション7がある。大型石油とガス公司は20社余りがある。すでに地下ガス供給パイプをぱいぴんぐされ、パイプを3.4万メートルを延長した。特に中石化東北局投資建設の曙光ガスステーションを核心とする中枢ステーションは松南ガス田10億立方メートル運送と瀋陽、吉林、長春、四平、公主嶺等大中都市日あたりガス供給量は280万立方メートルの任務を担当している。その内、油井225個、ガス井120個がある。年間生産原油15万トン以上の中国化工株式有限公司東北石油とガス分公司はすでに園区に入居した。園区はまた6000万元を投資して公主嶺市66KV変電所得お建設する。電力上、園区に十分な保障を保証する。園区はすでに省都市農村設計院より設計企画された。園区はスペースレーアウトについて、「一四区」総体構造を形成し、「一軸」とは石油とガス産業園区中部の長鄭路じゃ東西方向の発展軸を形成する。「四区」とは行政事務区、石油とガス産業加工区、部品供給生活サービス区及びレジャーという。

管委会主任張、男、現在石油とガス産業園区副主任より作業をする。。

2.3連絡方式:

プロジェクト会社連絡係り:劉国紅

連絡電話:0432-6452722

ファクス:0432-6452722

イメールgzlyqyq@126.com

開発区サイト:www.gzlyqyq.com

 

プロジェクト所在市(州)経合局連絡係り:周可民

連絡宛先:公主嶺市経合局     

電  話0434-6219312 13504441655

イメール:gzl1655@163.com

 

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド