ホーム>投資>投資機会>重点な項目 T   T   T
遼源市純電気自動車アルミ合金部品プロジェクト
2016/09/20     出所:

 

 

1. プロジェクト簡単紹介

1.1 プロジェクト背景

1.1.1 製品簡単紹介

本プロジェクトは会社の自主研究開発した技術で技術含有量が高く、軽量化の純電気大型バス、電気乗用ボディーアルミ合金骨格、特種車アルミ合金キャブ、トラックアルミ合金ブラケット、アルミ合金燃料タンク、アルミ合金燃料タンクブラケット、アルミ電気モーターケース等の電気自動車のアルミ合金自動車部品を生産する。

1.1.2 市場前景

我が国自動車産業は「WTO」加盟以来、爆発式増長した。2015年、我が国自動車生産量は2200万台に達し、自動車販売量は2210万台に達した。中国自動車生産販売量はすでに世界第一になり、グローバル自動車市場の1/4を占めている。中国自動車はすでに注目される区域市場になり、グローバル主要自動車企業(集団)の戦略重点の一つにもなった。

産業政策から見ると、政策より方向指導は新調整が表した。十二五企画綱要は明確に消費者省エネ環境保護型自動車購入を激励すると提出した。更に自動車生産企業省エネ技術研究開発投入拡大をリードし、新技術発展の為に応用スペースを提供する。

全体から見ると、電気自動車産業化発展は迅速である。ハイブリット自動車は徐々産業化侵入の迅速発展期になっている。純電気自動車とプラグイン式ハイブリット自動車は市場導入期に入った。燃料電池自動車産業化は時期通りに増強している。現在、国際国内電気自動車及び重要部品産業化の投入は急増している。投入企画も大きい。電気自動車関連産業チェーンと産業組織は成形プロセス一を加速し、関連産業チェーンの部品供給は初歩的に形成している。

ようするに、電気自動車産業化は世界自動車工業の逆転換できない発展潮流になっている。産業チェーンは在絶えない擦り合わせと変遷中健全されている。大規模普及の前に、各国各業界は電気自動車産業化の面で競争があるが、業界を跨る分野を跨る広い協力はこれから未来の一定時間に電気自動車産業発展促進はメインメロディーである。

1.1.3 技術分析

電気大型バス、電気乗用車ボディーアルミ合金骨格、特種車アルミ合金キャブ、トラックアルミ合金ブラケット、アルミ合金燃料ランク油箱、アルミ合金燃料タンクブラケット、アルミモーターケース等の電気自動車アルミ合金自動車部品シリーズ製品の材料調達、生産プロセス及び製造、品質技術要求と運輸上に、プロジェクトの中高級管理者はすでに長年の関連仕事の経験がある。プロジェクト立案前、国内、国外現行工場建設サーアウト、工程プロセスと製造装備の全面評価を通過した。総合的に多くの工場の経験を生かした。導入した工程技術と製造設備は国際先進レベル達成を確保することができる。

1.1.4 プロジェクト建設の有利条件

1)政策条件

2010年国務院より出された《戦略性新興産業育成と発展加速の決定について》、省エネと新エネルギー自動車を重点発展の七大戦略的に新興産業の一つに列記した。2012418日に国務院は《省エネよ新エネルギー自動車発展企画》(2012—2020年)を通過した。新エネルギー自動車の発展を国家戦略高さに向上したと表明できる。発展目標では本企画下記の通り提出した。2015年、純電気自動車とプラグイン式ハイブリット自動車合計生産販売量は50万台に達し、2020年を超えると、500万台を超える。これから10年間は我が国電気自動車産業発展の重要時期である。政府は本企画制定及びパーケージ政策と強力措施を通過した。我が国電気自動車スタート段階の技術創新、産業化及び市場化難題を解け、電気自動車産業化取得実質的な進展を促進する。

2)交通優勢

東遼県は遼源市と隣接している。それぞれ吉林省四平市、長春市、梅河口市、遼寧省は西豊県と隣接し、長春より116km、瀋陽より246km、ハルビンより300km及び大連港より500kmである。道路方面では開発区は 「長遼高速」と隣接されている。対外交通は便利である。鉄道方面では「四梅線」がある。鉄道は全境貫く。快速汽車は首都北京を直通している。「長遼高速」を経て長春竜嘉国際空港より1.5時間である。ハ大高速道路を経由して大連港まで7時間しかからない。瀋陽桃仙空港より¥3時間である。建設中の交通連絡は遼西線鉄道等がある。

3)人材優勢

遼源工業学校は一つ総合類、多ランクのある工科中等専門学校がある。全省各地の為に各類専門技術人材6000人余りを育成し、各ランク管理人材2200人余りを育成した。地方経済の発展の為に積極的に貢献する。東遼は遼源市を依頼して人材供給について強い優勢がある。

4)原材料来源優勢

プロジェクト生産の主な原材料は鋼材、アルミ材である。鋼材はローカル供給は非常に充足である。アルミ材はプロジェクト建設会社であるマイダスアルミ業より自制のアルミ材製品である。従いまして、プロジェクト必要な原材料及び補助材料の供給は非常に充足である。協力条件が良い。

1.2 プロジェクト建設内容及び規模

1.2.1 製品法案及び規模

電気大型バス、電気乗用車ボディーアルミ合金骨格、特種車アルミ合金キャブ、トラックアルミ合金ブラケット、アルミ合金燃料ランク油箱、アルミ合金燃料タンクブラケット、アルミモーターケース等の電気自動車アルミ合金自動車部品シリーズ製品である。

予測では本プロジェクトは年間アルミ合金自動車部品2万セットを生産することができる。

1.2.2 建設内容

企画総敷地面積は43000m平方メートルである。企画総建築面積は38560m平方メートルである。全部新增建築面積である。

1.3プロジェクト総投資及び資金調達

プロジェクト総投資は21655万元である、その内、建設投資は17865.375万元である。

1                プロジェクト総投資まとめ一覧表            

番号

費用名称

投資額

総投資を占める比例%

備考

1

建設投資

17865.375

82.5

 

2

建設期利息

 

 

 

3

流動資金

3789.625

17.5

 

 

プロジェクト

総投資(1+2+3

21655

100.00

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4 財務分析及び社会評価

1.4.1 主要財務指標

予測では本プロジェクトの年間営業収入は21800万元である。年間利益は5552.56万元である。投資回収期は4年(税後、建設期1年を含む)である。投資利益率は25.64%である。

2:                主要経済利益予測指標预览

番号

名称

単位

指標

備考

1

営業収入

万元/a

21800

正常年

2

利益総額

万元/a

5552.56

正常年

3

全部投資財務内部

収益率

%

21

所得税後

4

財務正味現在価値(Ic=10%

万元

620

所得税後

(運営期10年)

5

全部投資回収期(税後)

a

4

建設期1年を含む

6

投資利益率

%

25.64

 

説明:表の中の「万元」はすべて人民元である。

1.4.2 社会評価

プロジェクト建設完成後、整備した産業チェーンを形成する。産業レベルアップを促進し、下流産業発展を促進する。同時にローカル就業を促進する。地方社会発展に良い促進働きを果たす。また遼源市柱産業進歩に良い促進の働きを果たす。

1.5 プロジェクト合作方式

独資、合資。

1.6 外国側投資必要方式

資金。

1.7 プロジェクト建設場所

吉林省東遼経済開発区。

1.8 プロジェクト進捗状況

合作計画書作成済み。

2.合作側簡単紹介

2.1 基本情況

名称:東遼県経済技術合作局

場所:東遼県白泉鎮東交大街384

法人代表:範玉儉

2.2概況

東遼県経済技術合作局は20096月に設立された。同時に東遼県工業集中区管理委員会の看板を掛ける。一つリーダーリップ、二つの看板である。県政府の派遣機構である。主に全県投資者誘致資金導入の重要活動の組織連絡、打ち合わせ、サービス及び重点プロジェクトの推薦、フォロー、サービス等の作業を担当する。関連地区経済合作、投資者誘致資金導入の収集整理プロジェクトは東遼県対外投資者誘致の窓口会社である。園区入居企業は土地、税収等方面で「一事一議」の優遇政策を実行する。

2.3連絡方式

連絡係り:李淑梅

連絡電話:0437-5077399

ファクス:0437-5077226

イメール:dlxjhj@163.com

プロジェクト所在市(州)連絡方式:

連絡先:遼源市経済技術合作局

連絡係り:崔世偉

連絡電話:0437-3528822    13766066922

ファクス:0437-3528822

イメール: lysjhj@163.com

市州ホームサイト:http://www.investliaoyuan.com/

 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド