ホーム>投資案内 T   T   T
経済発展
2016/08/30     出所:
    2015年、吉林省の振興・発展は新しい業績を挙げられた。地域総生産は同期比6.5%増の14274.1億元、成長率は東北地域のトップを占めた。規模以上の工業付加価値額は同期比5.3%増の6054.6億元、固定資産への投資額は同期比12%増の12704.3億元、東北地域で明らかにトップ地位を独占した。社会消費財の小売総額は同期比9.3%増の6646.5億元。

  民間経済の主業務収入は同期比8.8%増の32634.2億元に達した。対外開放は大きな成績を挙げられ、累計の外国貿易輸出入総額は同期比28.2%減の189.38億ドルになった。実質ベースの外資利用額は同期比12%増の85.72億ドル、他省資金の実質的利用額は同期比16.1%増の6829.83億元になった。2015年末時点で、76ヵ国家(地域)は吉林省へ投資し企業設立した。外資の主な来源地は香港、ドイツ、韓国、日本、米国、シンガポール、オランダであった。 

  20112015年地域総生産と成長率の推移 

  

 

  2015年規模以上の工業付加価値額と成長率 

  

  20112015年輸出入貿易総量の推移 

  

  地区の戦略的構図 

  吉林省は東部をエコ構造転換発展区に指定した。その範囲は、通化、白山、延辺、吉林樺甸市、磐石市の全域を含む23県(市、区)(長白山保護開発区を含む)を対象とする。 

  開発と保護を両立し、生態回復・維持、エコ産業、辺境の開放、大旅行など五大プロジェクトを実施する。 

  内部通路と外部連合輸送航路を重点とするインフラを建設し、東南環線の高速鉄道ネットと高速道路ネットを構築する。強力にグリーン食品、動植物の健康食品、天然薬物などグリーン製品を発展させ、ミネラルウォーター資源の持続可能な利用及び動植物資源の精密加工を推進する。計画的に鉱山製品を開発し、産業の集積的発展を加速し、エコ産業体系を構築する。一層に対外通路を開通し、強力に国境貿易を発展させ、医薬、木製品、さね、朝鮮人参、新型の建築材料など輸出基地を建設する。水産物、材木、石炭、石油、天然ガスなど資源の輸入を拡大し、北東アジア諸国との経済協力と技術交流を強化する。東部地域の観光資源を統合し、おすすめ観光コースを開発し、大旅行の構図を形成する。 

  中部を革新・構造転換核心区に指定した。その範囲は長春、吉林、四平、遼源など地区を対象とする。科学技術と市場の融合を強化し、産業とのマッチングを革新し、経済発展をけん引するモードを確立する。長春新区、長吉産業革新発展モデル区、長春国家級自主革新モデル区、吉林科学技術革新城など革新プラットフォームを建設する。革新資源と革新成果を企業・園区への集約と転化を推進し、新エネルギー自動車、軌道客車、光電子、医薬健康、ビッグデータ、バイオ化学工業、文化など産業の革新チェンを育成し、新たな経済成長点を形成する。交通軸に位置する重点的産業園区を活用し、産業の統合を加速し、長吉、長平、長遼、長松など新たな経済回廊を発展させる。革新・創業、産業発展、都市化、開放・協力など区域の高地を形成し、工業をハイエンド・スマート・エコへの転換、農業を規模化・高品質化・高効率への転換、サービス業を現代化・集積化・協同化への転換、都市をエコ・スマート・人文化への転換を推進する。自動車、農産物加工など兆級の産業を育成し、協同で専用車、熱交換器、紡織靴下業など千億級の産業を形成し、新たな成長点になることを目指す。 

  西部を生態経済区に指定された。その範囲は白城、松原の全域、長春の農安県、四平の双遼市など12県(市、区)を対象にし、国土面積5.5万平方km。修復と建設を両立させ、河湖貫通、緑化造林、防砂・砂漠改造、水害と風害防止など重大なプロジェクトを実施する。高価値と高効率の生態農業と特色ある産業を発展させ、西部の生態障壁を構築する。高効率の生態産業体系を構築し、飼養用草と雑穀の栽培面積を拡大し、国家の高品質の畜産品とエコの特色ある製品生産基地、輸出基地を建設する。強力にエコの農産物加工、オイルガスの採掘・加工、クリーンエネルギー、設備製造、生物医薬、生態観光など優位性ある産業を発展させる。 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド