ホーム>投資案内 T   T   T
重点の対外合作プラットフォーム
2016/08/30     出所:

  琿春国際協力モデル区 

  琿春国際協力モデル区の面積は約90平方km、国際産業合作区、辺境貿易合作区、中朝琿春経済合作区、中ロ琿春経済合作区など機能区を設置した。その機能として、長吉図の優位を活用し、北東アジアに向かって大東北にサービスし、中国と北東アジアとの協力・開発・開放を加速する重要なプラットフォームとして建設する一方、北東アジア地域における重要な交通中枢と商業貿易物流中心地、及び経済が繁栄し、環境が美しく、住みやすい生態型新城区になり、中国の東北地域における重要な経済成長区及び図們江地域の協力・開発の橋頭堡になることを目指す。 

  長春興隆総合保税区 

  長春興隆総合保税区はは現在、開放レベルが最高、優遇政策が最多、機能が揃う税関特殊管理区。吉林省政府が「長吉図」という戦略計画を実施する重大な核心プロジェクトであるだけでなく、長吉一体化戦略のキーとして対外開放の新たなプラットフォームでもある。重点的に自動車、自動車電子製品加工制造業、交通装備工業部品の製造及び部品組立製造業を発展させる同時、長春陸路乾港、竜嘉国際空港の機能を活かし、港通関、輸出加工、保税物流、中継貿易、国際仕入れ・販売・配達業務に手を掛けている。 

  中国・シンガポール吉林食品区 

  中国・シンガポール吉林食品区は中国とシンガポールの両国政府が農業と食品分野で推進する戦略的協力プロジェクトである。現時点で、食品区のプロジェクト全般計画を完成した。今後5年以内に100億人民元を投じて、インフラと関連プロジェクトの建設を行う。 

  2020年に食品区を国際一流の安全・健康食品の生産モデル区、近代的農業発展モデル区、農村「三化の計画的管理」モデル区、長吉図開発開放戦略の先行モデル区まで建設する目標を掲げられた。 

  長吉産業革新発展モデル区 

  長吉産業革新発展モデル区を建設することは、長吉図開発開放先導区の戦略を実施する重要な一環で、、吉林省が中央政府の「一帯一路」戦略と連結する重要なプラットフォームであるだけでなく、吉林省委員会が打ち出した区域の協調的発展と産業分布を実行する重要な施策でもあり、上海自由貿易区の改革・発展の経験を参考する重要な試み、各方面の積極性を引き出す重要な制度でもある。長吉産業革新発展モデル区の総面積約3710平方km、長東北と吉林市産業発展モデル区との2部分を含まれ、先進的制造業、近代的サービス業、近代的農業を重点とする近代的産業体系を構築し、開放・開発の先導区、産業構造転換・グレードアップモデル区、改革全面深化実験区を建設する計画だ。 

  長春新区 

  長春新区が長春市の主な市街区域と隣接し、主体が長春東北側に位置し、長吉図開発開放先導区の重要な構成部分である。長春市朝陽区、寬城区、二道区と九台区の一部を含まれる。長春ハイテク産業開発区をカバーし、建設面積約499平方kmを計画され、2020年まで新規増加の建設用地面積が87.5平方km以内に抑制する目標を掲げた。 

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド