ホーム>新聞 T   T   T
投資額20億元以上の重大プロジェクト8件が敦化に根を下ろし
2013/12/31     出所:

  敦化市が長吉図開発開放戦略の重点都市として確定以来、全力で「プロジェクトによる建設、産業による振興、開放と改革によるけん引」という戦略に力を入れ、課題の解決、プロジェクト建設のスピードアップ、規模の拡大、利益の増加などに取り組んだ。その結果、重大プロジェクトの建設では実り多い成果が挙げられた。そのうち、投資額20億元以上の重大プロジェクト8件が根を下ろした。プロジェクトの具体的な内容は以下の通り。

  1、計画投資額100億元の吉琿高速鉄道(敦化区域)プロジェクトのこと。鉄道方面の投資実行額は累計75億元になった。現時点で、敦化駅、三三零五専用線、大橋貨物置き場、三電移設、配線解体、道路改造などの工事は建設完了した。また、敦化駅は使用開始し、大石頭南駅、威虎峰北駅は来年使用開始する予定である。

  2、計画投資額95億元の鶴大高速道路(敦化区域)プロジェクトのこと。2013年にプロジェクトの投資実行額は10億元であった。年末までに土地収用・撤去作業はすでに完成した。2014年に継続に40億元を投資し、4月に着工する予定である。

  3、計画投資額78億元の水力発電所プロジェクトのこと。現在、道路の建設は加速中。2014年に上下庫区の山道路、臨時兵舎設営場所、通風穴、交通穴を建設し、インフラの建設を着工する予定である。

  4、六鼎山文化観光地の総合開発プロジェクトのこと。「第12次五カ年計画」期限内に計画投資額は26億元に対し、現在、投資実行額は累計14億元に達した。5A級観光地の整備を推進しているため、観光地の道路、緑化、サービス施設は改善しつつある。年末まで観光客は延べ70万人になる見通しである。また、2014年にビジネスホテル群、養生センターなどのプロジェクトを着工する計画がある。

  5、計画投資額23.6億元の塔東鉄鉱プロジェクトのこと。現在の投資額は23億元に達した。鉱山選定・技術改良プロジェクトが既に竣工し、道路や補助プロジェクトが間もなく工事完了し、安全生産の許可、水害・風害防止方案、環境評価なども完成した。なお、2013年に正式に生産開始し、鉄粉を65万トン製造した。

  6、投資額20億元の敖東工業園プロジェクトのこと。第1期工事には漢方薬材料栽培基地と煎じ薬の加工プロジェクト、朝鮮人参の加工プロジェクト、薬用包装材料基地建設プロジェクト、中日合弁酵素の製造プロジェクトと公用施設建設工事がある。第2期工事も順調に進んでいる。具体的にいうと、まず、力源薬業新工場区プロジェクトは正式に生産開始した。次、総合科学研究ビルはすでに正式に使用開始した。それから、生産能力3000トンのゼラチンプロジェクトは着工し、年末に基礎工事及び一部の設備据え付けが完了する予定である。更に、現在、薬用ガラス、生物薬、化学薬という3件のプロジェクトを計画中。

  7、投資額20億元以上のバイオマス新エネルギープロジェクトのこと。現在、武漢凱迪生物質発電プロジェクトは主体工事を着工した。年末に主体工場の建物建設を竣工し、2014年に発電開始する見通しである。また、武漢凱迪バイオマス航空ディーゼル・オイルプロジェクトは現在、前期の企画・設計を進め、2014年に土地使用申請に関する準備を開始する計画がある。

  8、投資額20億元の風力発電プロジェクトのこと。現在、中広核風力発電プロジェクトはすでに省発展改革委員会の承認を得たため、土地、林地の前期準備が進めている。また、分散式の風力発電プロジェクトは省発展改革委員会に申し込み、現在許可待ち中で、「第12次五カ年計画」の第3陣の風力発電プロジェクトに収録できるように準備開始し、国家の関連部署に関連書類を提出した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド