ホーム>新聞 T   T   T
第10回中国(長春)国際アニメ・ゲーム芸術博覧会が開催
2014/05/13     出所:
  10回中国(長春)国際アニメゲーム芸術博覧会組織委員会第1回会議および記者会見は58日午前に開催した。この博覧会は第5回東北アジア芸術週間の主体活動の1つとし、530日~65日に長春国際会議展示センターで開催する予定だ。

  今回のアニメゲーム芸術博覧会の敷地面積は3万平方メートル、史上の最高値を記録した。その内、高級展示区の敷地面積は1万平方メートル、ブース100ヵ所を設けられ、韓国光州国際文化アイデア産業会社、台湾饅頭家族動漫衍生品公司、台湾銘顕文化伝播有限公司、テンセント動漫、名家デジタル系統科技(深セン)有限公司、広州柚柚有限公司、インテル中国有限会社など国内外の有名なアニメゲーム企業が出展する。標準ブースの敷地面積は1万平方メートル、ブース200ヵ所を設けられ、全国各地から2000名ほどのアニメゲーム企業は長春アニメゲーム芸術博覧会に出展する。また、敷地面積1万平方メートルの活動区にて、「子供向けゲーム展示大会」、「街踊り大会」、2014英雄連盟挑戦試合、2014モル真人ラジウム戦、第4回「天下聚会」TVGame精鋭試合、第5回チャンピオンマッチ、TopShow平面撮影展、Naughty Castle体験区、モーターショー、現場落書きなど内容多彩な活動を行われる予定だ。

  展示規格は以前と比べて大幅に向上した以外、以下のイベントにも設けられた。間もなく開催する2014China-JoyCosplayカーニバル東北大会にて、東北地域を代表する2014ChinaJoyCosplay上海総決勝戦参加の優秀チームを選出する。「2014金リス賞」アニメゲーム募集大会という国際大会を行われ、受賞の選手はテンセントアニメゲームの契約画家になる機会がある。そのほか、「奇異-不思議3D芸術絵画展」にも間もなく開催する。3D芸術絵は新しい絵画の芸術形式として欧米で流行ってきた。直近数年に国内に進出した3D芸術絵画展は広大な市民に斬新な視覚芸術感を与えられるに違いない。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
3.jpg
エイス北東アジア博覧会.jpg
服務ガイド