ホーム>新聞 T   T   T
吉林省が塩業体制の改革を実施へ
2017/01/04     出所:

  吉林省は国家の関連要求に基づき、201711日から、塩業体制に対して食塩販売区域の制限を打ち破り、食塩価格を開放にする改革を実施すると決定した。但し、食塩へのヨード添加との政策は従来と変わらないと方針を固めた。

  吉林省の塩業体制の改革に関し、食塩の運送許可証を取り消し、他省(区、市)省級の食塩卸売企業と食塩許可証取得済みの食塩製造企業が吉林省へ食塩販売経営活動の展開を許容する。これは食塩種類の豊富化につながり、消費者に多くの選択権を与えることを示す。但し、食塩区域の制限を打ち破ったことは、食塩の専門的経営を取り消すことではなく、卸売り・専門的経営制度をベースにし、既存の食塩生産企業と食塩卸売企業を基数にし、食塩卸売り企業の増設を承認しなく、その他の各類商品流通企業にも食塩の卸売りを禁止するものとする。

  今回の改革では、政府による値段確定体制を取り消し、食塩の出荷価格、卸売り価格、小売価格を公開化にする。企業が生産・経営コスト、食塩の品質、市場需給状況など要素によって自主的確定できる。一方、政府の関連部門が食塩小売価格に対する市場管理を強化し、厳しく価格上昇、価格詐欺、買いだめなど不当の価格行為を取り締まり、食塩価格の安定化を確保する。実情に応じて価格干渉と他の緊急措置を講じ、一般食塩価格の異常なバラツキを防ぐことを目的とする。現時点で、吉林省は政府食塩備蓄制度を運用し、製塩企業の在庫が十分で吉林省人民の需要を満足できる模様だ。

  食塩へのヨード添加という政策は従来と同じにする。食塩は従来と同じようにヨードを添加する。吉林省のヨード塩濃度は国家25mg/kgの基準を適用する。即ち、吉林省区域で販売するヨード塩のヨード量はこの規格を満たすことは条件とし、ヨード欠乏病を防ぎ、人民身体の健康を保つことが必要だ。

  201711日~20181231日を塩業体制改革の移行期とし、政府の関連部門は食塩市場に対する管理を強化し、食塩の名義で工業塩の販売、不合格なヨード塩など各類の違法犯罪行為を取締り、食塩市場の秩序を維持し、人民群衆の食塩安全を保証する方針を固めた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド