ホーム>新聞 T   T   T
劉国中氏と黄燕明氏が全国政治協商会議経済委員会実地調査チームと会談
2017/07/05     出所:

  吉林省党委員会副書記・省長の劉国中氏と省政治協商会議主席の黄燕明氏は7月4日、長春で全国政治協商会議常務委員・経済委員会副主任の陳錫文をチームリーダーとする経済委員会特別実地調査チームと会談した。

  劉国中氏は省党委員会と省政府を代表し、実地調査チームが吉林省へ「食糧定価体制、補助金政策・買付けと備蓄制度の改革」に対する実地調査に歓迎の意、全国政治協商会議経済委員会と実地調査チームの専門家、指導者が長年に亘って吉林省の発展・振興への多大な支持・協力に謝意を表わしたとともに、「国家トウモロコシ買付け・備蓄制度の改革実施につれて、吉林省党委員会と省政府は中央政府の方策を実行し、改革を全力で推進し、トウモロコシ買付け・備蓄制度の改革が大きな成果を挙げられ、穀物買付けの目標にも達成された。今後、全国政治協商会議経済委員会が引き続き指導・支持することを望む」と述べた。

  陳錫文氏は、「吉林省はトウモロコシ買付け・備蓄制度改革にあたって、積極的な進展を得られ、農業のサプライサイドの構造改革は予定通りに進めんでいる。吉林省は引き続き農村改革深化、特にトウモロコシの買付け・備蓄制度の改革を模索し、参考できる良い方法を積み重ね、改革に多く貢献することを期待する」と表明した。

  それ以外、全国政治協商会議経済委員会副主任の侯建民氏、尚福林氏、全国政治協商会議人口資源環境委員会副主任の王国発氏、実地調査チームのメンバー、省政治協商会議副主席の別勝学氏にも会談に参加した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド