ホーム>新聞 T   T   T
世界吉商連合会の最大投資プロジェクトが蓮花山に根を下ろし
2017/07/10     出所:

  7月5日、世界吉商連合会主席の張思民氏一行は長春蓮花山生態リゾート地を訪れた。双方は「大生態特色ハイエンド産業集積」を開発・建設するプロジェクトの枠組契約書を締結した。これは世界吉商連合会が創立以来に、締結された単口の最大投資プロジェクトとなり、契約金額が約300400億元。今後、吉商本部小鎮、大健康基金小鎮、国際医学養生開発小鎮、世界名校小鎮、吉商産業インキュベーター小鎮、生態文化旅行センター小鎮、東北アジア風情園などを重点的建設する内容を定めた。

  今年初め頃、長春蓮花山リゾート地は数年のインフラ建設を経て、「生態、大健康、大文化、大レジャー」を産業の位置付けと明確され、国内・海外向けに企業誘致・資金導入を再キックオフした。長春蓮花山リゾート地管理委員会主任の邵大明氏は、「リゾート地は豊富な資源条件を発揮し、吉商連合会プロジェクトの建設に有力な政策支持を与える方針だと表明した。今後、国家文化旅行産業都市化の戦略を実施する重要なチャンスを捉え、吉商連合会と戦略的提携関係を築き上げ、優位性の補完を利用し共同な発展を図ることを目標に掲げられた。それ以外、長春蓮花山リゾート地は専門チームを設置し、吉商連合会に高品質のサービスを提供する計画にも策定した。

  2016年7月に設立した吉商連合会は世界に分布している吉林企業、吉林省内で投資・創業の非吉林省籍の企業家、在吉林省の他地方商会、すべての国内外の吉林省商会、関連の業者協会、社会団体が自らの意志で構成する社会団体組織であり、本部を長春市に設置した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド