ホーム>新聞 T   T   T
長白山、中国避暑名山ベストテンのトップに選ばれ
2017/07/10     出所:

  先日、アジア太平洋環境保護協会などは香港で「2017中国避暑名山ベスト100」ランキングを発表された。吉林省の長白山は夏季にさわやかで心地良い旅行目的地として顕著な優位、及び山地避暑旅行の急成長など特徴を持ってランキングのトップに選ばれ、「中国避暑名山ベスト10」ランキングにランクインした東北地域における唯一の避暑地となった。

  2017中国避暑名山ベスト100ランキングは、香港桂強芳グローバル競争力研究会(CICC)、アジア太平洋環境保護協会(APEPA)、世界文化地理(学)研究院(LCGA)環境快適度研究室、天下評価センター(CPPC)、総合参考発表機構が各地の避暑名山の歴史年度、直近又は当期の生態環境データ、夏季観光の環境快適データーを長年に蓄積し、国連世界気象組織、世界各国気象機関、香港天文台と関連目的地が公開に発表した気候最新情報を参考にし、香港の国内外観光客の意見を求めた上、ランキングした結果である。

  長白山は中華名山ベストテンの1つとし、4年連続で中国避暑名山ベストテンのトップ地位を独占した。長白山は季節風の影響を受ける温帯大陸性の気候に属し、8月の平均気温は19.9℃程度、世界の消夏・避暑地の称号を獲得した。長白山岳地帯は大森林の面積約20万ヘクタール、森林被覆比率は98%程度。広い大森林には、毎日に大量な酸素を釈放し、マイナス酸素イオンの濃度が高く、巨大な天然酸素バーに身を置いた感じだ。長白山は特有なレジャー・リゾートの資源を保有し、リムジン、キャンプ、自転車旅行、徒歩山登りなど面で顕著な優位性があり、夏季に避暑・消夏・リゾートの第一選択地と認められた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド