ホーム>新聞 T   T   T
劉国中氏は松原へ災害後の復興に指導
2017/08/07     出所:

  

  吉林省党委員会の副書記・省長の劉国中氏は8月6日、地震と洪水に遭遇した松原市の被災現場と被災者避難所へ、損壊された住宅、施設、耕地などを確認し、災害対応の第1線に戦う幹部や大衆を見舞い、災害後の復興を指導した。(撮影:鄒乃碩、王萌)

  吉林省党委員会の副書記・省長の劉国中氏は8月6日、地震と洪水に遭遇した松原市の被災現場と被災者避難所へ、損壊された住宅、施設、耕地などを確認し、災害対応の第1線に戦う幹部や大衆を見舞い、災害後の復興を指導した。劉国中氏は、「党中央と国務院の指導者が震災対応、水害対策、被災者救助に対する重要な指示を徹底的に実行する同時に、吉林省党委員会の要求に従い、人民を中心にする発展思想を確立し、自信を固めてやる気を引き出し、総力を挙げて全力で災害後の復興に取り組み、災害対応の全面的勝利を勝ち取る」と強調した。

  地震の影響を受け、寧江区の一部村・家屋は倒壊・損壊し、村民が避難所に移転された。劉国中氏はまず寧江区伯都郷の伯都小学校の避難所へ、被災者を見舞って生活状況を尋ねた以外、物資の供給を強化し、庶民の基本的生活を確保すると現地の党幹部に要求した。

  劉国中氏は、住宅が震災の影響で倒壊され、目の前の瓦礫を見て焦っていた寧江区・伯都郷・伯都村の田潔村民、熊樹文村民に、自信を高めて勇気を出し、粘り強い意志を持って災害を対応し、難関を乗り越えることを期待する。党と政府は災害後の復興に協力すると励ました。新城郷・農業林村において、地震の影響で倒壊された家屋は再建開始した。劉国中氏は詳しく災害の自主対応などを聞き、被災者が暖かい冬を過ごさせるように再建・復旧の加速に努める」と述べた。

  「カイドウ」台風と西風溝の影響を受け、松原は豪雨に見舞われた。長嶺県・光明郷・光明村の貧困家庭である劉鳳蘭氏の住宅は浸水のため危険な住宅になった。劉国中氏は屋内に入り被害程度を確認し、現地幹部に劉鳳蘭氏の家屋再建、脱貧困政策の実行、1家の生活維持に協力すると要求した。その後、劉国中氏は光明村のトウモロコシ浸水地へ被害程度を確認し、「科学的に被災地の復旧、浸水の排水を指導し、損失を最小限に抑制する」と指摘した。

  劉国中氏は座談会を開催し、松原市の災害後の復興など紹介を聴取したとともに、「震災・洪水に見舞われ、松原市の各級党委員会と政府は迅速に行動し、直ちに被災者を避難させ、災害対応策を実行し、重大な段階的成果を挙げられた。災害後の復興に関しては、1、被災者の避難所、生活など着実に解決すること。人の安全を最優先にし、人民の生命が至上である理念を庶民の避難と災害救助の実践に応用する。長期間に避難必要な庶民に対し、分散避難の方式を取って関連の政策と標準を適用し、被災者の生活問題を適切に解決し基本的生活を保障する。2、損壊された家屋の再建を加速すること。損壊された住宅の安全鑑定を実施し、安全基準を満たさな場合は、戻し居住を禁止する。貧困家庭の損壊家屋に対し、総合的に各類の扶助政策を運用し、政策の相乗効果を発揮し、被災者救助の効果を高める。すべての震災・洪水による損壊された家屋に対し、修繕・再建を加速し、家屋の建設品質を保証し、冬に入る前に引越しできるよう努力する。末端幹部は現場で全力で災害対応・被災者救助を指導する。真面目に被害程度を確認し、資金面での支持を拡大し、災害対応・被害者救助を確実に実施する。3、秩序的に工業・農業の復興を展開すること。被災地、被害企業、農家の被害程度に応じて対策を実施し、災害による生産停止の工業企業と被害農家の困難解決に協力する。出稼ぎを激励し、収益増加ルートを広げ、被害損害を補填する。4、計画的に各活動を遂行すること。水害対策と被災者救助を計画的に推進する同時、全力で成長の安定化、構造調整、改革促進、民生改善、リスク防止に取り組み、経済社会の安定且つ健全的発展を促進する。油断せずに安全生産を強化し、重大特大事故に発生する抑制し、重大且つ特大な災害の発生を撲滅し、社会の安定化を維持することは不可欠だ」と要求した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド