ホーム>新聞 T   T   T
吉林省今年、7万人の出稼ぎ農村労働者が帰郷起業
2017/08/08     出所:

  8月7日午前、吉林省政府は出稼ぎ農村労働者など人員帰郷起業推進幹部チームの第1回総会及び吉林省出稼ぎ農村労働者など人員帰郷起業推進テレビ会議を開催した。会議において、2017年の出稼ぎ農村労働者など人員の帰郷起業に関する目標・任務を明確にした。具体的に、年間の出稼ぎ農村労働者など人員の帰郷起業人数は7万を超え、5以上の帰郷起業モデル県を建設し、省級の出稼ぎ農村労働者の帰郷起業基地20以上を新設する。出稼ぎ農村労働者など人員向けの帰郷起業教育2500人を展開し、帰郷起業の支配人2500人を育成する目標を掲げた。

  会議において、下記のことを要求された。各級党委員会、政府と各部門は帰郷起業の資金支持の拡大、帰郷起業プラットフォームの構築、帰郷起業の指導サービスの強化、帰郷起業の教育実施、活動開催の管理強化など面で、帰郷起業への支持を強化し、年間目標・任務の達成を確保することは必要だ。

  一方、発展方向を見極めて責任を背負って、一層に出稼ぎ農村労働者など人員の帰郷起業の使命感と責任感を増強する。事実に基づいて実行を強化し、出稼ぎ農村労働者など人員の帰郷起業に関する目標・任務を細分化にし、実行に移す。需要に応じて注目点を捉えて、更なる出稼ぎ農村労働者など人員が帰郷起業で直面する際立った問題を解決する。責任を強化し各活動を完遂し、一層に帰郷起業を推進することは不可欠だ。

  更に、出稼ぎ農村労働者の帰郷起業を促進することは良いタイミングを迎えた。各級党委員会、政府と各部門は吉林省の経済社会発展の戦略に立って、積極的に条件を創造し、実行力を高め、企業誘致だけでなく、起業者の成長にも後押し、吉林省で帰郷起業の最大な潜在力と活力を釈放することに努めるべきだ、と要求された。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド