ホーム>新聞 T   T   T
北東アジア博覧会のオンライン展示館が間もなく運営開始
2017/08/08     出所:

  吉林省貿易促進会によると、「中国―北東アジア博覧会オンライン展示館」は8月18日に運営開始する予定だ。主催側は聚貿易傘下の会議展示プラットフォームである聚博会と提携し、オンライン展示館を建設する。主にオンラインとオフラインの組み合わせにより、北東アジアの資源共有化を図り、専門的な展示プラットフォームを構築することを目的とした。

  「北東アジア博覧会のオンライン展示館」プロジェクトは、主催側が今回の北東アジア博覧会の出展企業に提供する無料の付加価値サービスである。ロックイン企業は聚貿システムを利用し、世界の客先資源を活用でき、販売ルートを広げ、ブランドの知名度向上につながる。一方、聚博会システムが提供するオンラインブランド館により、オンラインの客先資源と全方位のサービス支持をアウトプットでき、オンラインとオフラインの資源一体化を実現できる。更に、出展企業の博覧会現場とオンラインの取引を後押し、企業の出展効果を高めることにもつながる。

  「中国―北東アジア博覧会オンライン展示館」プロジェクトでは、浙江聚貿控股グループと吉林省貿易促進会が提携し、第11回北東アジア博覧会のために開発された独自な特色あるオンラインプラットフォームである。オンライン展示館と現場展示館の一致性を実現し、並行に9大模擬施設を設け、実体展示会の展示機能をオンライン展示にコピした。また、中国国内・海外企業と消費者のオンライン見学により、展示会の周期延長、展示会の効果拡大にメリットがある以外、すべての参加者や入場できない客先にもビジネスチャンスを与えられるとみられる。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド