ホーム>新聞 T   T   T
吉林日報の記事:吉林省がイノベーションを先手棋として活用
2017/08/09     出所:

  東北地域は世界経済構造の大転換の中、産業構造の原因で「資源依存」から脱出できずに、2015年から経済の成長率は大幅に落ち込んだ。党中央、国務院は東北地域の発展を高く関心し、『東北地域など旧工業基地の全面的振興に関する若干意見』を打ち出し、東北地域に振興の新道を踏み出すことを要求された。

  振興の進め方?突破口は?2015年7月、習近平総書記は吉林省へ視察し、企業の現場や畑へ人民の声を聞き、吉林省の発展実態を把握した上、「変化の中に新、進歩、突破を求め、高品質、高利益、最適な構造、優位が十分な釈放する発展の新道を踏み出す」と要求した。

  吉林省党委員会政治研究室の王氷氏は、「習近平総書記が掲げた発展の新道は将来性ある道であり、吉林省の発展に方向を明示した。農業の大範囲、工業の重さ、自動車の単一性など問題を解決するため、吉林省党委員会は振興の全体戦略を中央の五大発展理念の実行に迅速転換し、トップ設計と末端の模索を結びつき、トップの方策に従って、縦と横方向から秩序的マッチングし、「点」と「面」から同時に力を入れている。簡単に言うと、「加減乗除」を並行に実施するこだ。プラスとは、弱みを改善し長所を活用することを指す。削減とは、排出削減を指す。乗とは、革新によるけん引することを指す。除とは、改革の拡大を指す。その核心は変革を捉えることだ。

  革新は、技術と企業の「掛け橋」を構築することだ。

  「革新を先手棋として活用」は、習近平総書記が既存資産の活用に対する施策であり、技術と実体をマッチングする最良いの解釈である。この2年間、中車長客社は「自主革新・実態把握、プラス方向の設計、長客に根下ろし」を方針にし、十分に技術センターの優位を発揮し、「復興号」中国標準の高速列車、CRH380BL厳寒対応高速列車を開発された。相次いでメルボルン、シドニー、ボストン、ロサンゼルスなど国際プロジェクトを受注し、2016年の売上高は335億元の歴史最高値を更新した。

  長春ハイテク南区にある国有企業の東北工業集団長春一東クラッチ会社は正式に調整・改造の新見本になった。

  一東会社の社長・党委員会書記の孟慶洪氏は、全新のオートメーション化の現場を指しながら、「習近平総書記が視察の時にこのプロジェクトはまだ建設してなかった。総書記の指示を受けて革新の道を歩く自信を強められ、世界と対話する勇気にも沸いた。現在、機械化により人員合理化戦略を推進し、従来の生産ラインの従業員人数が14名だったが、改造2回実施後、5人まで削減した。今年上期、クラッチ製品はドイツなど多数の国家に輸出され、企業の利益が倍増となった」と紹介した。

  吉林省党委員会書記の巴音朝魯氏は、「イノベーション戦略とは、イノベーションを経済成長の「エンジン」とエネルギー転換の「核心エンジン」にし、「加減乗除」の効果を求め、「有から新を生む、無から有を生む」に取り組み、経済の粗放的発展から集約的発展への転換を促進する」と要求した。

  技術の成果と企業をマッチングし、吉林省の革新仕組みは、科学技術庁が技術成果の転化に掛け橋を構築した。主に企業は技術開発の主体地位を重視し、産業チェーンをめぐって革新チェーン、革新チェーンをめぐって産業チェーンを構築した。大学と科学研究機構は重大且つコア・共通性の技術テーマに対して共同で研究し、企業は国家級、省級の技術センターを創立し、中小企業が公共技術プラットフォームでサービスの共有化を図った。その結果、社会の革新・起業の活力が激発され、新経済、新業態、新モードの形成を加速され、科学技術型の「小巨人」企業が動力転換の新エネルギーになった。「吉林1号」衛星は成功に打ち上げられ、無人機、ロボット、炭素繊維など重大なプロジェクトは急成長を遂げられ、科学技術が経済成長への寄与率は53.6%に達した。

  「吉林省スマート製造」は振興を促進した。

  装備製造は吉林省における四大重点産業の1つである。習近平総書記は「装備制造業を重要な産業とし、投資と開発を拡大し、全力で世界の製造高地を占領し、技術の発言権を捉え、中国を現代製造装備の製造大国と強国になる」と吉林省に高い要求を出した。

  装備製造事業は長春で発展され、今後の発展は長春に関わる。長春市委員会書記の王君正氏は、「装備製造は長春産業をリードする産業であり、イノベーション・スマート製造により産業の「高」と「新」を構築し、他の産業の発展をけん引できるとみられる。

  「スマート製造」のポイントは、「スマート」である。長春市の生産部門学校科学研究機関は共同で革新の試験導入モデルを構築し、「政府部門・生産部門学校科学研究機関・金融部門」など7位一体のクラウンプラットフォームを確立し、企業がインテリジェント化、デジタル化、スマート化への構造転換・グレードアップを推進した。複数の「専門化・特別化・新型化・精密化」のスマート装備業界で「小巨人」企業とスマート製造装備企業は急成長を遂げられた。長春工信局のスタッフは、CMOSセンサー、玄武岩繊維、ポリイミドなどを言及し、この一連用語から専門知識を体現した。

  長春市工業情報局の李維彬局長は、「中国製造「2025」の試験導入モデル都市として、長春は大成果を収めたため、国務院からの称賛と奨励を受けた。2016年、長春市の一定規模以上の工業生産総額は同期比8.6%増の9278億元、工業の付加価値額は同期比8.3%増の2332.2億元になった。更に、全国における15の副省級都市の中、工業総量は第9位に上がり、伸び幅はトップになった。工業総量、伸び幅、工業投資総量はいずれも東北工業強市のトップ地位を独占している。

  長春は、自動車、客車、機関車、トラクター、オートバイなどだけでなく、高級自動車、メトロ電車などにも製造された。6月30日に試運転した地下鉄、世界五大洲で稼働中の高速列車は、世界レベルの技術を確立した。困難な局面を乗り越え、膠着な局面を打ち破り、新局を開拓することに取り組んできた。長春は旧産業の技術イノベーションに努め、インターネットを活用し急成長を遂げられただけでなく、思想の解放により革新・改革をけん引し、再びに発展の追越し車線に入った。今年上期、長春は良い実績を実現された。地域総生産は2651.1億元、不変価格で計算すると、前年同期比8%増となった。この急成長は単純な投資によるけん引した結果でなく、「スマート製造」に取り組んだ結果であるとみられる。

  「1産業のみ発展」を変え「全面的発展」に努めている。

  自動車産業だけ発展されたことは、吉林省の発展を制約する弱みである。産業体系の不健康な発展を変え、吉林省の全面的発展を図る方針を掲げた。吉劇は吉林省の地方戯であり、二人転と地方の歌舞を融合した劇とする。経済のモデルチェンジを実現するため、新興産業の育成とサービス業の発展は欠かせない。

  自動車産業、農産物加工、化学工業の発展を促進するのは、構造転換・グレードアップを図る基礎とみられる。吉林省は医薬健康、装備製造、電子情報、観光業など新興産業の発展に注力している。2016年、戦略的新興産業の生産額は同期比7.7%増の3529億元、4の新興産業の年間伸び幅は9%以上、うちの観光業は25%に達した。

  吉林省の新興産業は高起点、後発の優位性あるなど特徴がある。長春市は華為、Inspur科大訊飛などビッグデータ業界の先導企業を保有し、起点は製造の高地を占領したと言える。今年上期、主な制造業企業の成長鈍化にも関わらず、長春全市の工業は8%以上の成長スピードを実現し、「1産業のみ発展」の構造を打ち破られた。

  サービス業の「弱み」を改善し、プラス法を活用した。生産性のサービス業と生活性のサービス業は並行に急成長を遂げられた。2015年から、サービス業は8%以上の急成長を維持し、2016年の付加価値額は6240.53億元、伸び幅は8.9%、地域総生産の41.9%を占めた。前年比3.1ポイントを上回った。新規登記のサービス業企業数は同期比49.4%増の6.67万社になった。

  習近平氏を核心とする党中央の治国・政治統制の新理念・新思想・新戦略を実行し、吉林省が革新的発展の面で広い道を踏み出され、経済社会の発展が安定化を維持し、良い発展の傾向を示し、経済発展のスビートにも加速された。2016年、地域総生産の成長率は6.9%、全国平均値より0.2ポイントを上回った。今年上期、経済成長鈍化にも関わらず地域総生産の成長率は6.5%になる見通しだ。

  7月21日、吉林省党委員会と省政府は『吉林省工業構造転換・グレードアップ行動計画(2017―2020年)』の通達を発行した。その内容によると、2020年まで、工業の構造転換・グレードアップ行動計画の実施につれて、伝統的発展パワーの増強及び新発展パワーの育成を加速し、工業の構造転換・グレードアップが段階的な成果を収めることを目指す。一方、産業と医薬健康産業を新たな支柱産業として確立し、支柱産業の数は3産業から5産業まで増え、新エネルギー産業の生産額規模は1兆元以上になる目標を掲げた。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド