ホーム>新聞 T   T   T
吉林省が高級職業教育の海外発展ルートを模索へ
2017/09/28     出所:

  先日、吉林電子情報職業技術学院は青年骨幹教師を選出し、ザンビアへ3ヶ月間の中国有色金属業界の職業教育「海外進出」提携プロジェクトに参加した。彼らは中国有色金属集団からの依頼を受けて、ザンビアで企業の実態調査を展開し、ザンビア現地の従業員に関連の技能技術指導を実施する予定だ。

  審査と選出を経て、吉林電子情報職業技術学院を含む全国の8大学は第1弾の中国非鉄金属業界職業教育「海外進出」プロジェクトの試験導入大学として指定された。吉林電子情報職業技術学院は省政府の承認許可を得て、中国有色グループがザンビアプロジェクトでの採鉱、選鉱、製錬、オートメーション化、情報技術類の専門的教育訓練を担当することになった。現地時間の9月7日、ザンビア謙比希冶湿法有限公司で秘密保持の教育を受け、企業従業員に技能教育を展開し、関連課程を教える。同時、吉林電子情報職業技術学院は本学期に第1弾のザンビア留学生を受け取り、学校・企業の提携によりザンビアで職業学院を建設し、ティーチングマシンと教師面の支持を提供し、ザンビアに教師を育成し、ザンビアの職業教育に適合する資源、教材、工業中国語課程などを開発する方針を発表した。

  吉林電子情報職業技術学院は吉林省初の職業教育「海外進出」の大学とし、「海外進出」試験導入プロジェクトの参画により、高級職業教育の海外発展の有効なルートを模索した同時、積極的に吉林職業教育の国際交流と協力を進められ、職業教育の海外進出を実現した。更に、吉林職業教育の方式と経験を発展途上国に伝達し、「海外進出」企業に本土の技能人材を育成され、吉林省が国際での影響力を拡大され、吉林省の高教強省戦略のために有益な試みになった。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド