ホーム>新聞 T   T   T
吉林省政府が省所属企業の赤字から黒字へ転換会議を開催
2017/09/28     出所:

  吉林省政府は9月26日、省所属企業の赤字から黒字へ転換会議を開催した。会議の主要な任務として、党中央と国務院の方策に従い、省党委員会と省政府が掲げた国有企業改革攻略戦の指示・要求を実行し、省所属の国有企業に対して改革・発展を再動員・再計画し、国有企業の3年脱貧困の目標を達成することを目的とした。省党委員会常務委員・常務副省長の林武氏は出席し要求を出した。

  会議において、「国有企業の改革推進は、経済戦略の最適化、国有経の発展を図る重要な施策であるだけでなく、国有企業が難境から脱出し、品質向上・利益増加を図る現実的需要、困難な国有企業の従業員生活の解決、社会安定の維持を図る基本的対策でもある。党中央と国務院は国有企業の改革・発展を高く重視し、一連の方策を打ち出した。省党委員会と省政府は国有企業の改革と発展を3大攻略戦の1つとし、綿密な計画を策定し明確な要求を出した。持続的努力を経て、国有企業の改革は段階的効果を得られた」と指摘した。

  林武氏は、下記のことを要求した。中央政府と省党委員会は計画と責任を明確にした。当面、中央政府の方策、と省党委員会の指示、省政府の具体的計画に従い、法律に基いて市場運営、企業主体、企業別対策、政府推進、リスク回避を原則にした上、供給側の構造改革を実施し、実行力を高めて国有企業の改革を加速し、赤字から黒字に転換させ、この難境を乗り越えることは不可欠だ。

  一方、党が国有企業に対する指導国有資産に対する管理、国有企業市場の主体地位を動揺せずに強化する。忠誠心を持って職責を果たし、発展に良いサービスを提供し、開拓・革新に取り組み、様々な困難を乗り越え、確実に国有企業の成長を推進する。当面、省所属の国有企業は企業党委員会の交代を完成し、企業に関わる重大な事項を必ず報告し、確実に企業の安定を守り、良い成績で党第19回代表大会の開会を迎える、と要求した。

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド