ホーム>新聞 T   T   T
新華社:吉林省はイノベーション・実践により東北振興「3懸念」解決へ
2017/10/09     出所:

  (新華社記者 陳俊 暁亮 姚)習近平総書記が2015年に吉林省で視察した際に、「強力にイノベーションの発展を図り、イノベーションを強化し、社会のイノベーション・起業の活力を引き出し、イノベーションを主けん引と支えとする経済体系を構築する」と強調した。

  様々な困難に直面している伝統的旧工業基地に対し、外部は東北振興に「人材流失」「投資低下」「ソフト面の環境が悪い」など懸念がある。吉林省は実践を持って懸念を解消し、イノベーションをカギとして人材の導入、投資の拡大、起業環境の最適化に取り組んでいる。

  「人材流失」の問題を解決するため、所有求め」から「所用求め」への転換に取り組んでいる。

  2011年、ハイレベルの工程師の姚洪涛氏は米国シリコンバレーから帰国起業し、長春理工大学に務めた。自動車など分野に応用するICコア技術を製品に転化する試みをした。当時の政策規定では、発明成果の転化収益は20%以上を条件とした。全国一律の比率制限のため、姚洪涛氏の成果転化は進展がなかった。

  2015年、国家はこの基準を50%以上に引き上げた。吉林省は率先に試み、改革を強化し、基準値を70%以上に引き上げ、上限無しという政策を定めた。この政策の恩恵を受け、姚洪涛氏は97%の成果転化収益権を享有した。現時点で、コア製品のCMOSセンサーは正式に生産開始し、5年以内の売上高は10億元近くになる見込みだ。「職務発明の収益は上限無しという政策は全国的に珍しい」と姚洪涛氏が語った。

  伝統的旧工業基地、科学教育大省として、有名な大学と科学研究機構を保有し、確固たる科学技術の基礎を築き上げた吉林省は、発展・振興に伴い、技術成果からイノベーション成果への転化に注力してきた。具体的に、人材定住にあたって、改革により既存の科学研究力と人材の活力を釈放し、人材流動のルートを取り除き、「流失懸念」から「流動促進」に転じした。人材導入にあたって、各種のイノベーション・起業プラットフォームを構築し、柔軟的人材導入体制を確立し、「所有求め」を「所用求め」に転換した。

  四平市政府部門は国内外学科の先導者と連絡を取り、院士ワークステーションを設立するよう企業に協力した。5年連続で「院士・専門家四平行き活動」を行われ、院士・専門家93人が地方の発展に助言した。中国科学院の陶文院士は四平巨元熱交換器社で院士ワークステーションを設立し、国家特許11件を出願した。

  重大な戦略方策、産業の発展計画、重点的建設プロジェクトの需要に応じ、吉林省は「ハイレベルイノベーション起業人材導入計画」を実施した。現時点で、入選人材数は276人、内の86人は並行に国家の「千人計画し」に入選された。更に、各地は現地の人材導入プロジェクトを実施した。例えば、長春新区の「長白慧谷」という英才計画は、数多くのハイレベル人材のイノベーション・起業を導入した。

  「投資不振」の問題を解決するため、イノベーションにより「企業誘致・資本導入」に取り組んでいる。

  去年4月、華為クラウンコンピューターデーター中心プロジェクトは長春新区で正式に着工した。華為社を主として、長春新区はビッグデータ資源を統合し、敷地面積1.5平方キロメートルの国内一流のクラウンコンピュータービッグデータ産業基地の建設をスタートした。

  この数年、吉林省は現地の優越産業、新興産業を活用し、イノベーション・発展を目指し、「企業誘致・資本導入」を実施し、世界の良いプロジェクトを導入された。具体的施策では、在来産業の改造・グレードアップに伴い、社会投資のルートを拡大した。新興産業の育成に伴い、社会投資の土台を構築した。投資・融資体制のイノベーションに伴い、社会投資の拡大ルートを開通したなど。

  インターネットとデータ産業にあたって、吉林省は華為、INSPUR、網易など先導企業を導入された。近代的物流分野にあたって、伝化、順豊、中通、申通など会社が根を下ろした。旧工業基地の薄弱な近代的金融領域にあたって、渤海銀行、盛京銀行などが定住された。

  大企業の定住により大プラットフォームをもたらした。例えば、長春北湖科学技術園は中関村の北科建集団の運営を担当し、企業に関連政策、金融マッチング、人材募集、法務、財務など専門的サービスを提供している。この5年間、ハイテク企業約190社が入居・提携契約に至った。

  今年上期、吉林省の固定資産投資実行額は同期比2.4%増の5258.91億元になった。今年1-6月、戦略的新興産業の生産総額は同期比7.7%を伸び、伸び率は一定規模以上の工業より0.5ポイントを上回った。

  「ソフト面の環境が悪い」問題を解決するため、権限委譲とサービスの最適化に取り組んでいる。

  今年初め頃、吉林万通薬業集団のプロジェクト弁公室の呉海竜主任は、通化市政務大広間で新設プロジェクトの登録手続きをした時、今まで1週間ほどかかる手続きは現在数分間に短縮したことが分かった。社印証明書と関連文書の簡素化を図り、権限委譲、サービスの最適化、市場の活力促進に取り組んでいる。また、「各類の制度的な取引コストを下げ、改革により市場活力を激発させ、イノベーションを促進している。

  2016年、吉林省企業の設立申し込み手続き時間は85%以上に短縮された。吉林省政府と職能転換調整チームは2016年に指導的政策30件ほどを制定した一方、「振りかえ」、アンケート調査など方式を通じて改革施策を完備し、手続きの簡素化、手順の最適化、期限の短縮化、効率の向上など手段を用いて投資プロジェクトの審査は更に20%をスピードアップした。

  吉林省は毎月にソフト面の環境査察結果を通報している。要求事項に対する不実施、実施速度の遅い、不計画的実施など43の行為に問責制度を運用し、散漫・怠けなど行為を重点的改善した。更に、施策41項目を講じて全力でソフト面の環境を整備し、企業に発展・イノベーションしやすい環境を構築することに努めている。

  それ以外、「権限委譲・管理強化・サービス最適化」の改革を深化し続け、政務サービスの「一本化・一箇所化」の総合改革を進め、政府部門の投資審査・仲介サービス事項は従来より31.6%減少した。

  起業環境の最適化に取り組み、企業の発展に良い環境を構築している。長春市を例にすると、この3年間、長春市の新規登記の各類市場主体は31.87万社、1日あたりに400数社を増加した。2017年上期に新規登記の各類市場主体は同期比14.52%増の6.9万社になった。

  (新華社長春9月22日付け)

【タイプ印刷】 【閉鎖】
jap_top500.jpg
3.jpg
服務ガイド